FC2ブログ

標高4000メートルから来ました。

    
春から夏にかけて、ロビビアがつぎつぎ咲いています。
私は花の綺麗なサボテンが好きなのですが、園芸改良された花サボテンは
野趣が足りないような気がするので、やはりここでも原種が好きです。

でも、インスタグラムなどではド派手な改良種以外は不人気なので、
コアな愛好家も見てくれているこちらにアップすることにしました。
まずはいかにもアンデスの野草、という雰囲気の一鉢。




resize4122.jpg

resize4119.jpg
          Lobivia backebergii   R456 La Paz,Bolivia 4000m



ロビビア・バッケベルギー(Lobivia backebergii)。自生地は標高4000m。
あざやかな赤花も大輪ではないところが原種らしい。植物本体も然りです。
不規則に子吹きし、球体を積み上げるみたいな不整形な群生に育っています。
刺は長くて野生的ですが、疎らで、あっちゃこっちゃに向いて伸びています。
アンデスのアルティプラノで寒暑と甚だしい紫外線に堪えて生きる必然の姿。




resize4130.jpg

resize4132.jpg
            Acanthocalum glaucum HUN515 San Fernando ,Catamarca, Arg.1636m



アカントカリキウム・グラウカム(Acanthocalycium glaucum)は、
ロビビア類屈指の優品です。とにかくコピアポアなみに肌が白い。青い。
濁りのないレモンイエローの花は、スロートが白くて、さらに明るい印象に。
花サボテン好きじゃなくても、育ててみてもらいたい素晴らしい植物です。




resize4109.jpg

resize4102.jpg
           Lobivia ferox JK480 Challapata-Pazna, 3650m, Bol



ことし、目を惹いたのは、このロビビアの初開花です。
ピンクの花のフェロックス(Lobivia ferox JK 480)。刺は長く天を突き、
フェロックスそのものですが、狂風丸という恐ろしげな和名にはそぐわない
甘い色合いの花。基本白花のフェロックスに、どこかで赤花系のロビの血が
入ったのでしょうか。




resize4112.jpg

resize4115.jpg
          Lobivia ferox ssp.potosina WR74 Diego-Cuchu, Ingenio Potos



そしてこちらはノーマル白花のフェロックス(Lobivia ferox ssp.potosina)。
ポトジナとよばれる短く太い刺のタイプ。水牛の角のような刺はかなり魅力的。
種をとって、刺のいいのを作ろうと思うのですが(ロビビアで刺改良なんてやろうと
するのは私くらいしかいないでしょうが)、なかなか咲きにくく実現していません。
この型には魔王丸という和名がついています。




resize4126.jpg




ロビビアは夏の陽射しが似合う陽性のカクタスですが、高地に生えているためか、
栽培はわりと難しい。私の多湿な栽培場では、梅雨や秋雨の時期に表皮が黒カビに
冒されることがあります。また、植えかえを怠るとすぐに調子を崩してしまう。
風通しのよい明るい環境に置いて、毎年鉢土を更新すると元気に育つようです。











テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる