この花、なんの花?

     
秋から春にかけ成長する冬型球根のなかでも、シーズンの終わり、つまり春を迎える今頃開花するものがあります。
多肉、コーデックス界隈では、球根といえばブーファン(Boophane)やハエマンサス(Haemanthus)など
ヒガンバナ科が人気ですが、これらの多くは、夏の終わりや秋口、葉の出る前に咲くものが多い。
きょうは春の陽ざしを浴びて花盛りを迎えているアヤメ科やユリ科の球根をいくつかご覧ください。




resize2774.jpg

resize2776.jpg

resize2764.jpg
                    Babiana rubrocyanea




まずはアヤメ科の球根、バビアナです。花色の鮮やかさ、バラエティでは、ケープ球根のなかでも傑出しています。
葉っぱはふつうの草花なので、多肉マニアからはあまり注目されませんが、これが野生そのままの植物なのか、
と思うほど鮮やかな花を咲かせます。このルブロキネア(Babiana rubrocyanea)は外弁が青紫で中央部はピンク。
寒さにも強く、氷点下5度以上に冷え込む無加温ハウスでもあまり葉枯れせず、花もよく咲きます。
バブーン(ヒヒ)が好むという球根の成長はゆっくりですが、少しずつ分球して増えていきます。夏は完全断水。




resize27825.jpg

resize2781.jpg

resize42782.jpg
                     Ornithogalum pruinosum




こちらも多肉というより花もの球根として知られているオーニソガラム・プルイノサム(Ornithogalum pruinosum)。
花弁は純白で、中心部のレモン色が冴えて美しい。白い花ってやっぱり綺麗だなぁ、って思わせてくれる上品さ。
小ぶりのニラみたいな葉っぱは、ほんのり青くて質感もいいですが、肉厚ではありません。しかし自生地は南アフリカの
Steinkopfあたりの過酷な乾燥地帯です。自生地画像を検索すると多肉植物と混生していたり、ブーファンみたいに
大きな球根を地上に露出していたり、じつに魅力的あふれる球根。もっと大きくしたいな。




resize2768.jpg

resize2766.jpg

resize2786.jpg
                   Ornithogalum sp. 'Neopatersonia'




最後は、謎の球根です。十数年まえに南アフリカからまとめて球根を輸入したときに入ってきたものですが、開封時、
ハエマンサスだのブルンスビギアだのに気をとられて、名札をロストしてしまいました。以来ずっと名無しなのですが、
花はなかなか面白い。アルブカ・ブラクテアタ(Albuca bracteata 海ネギと言われるやつ)に形は似ていますが、
あんなマッシブな球根は出来ません。十年以上経っても数センチの小さい球根。葉っぱは細長く自立できない感じで、
海ネギに似ています。で、この花です。ちょっと蝋細工みたいな硬い感じもあって、エビ茶の目立つ花です。

同定できるかた、ぜひご教示ください。

→ ご指摘戴いて調べたところ、アルブカとともにオーニソガラムに包摂されることが多い
  ネオパターソニア属(Ornithogalum sp. 'Neopatersonia')の花に大変よく似ていることが判りました。
  ただし、臙脂色の花はネット上でも見つけられませんでした。

















テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる