FC2ブログ

芋の目覚め。

   
すっかり暖かくなりました(もう寒さ戻ってこないよね)。
例年より遅めな気がしますが、コーデックスたちも、
眠い目をこすりながら起きだしてきています。




resize3882.jpg
              
resize3883.jpg
               Pachypodium rosulatum ssp.gracilius
resize3885.jpg
               Pachypodium baronii ssp.windsori
resize3886.jpg
               Pachypodium .brevicaule ssp.leucoxanthum



パキポのなかでも早起きのグラキリウス
(Pachypodium rosulatum ssp.gracilius)は
すでに満開。あたらしい葉っぱも出てきているので、
徒長しないよう早く温室から屋外に出したい。
ウインゾリ(P.baronii ssp.windsorii)や、
白花ブレビカウレ(P.brevicaule ssp.leucoxanthum)も
蕾をあげてきました。
でも、外に出すのは気温がコンスタントに20度を超えるように
なってからですね。




resize3888.jpg
               Brachystelma barberae
resize3889.jpg
               Brachystelma chlorozonum
resize3887.jpg
               Dorstenia gypsophila



地味なイモたちも、地面の下でごそごそと春の準備を
はじめている様子。ブラキステルマ
竜卵窟(Brachystelma barberae)は
今年はあの奇天烈な花が咲いてくれるかな。
クロゾヌムもなかなか面白い花が咲く芋です。
ドルス・ジプソフィラ(Dorstenia gypsophila)には、
色の悪いちぢれた新芽と蕾が。もう咲き始めます。




resize3892.jpg
               Euphorbia decidua female flower         
resize3890.jpg
               Euphorbia decidua male flower



ユーフォルビア・蓬莱島(Euphorbia decidua)も満開。
上の塊根をちょっと出してうえているのは雌花(株)です。
雄花のほうももさもさに開花していたので花粉をつけてやる。
毎年結実するのに、無精しているうちに種がどこかに
飛んでいってしまう。




resize3897.jpg




これからが、園芸家にとって一年でいちばん忙しい時期。
植物を、植え替えたり、植え替えたり、植え替えたり。
種をまいて、種をまいて、種を蒔いて、薬もまいて。
そういう作業は楽しくてたまらないけど、からだがひとつしかない。
同じことを毎年ぼやいてます。






テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。
著書「珍奇植物 ビザールプランツと生きる(日本文芸社)」

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる