FC2ブログ

れぶっちゃ!その2

    
ギラギラ、猛暑の日々が続いていますね。
そこで、去年に続き、輝くような夏の花サボテンです。実は真夏というより初夏の花なんだけどそこは置いといて。
野草のような風情がかわいらしいですが、これが日本の野原に咲いているところを想像してみてください。
かなり派手で目立つでしょう。北岳の尾根筋とかに生えてたら面白いのなあ。
暑さで頭がやられて、まともな思考が出来ないようなので、あとは花に語ってもらいます。




resize2092.jpg

resize2094.jpg

resize2098.jpg
                 Rebutia pygmaea 'gavazzi' WR825 Cachacona Bol.




レブチア・ピグマエア・ガヴァジィ(Rebutia pygmaea 'gavazzi' WR825 Cachacona Bol.)。
不思議な色合いの赤花です。色の乗りがふんわりとしていて、そこはかとなく甘い。
レブチアのなかでも、ピグマエアの仲間は実にいろいろなタイプがあり、どれも花色が独特で、
これだけでコレクションが出来るくらいです。この仲間はいくじのない芋虫みたいに、にょろっと
育つものが多いんですが、このタイプは球体も小さく寸づまって、群生していく感じです。




resize2141.jpg

resize2149.jpg

resize2143.jpg
                 Rebutia senilis ssp.lilacino-rosea DH398 Medina Arg.




レブチア・セニリス・リラキノ-ロゼア(Rebutia senilis ssp.lilacino-rosea DH398 Medina Arg.)
つづいては、めずらしい花色のレブチアです。基本種は翁宝丸という和名があって、古くから栽培されていますが、
いかにもレブチアという感じのオレンジ花。対してこのタイプは、その名のとおり、ライラックピンク。
球体が見えないほど密生した白い刺に、この色が映えます。マミの月宮殿なんかに通じる上品な美しさです。




resize2133.jpg

resize2130.jpg

resize2122.jpg
                 Rebutia heliosa ssp.cajasensis RH243 Tarija Bol.



レブチア・ヘリオーサ・カジャセンシス(Rebutia heliosa ssp.cajasensis RH243 Tarija Bol.)
へリオーサは、この属のなかでは、最近もっとも人気がある種ではないでしょうか。みっしり密生した痛くない刺と、
花首のながい朱色の花。きれいに群生するし、花がないときも美しいので、持っている人も多いと思います。
カジャセンシスは基本種にくらべると刺がやや少なく、丈が低く育つタイプのようです。花の美しさは文句なし。
サボテンに興味がない人でも、咲いていればかならず目をとめます。レブチアの王様ですね。




resize2128.jpg




レブチアの種は、海外業者で1袋100円くらいで買えます。よく生えてよく育つので、1袋でじゅうぶん。
ぜひ、どんな花色か妄想しながら、蒔いてみてください。
うまくいけば、2年で咲きますよ。









テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる