FC2ブログ

新刺コレクション。

     
この週末も関東は天候に恵まれました。
温室の大物コーデックスを幾鉢か、十年ぶりくらいに植えかえたら、腰が痛くなってしまった。
難物サボテンたちには、ことし2度目の水やり。これ今季の水やりはおしまい。運が良ければ秋にもう一回。
辛すぎるようですが、春先の一度の灌水だけで元気な株は新刺を伸ばして春を謳歌しています。




resize1942.jpg
                      Sclerocactus whipplei SB472
resize1938.jpg
                      Sclerocactus polyancistrus SB1773
resize1953.jpg
                      S.spinosior ssp.blainei 'Schleseri' SB1015




この季節のスクレロはほんとうに綺麗。
短い期間に急速に成長するので、鮮やかな色の刺が束になって出てきます。
ふだんは渋い味わいの白虹(Sclerocactus whipplei SB472)も、ごらんのとおり。
白紅山(Sclerocactus polyancistrus SB1773)は紅白のカギ刺がからみあって禍々しいほどの美しさ。
黒白の長い刺が乱舞する黒虹山ブライネイ(S.spinosior ssp.blainei'Schleseri' SB1015)も、
新刺の色合いが加わっていっそう鮮やかに見えます。
この季節は、痛んだ株が倒れる時期でもあります。秋から冬にかけて根が致命的に傷んだ株は
春の灌水で膨らむと同時に、腐りも進行して歪んだり変色したりしてダメになる。
きょうは泣く泣く5、6鉢を片づけました。




resize1966.jpg
                     Echinocactus polycephalus Las Vegas NV
resize1962.jpg

resize1968.jpg
                E.xeranthemoides ''from golden spine plants MarbleCanyon AZ              




大竜冠(Echinocactus polycephalus Las Vegas NV)も、ごつい新刺を伸ばしています。
毎年こうして刺座が増えているはずなのに、大きくならぬ。いちばん古い実生が二十年でげんこつサイズ。
これでも5~6年くらい経っているんじゃないかと思います。でもことしは調子が良さそう。
竜女冠(E.xeranthemoides MarbleCanyon)の実生は、山で黄色い刺の個体から種を得たものです。
山では純黄色の個体は1割くらいですが、実生苗の黄刺出現率は3割程度でした。
ちなみに赤刺個体の実生からは1割くらいしか黄色い刺は出ません。大竜冠よりずっと育てやすい植物ですが、
それでも待ちきれず実生接ぎしてブーストかけたのが、下の写真の株です。新刺も混じり気のない純黄色で美しい。




resize1961.jpg
                         Ferocactus johnstonianus
resize1959.jpg
                        Ferocactus lindsayi SB 535
resize1955.jpg
                        Echinomastus acunensis CR137
resize1972.jpg
                         Echinomastus johnsonii KY9802 Mohave co.AZ
resize1951.jpg
                         E.johnsonii lutescens Meadview




つづいては黄刺つながりで、フェロ・ジョンストン玉(Ferocactus johnstonianus)の新刺。
チェコ人が島で採ってきた種の実生で、2本だけ生えたもの。この種も黄刺といいつつ赤が混じるものが多く、
純粋な黄刺は珍しいようです。この株も微妙に赤が混じっているけれど、それはそれで綺麗ですね。
同じフェロでいちばん渋い味わいのリンゼイ(Ferocactus lindsayi SB 535)は新刺もたまらなく渋い。
エキノマスタス・アキュネンシス(Echinomastus acunensis CR137)もドバっと刺が出てきます。
近縁種の紅簾玉(E.erectocentrus)はとてもご機嫌がとりにくい木ですが、こちらは気のいいサボテン。
この英冠(Echinomastus johnsonii KY9802 Mohave co.AZ)は実生5年くらいの若苗で刺の紅いタイプです。
黄花英冠(E.johnsonii lutescens Meadview)はこうしてみると前二者の中間的な植物のように見えますね。




resize1971.jpg
                     Sclerocactus glaucus ' wetlandicus' SB1873 Duchesne Co,UT




最後の一枚は、ウェットランディクス(Sclerocactus glaucus ' wetlandicus' SB1873 Duchesne Co,UT)の古木。
いまは、メサガーデンのリストでもグラウカスに統一されましたが、ユタ州の離れた場所に分布しています。
実生同期の大半は丈が伸びて形崩れしてしまったのに、この個体はうまい具合に下部が収縮して姿を保っています。
グラウカスの仲間の新刺は、スクレロのなかでいちばん控えめ。ほんのり紅に色づく感じがなんとも言えない。

さて、この美しい季節は、駆け足で過ぎてしまいます。あとは梅雨をスキップして暑い夏になればいいのに。











テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる