天狼

         

きょう、特別な植物が開花しました。




resize2896.jpg




これです。なんだかわかりますか?




resize2897.jpg

resize2914.jpg
            Pediocactus sileri SB473 first flower at 17years from seed, own root.



天狼。学名はペディオカクタス・サイレリ(Pediocactus sileri SB473 Mohave Co. Arizona, USA)。
植物の和名は、あまり好きじゃない方ですが、この名前だけはしっくりくる。
天駈ける狼。恐ろしくプライドが高くて、栽培者に決して心を許してくれない野生的な植物です。
育てにくさでいえば、数千種を数えるサボテン科植物のなかでも随一でしょう。




resize2950.jpg

resize2965.jpg




その天狼。きょう、種から育てた株が初めて開花しました。
正確には、接ぎ木した株や、接ぎ木を経て実根にした株は幾度か咲いたことがあるのですが、
この株は、実生して以来、本体の根だけで育ててきたもので、そういう意味で初開花です。

蒔いたのは前の世紀の終わり頃。私もまだ青年でした。そこから二十年近く育てて、直径8cm。
新刺が出たぶん、下の方が縮んで小さくなるので、ここ5年くらいは大きさ変わっていません。
黒く長い刺を反りかえらせる豪壮な個体で、とっくに開花サイズになっているはずですが、
毎年、春になっても蕾が出てこなくって、新しい刺座がみっつくらい増えて、それでおしまい。
もう、東京の空の下では咲かないものだと思っていました。




resize2900.jpg




ちょっとくすんだ黄色花。花弁はとてもうすく、フリンジがあります。ここはエスコバリアと
似ている。花糸も花柱も同色なので落ち着いた印象です。顔を近づけても、香りはとくに感じない。
ことしは3月中旬に最初の水やりをした後に、刺より先に小さな蕾が顔をのぞかせてきました。
そのあと、アメ色の新刺が伸びてきて、蕾は収縮してしまうかな、と思っていましたが、
このところ暖かい日が続くうち、一気に膨らんで開花に至りました。
なぜ、ことしに限って咲いたのかはわからない。同じ年の株、さらに古い株と、私のところには
3個体あるのですが、咲いたのはこれだけなので、残念ながら種をとることは出来ません。




resize2948.jpg

resize2946.jpg




これまで、自生地の様子もふくめて、ホームページやこのブログでも取り上げてきましたが、
自生地は寒暖の差が激しく、雨量はごく少ないところ。メキシコのように色々なサボテンが
あちこちに生えているような場所ではなく、そもそも生物の密度がとても低い不毛の場所です。
この株は、温室の特等席に陣取って、水やりも年3回だけ。でもめちゃめちゃ大切にしています。

天狼は、かつてユタヒア属(Syn:Utahia sileriという独立した属に分類されていましたが、
後にペディオカクタスに編入され、最近ではスクレロカクタス属(Syn:Sclerocactus sileri)に
統合する考え方も出てきています。分類が定まらないのは、ほかのどの種とも似ているようで
似ていないということで、それだけ特異な種と言うこと。自生地でも稀少になっているため、
保護植物になっています。この種をうまく育てて、採種まで出来る凄腕栽培家は、MesaGardenの
Steven Brack氏くらいだったので、彼が引退した今後は種の入手も難しくなると思われます。




resize2922.jpg




この春、私の栽培場でいちばん印象的な開花。写真の枚数が多くなってしまいました^^;。
いや、ほんと嬉しかったですね。
















テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる