FC2ブログ

魔女の手

       
という和名がついている訳ではないですが、そんな感じのかわった花が咲く植物。
ドルステニア・バルニミアナ(Dorstenia barnimiana)というのがその名前です。
五感を超えたところになにかを訴えかけてくる気がする。ざわざわする花。




resize1908.jpg
                         Dorstenia barnimiana



ドルステニア属は、主に東アフリカ原産のクワ科の植物で、多肉植物としては、
よく普及しているフォエチダ(Dorstenia foetida)や、大型に育つギガス(D.gigas)、
またソマリア産の稀少種ジプソフィラ(D.gypsophila)などがあります。
このバルニミアナは地下に数センチの塊茎があり、成長期に花を咲かせ葉をつける。
葉っぱは肉厚でないので、多肉植物という感じはあまりしません。




resize1912.jpg

resize1910.jpg




この花は、昨日撮影したもので、成長期のスタートとともに、葉を展開しながら咲きます。
フォエチダほどではないですが、勝手に受粉結実して、株元に種が落ちて発芽することがある。
この株も、古い輸入株の根方で発芽していたもの。
塊茎は、小さいけど表皮に多数の突起があり、ちょっとだけ地上に出して眺めたくなりますが、
地中に埋めておいてやった方が、早く大きくなるみたいです。といっても数センチどまりですが。




resize1907.jpg

resize1905.jpg




こちらは、元の親株。15年くらいまえの輸入株で、数センチの塊茎がいくつも地中で連なって、
群生している状態。大株ですが、葉が落ちると視界から植物が消え去り、ほぼ鉢だけになります。
寒さにはあまり強くないので冬季は加温が必要ですが、丈夫な植物です。
産地によりタイプがいくつかあるようで、このクローンは成長期が短く、このあと真夏には落葉し、
秋口にふたたび開花出葉し、冬を迎えると完全に休眠します。それゆえ、真夏と冬は断水しますが、
成長期は完全に乾かさないほうが良いみたいで、週に1度は水をたっぷり与えています。




resize1909.jpg




年に2度ほど、この奇妙な花と、会話する。何を話すのかは、誰にも言えません。










テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる