我が家の一点モノ⑤精巧丸


resize3394.jpg



      
我が家の一点もの。きょうは古い精巧丸(Pelecyphora aselliformis)です。
うちでは数少ない、セリで多少値がつくようなサボテン。
これは、輸入球がまだ入ってきていた頃に買ったもので、そんなに高価ではありませんでした。
学生のこづかいで手が出せるくらい。それからかれこれ四半世紀あまり我が家にいます。




resize3401.jpg

resize3393.jpg

resize3398.jpg
            Pelecyphora aselliformis old imported plant, growing 25yrs in my greenhouse




横からみるとなかなか立派なのですが、上から見ると、上弦の月、下弦の月みたいな形です。
実は、10年ほどまえにネズミに齧られて、こうなりました。かじりとられて残った1頭は、
挿し木で1本立ちになりましたが、削れた部分を補う新たな子吹きはなく、こんな姿のままです。
成長は遅鈍、そのうえ気まぐれで、花も少ししか咲かないことが多いのですが(下の方の写真)、
今年は植え替えたせいか、全頭開花して、なかなか壮観でした。やはり、世間の相場はともかく、
我が家の家宝のひとつではあるなと。




resize3379.jpg

resize3373.jpg




精巧丸は、メキシコ・サンルイスポトシ州(San Luis Potosi)の州都周辺、標高1800m前後の
石の多い丘陵地で、半ば地中に埋まる様に生えています。
学名のアセリフォルミスは、刺の様子がワラジムシ目の底生動物、ミズムシ(Asellus sp.)を
想起させることから名づけられたもので、そう思って眺めると、ワラジムシがびっしりついているように
見えてきてちょっとコワイ。英名はHatchet cactus で、こちらは刺座を斧に見立てています。




resize3387.jpg

resize3386.jpg
                15years from seed. very slow growing




どのくらい成長が遅いかというと、ネズミの食害もありましたが、25年かけても、株径で1.5倍くらいに
なったかどうかです。でも、種から育てるとさら気が遠くなる。
交配しても、なぜかなかなか種がつかないのですが、同時期に入手したもうひと株と並べているので、
たまに結実しています。で、株元に自然に発芽してきたのが上の写真の2本。
親株の根元で放置されていたとはいえ、これでも発芽して6、7年経っています。接ぎ木しないで大群生に
育てるのは、私にはムリそう。




resize3395.jpg




成長は遅いですが、あまり気をつかわなくてもよい丈夫な植物です。ごく普通のサボテン用土に植えて、
春から秋には、2週に一度程度水をやり、冬は断水して、氷点下5度くらいの低温に堪えてもらう。
弱点と言えば、アカダニに肌が汚されやすいので、来たなと思ったら殺虫剤を蒔くくらいかな。
この先、なかなか手に入れる機会もない植物だと思うので、この先も大きくしようなどとは思わず、
のんびり日光浴をさせながら、つきあっていこうと思います。












プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる