FC2ブログ

テロカクタスの兄弟。

    
  
resize2754.jpg




兄弟というのは、大概においてよく似ているけれど、ある点では決定的に異なったりもするもの。
このふた株、花が咲くまではどっちがどっちか区別もつかないくらいでしたが、いまは歴然。
こうして並べて眺めると二倍以上に?楽しめます。




resize2752.jpg

resize2756.jpg
                  Thelocactus conothele  Dr Arroyo, Nuevo Leon




天照玉(Thelocactus conothele)は、たぶん戦前から親しまれている古典的なサボテンです。
いちども舞台の中央には立ったことがないけれど、脇役の、そのまた脇役くらいではあるけれど、
どこかの温室の片隅ではいまもきっと見つけることが出来るでしょう。"古木化"してる可能性大ですが。
そもそも、テロカクタス(Thelocactus)という属そのものが、脇役ばかり所属する劇団みたいなもので、
なかではまあ、緋冠竜あたりがちょっと名が出たくらいでしょうか。
この種は、なかでもとくに地味で、つかみどころのない風情ですが、早春から咲く花はとても美しい。
同じ種からは、この兄弟の中間みたいな曖昧な色合いの株も出ました。
栽培については、とりわけ丈夫ということもないけれど、気難しくもない。これまた特徴が淡い。
寒さはあまり好きでない気がします。といっても氷点下6度まで冷えるハウスで生きのびていますね。




resize2757.jpg

resize2758.jpg
               Thelocactus panarottoanus  M.1275.9  Cialtinacada,SLP




もう1種類テロカクタスです。このパナロットアヌス(Thelocactus panarottoanus)は、
脇役どころか、まだデビューもしていないような状況。国内ではネットもふくめ見かけたことがない。
さらに、今後これ以上メジャーになる見通しもありません。ですが、黒っぽい艶肌に、焦げたような
茶色の刺を振りかざす姿はそこそこ迫力があって、ほどほど味わい深い。
花は、レモンイエローで、これもちょっとくすんだ感じが良い。名前からして、先月このブログで紹介した
ツルビニカルプス・パナロットイと同じパナロットさんが発見したか導入したと思われますが、
これまたマイナーなトゥレンシス(T.tulensis 地久丸)の地域変異みたいな位置づけになると思います。
栽培については前者同様、可もなく不可もなく、です。




resize2759.jpg

resize2755.jpg




とまあ、脇役特集みたいなエントリーになりましたが、テロの花の、春らしい緩んだ良さが伝わればいいなと。
3月ともなると、晴れた昼間の温室やハウスは40度くらいまで気温が上昇します。人間には厳しい暑さですが、
この高温がサボテンたちを冬の眠りから一気に目覚めさせます。テロカクタスは早咲きのサボテンですが、
ほかの種類も続々花をつけ、新刺を伸ばし始めるでしょう。












テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる