霊験あらたかな石。

      
秋から春に色鮮やかな花で楽しませてくれるメセンの仲間。
今回はコノフィツムやリトープス以外からいくつかご覧いただければと思います。
いずれも花だけでなく、植物そのものも興味深い姿や生態のものばかりです。




resize2606.jpg

resize2614.jpg

resize2664.jpg
                 Titanopsis hugo-schlechteri M.1872.1 60 km NE Kliprand




チタノプシスの天女扇(Titanopsis hugo-schlechteri)は、擬態植物として有名です。ほぼ地平面に這うように
展開する厚肉の葉は、自生地の砂や石くれと同じ色調、パターンで、身を隠します。古くから作られているので、
ややもすると駄もの扱いする人もいますが、夏の過湿に弱いので、外葉を枯らさないように大きな株に仕立てるには
相応のテクニックが必要。夏型扱いする人もいますが、私は秋~春に育てています。寒さには大変強く、厳寒期に
つぎつぎと開花します。根は太くなるけれど、塊根として鑑賞するのは難しいかな。




resize2630.jpg

resize2633.jpg

resize2652.jpg
                 Mitrophyllum clivorum M.1779.39 Komaggas




ミトロフィルム、というメセン自体があまり知られていませんが、姿や生態がとても面白い植物です。
このクリボルム(Mitrophyllum clivorum)は、なかでは小型の部類。大型種は高さ50cmくらいまで育ちます。
成長期は写真のように赤茶色の幹(茎)の部分から、ゴムのように柔らかい葉を展開します。
春の終わりに柔らかい葉は枯れ、その年伸びた分の茎が残る。モニラリア(Monilaria)に近いグループなので
成長パターンもちょっと似ていますね。コーデックス的な味わいのあるメセンです。ユニークなのは、休眠期に
茎のてっぺんに翌年展開するための葉っぱがセットされる点で、これはかなりの奇態です。
なかなか言葉では説明しにくいので、興味あれば画像検索してみてください。
栽培は難しくありませんが葉の落ちた休眠期は完全断水。秋~春はたっぷり灌水。寒さは少し苦手。




resize2620.jpg

resize2623.jpg

resize2625.jpg
                 Didymaotus lapidiformis SB627  Ceres Karoo,South Cape




最後はムイリアと並ぶ難物、珍奇種と言うべきディディマオタス(Didymaotus lapidiformis)。
この属にはこれ一種しかなく、「霊石」というちょっと不気味な名前がついています。霊験あらたかな植物かどうかは
わかりませんが、世にも奇妙な植物であることは間違いない。対に展開した葉の間から、次の葉が覗いた状態、
このシンメトリーな姿が基本形です。そして、このメインの葉の両脇には、同じようなデザインの小さい“葉”が、
それぞれ生じます。さらにここから花茎を伸ばして、両手に捧げもつように金属光沢あるピンクの大輪をひらく。
写真の株は片側からしか咲いていませんが、両側から同時に開花すると、一層奇妙な感じになります。
花は株の中心ではなく、この両脇からしか咲かず、花のつけ根は実は葉ではないので分頭したりはしない。
国内栽培では緑色ですが、自生地の強光線のもとでは、錆びたような赤に色づき、大地と一体化します。
夏の灌水では腐りやすく、成長期も水は少なめに育てますが、言われてきたほど難物ではありません。
小さな鉢植えなのに、なんというか重たい存在感があって、実にカッコいい植物です。













テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる