梅雨の花見。

              
きょうは梅雨の晴れ間でした。
毎日どんよりとした雲に覆われていて気づかなかったけれど、陽射しはすっかり真夏ですね。
今時分には、毎年デリケートな多肉植物に犠牲が出ます。
すでにプセウドリトス・クビフォルミス(Pseudolithos cubiformis・・・この属でも特に多湿に弱い)、
ムイリア・ホルテンセ(Muiria hortenseae)などが腐りました。水はまるでやっていないのに、
連日の高湿度のため空中で溺死してしまった感じ。難物サボテンの実生苗も、生える先から腐る。
温室にクーラー入れて除湿するわけにもいかず、処置なしです。

そんな季節ですが、花は咲き続けています。やっぱり蒸し暑いところのものが多い。
今回はすこしかわったところで、これなんか。




resize2001.jpg

resize1996.jpg
                 Heliocereus speciosus ssp.bierianus, Pico Gallo,Mexico



ヘリオケレウス・花大名(Heliocereus speciosus ssp.bierianus, Pico Gallo,Mexico)。
まず育てている人はいないかと思われるマイナー森林サボテン。本来は赤い花が咲くはずなんですが、
このクローンは白花でした。いわゆる夜咲大輪種のように真っ白ですが、正午すぎ満開になり(曇天でしたが)、
夜には萎んでしまったので、夜咲でないことは確か。




resize1998.jpg

resize2003.jpg

resize1997.jpg




今年が処女花でしたが、とにかく沢山花が着きました。蕾は瑞々しくて、そのまま酢味噌でもつけて
食べてしまいたい風情。香りはほとんど感じられませんでした。花大名は、多くの孔雀サボテンの交配親に
使われていますが、そのものを育てている人は日本ではそう多くないでしょう。海外の業者などに、
たまに色々な産地の種子が出回ることがあり、これもそんなときに蒔いたもの。植物本体はトゲが痛くて、
危険なハンギングポットです。まあ、これくらい見事に咲いてくれるならいいか。




resize1986.jpg

resize1988.jpg
                    Arrojadoa multiflora Santa Ana, Bahia,Brazil



熱帯ブラジル原産のアロハドア・ムルチカラー(Arrojadoa multiflora Santa Ana, Bahia,Brazil)。
プラスティッキーで特異な花を咲かせるアロハドアのなかでも、傑出した美花種です。
作り物のような質感の花は、黄桃のようなフルーティな色合いで、赤く染まった外弁が鮮やかさを添える。
しかも、その名の通り一か所にまとまってたくさんの花がつくので、なんとも見事です。




resize1994.jpg




自生地ブラジルでは、絶滅の危機に瀕しているサボテンのひとつですが、そういう傾向に加担するのが好きな日本人も
この種の野生株をかき集めたりはしていないでしょう。花が咲いていないときは毛むくじゃらの鉛筆みたいな姿だしね。
アロハドアはどの種も寒さに弱く、実生したときの兄弟苗は小さいときに冬越し出来ずに消えてしまいましたが、
この個体はキリン団扇に乗っかっていて生きながらえました。寒さに弱いことをのぞけば、栽培そのものは難しくなく、
梅雨どきにもかかわらず、こんな素敵な花束をプレゼントしてくれます。

それにしても、はやく梅雨明けないかな。









テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる