種まきの成果。

     

resize1937.jpg
                     Pediocactus bradyi ssp. winkleri eith seeds Notom Ut.




難物サボテンは、刺の伸びも一段落し、熟した実が裂けて種がこぼれています。
なかなか回収する暇がないけど、ここには蟻がいないから、持ちされれる心配はなし。

さて、今年は5月初旬に種まきをしましたが、3週間ほど経って、おおむね生え揃ってきました。
多肉植物の割合がすこし多めです。このバットには2鉢だけサボテンが混じっていますが、あとは多肉。
種の価格も高騰しているので、半分くらいは自分のところで採れたものです。




resize1957.jpg

resize1943.jpg
                       Pachypodium rosulatum ssp.gracilius
resize1954.jpg
                       Pachypodium baronii ssp.windsorii




パキポディウム・グラキリス(Pachypodium rosulatum ssp.gracilius)と
同じく、パキポ・ウインゾリ(P.pachypodium baronii ssp.windsorii)。
これまでは実がついても放ったらかしにして、いつのまにか飛散して種消失、ということも多かったんですが、
最近はとても人気があるので、急に貴重品扱い。しっかり採種して蒔いてみました。去年とった新しい種なので、
シイナ以外は、ほぼ100%の発芽率です。最初の冬を寒がらせずにうまく越せれば、あとは丈夫。
マダガスカルの自生地を根こそぎするようなことをせずとも、10年経たずにちゃんと見ごたえのある塊茎に育ちます。




resize1944.jpg
                         Dioscorea rupicola
resize1951_20160529205631c5a.jpg
                         Euphorbia gorgonis
resize1945.jpg
                         Uncarina roeoesliana




同じ多肉では、亀甲竜の仲間のルピコラ(Dioscorea rupicola)。本家のほうは冬型で秋蒔きですが、
こちらは東アフリカ産なので夏型種とみました。以下の2種もあわせ、ドイツや南アからの輸入種子。
ユーフォ・ゴルゴニス(Euphorbia gorgonis)もぞろりと発芽。蛸ものユーフォは南アの冬雨地帯原産が多く、
本来的には冬型ですが、日本では夏型に順化させて育てることが多い。いま蒔いても、元気に育ちます。
ウンカリーナ・ロエオエズリアナ(Uncarina roeoesliana)は、8粒蒔いて、発芽は2つ。
この類はそんなものかと思います。真丸い塊根に育つかな?




resize1949.jpg

resize1950.jpg

resize1948.jpg
            Strombocactus disciformis 'corregidora' (Left) Aztekium hintonii (Right)




一方のサボテンは、発芽直後は小さいから、多肉植物よりもバットが地味に見えます。
エキノマスタスも、アンシストロも結構生え揃っているんですが。
あれこれ蒔いたなかでも気になっているのは、微小種子の2種。アズテキウム・ヒントニー(Aztekium hintonii)と
菊水の新タイプ、コッレギドラ(strombocactus disciformis 'corregidora')です。
前者は十数年前に蒔いたものが開花サイズですが、うまく採種できないので種を輸入しました。
後者は黒いトゲがもしゃもしゃ密生するタイプの菊水らしく、うまく育てば面白いかなと。
これら微小種子はピートモス蒔きでよく生えますが、最初の数年、乾かさずコケにも負けないよう管理するのが難しい。




resize1963.jpg

resize1961_20160529210659308.jpg

resize1966_20160529210706823.jpg




最後は難物サボテンです。
ことしはほかのサボテン・多肉植物と一緒に、当初3週間は温度のあがる温室内に置いていました。
それが功を奏したのか、発芽率は2割弱。蒔いて3週間というタイミングからすれば、かなりよく生えた方です。
ノウルトニーやブラッキーなど、自宅で採種した比較的新しい種子の発芽率が良いようです。
メサ・ガーデンの先行きが不透明ななか、貴重な種子なので大切にせねば・・・というわけで、
根が這いまわっているものはすべて植え直しました。イソライト(焼成珪藻土)を表土にかぶせています。
このまま温室内に置こうかとも思いましたが、早くも根元から赤くなって腐る苗が出ているので屋外に出しました。
越水からもあげて、あとは雨任せです。大雨で土が荒れないよう、ネットをかぶせています。




resize1942_201605292108266fe.jpg

resize1938_201605292107432be.jpg
                    Pachypodium baronii ssp.windsorii




うまく育てば、来年今頃にはこうなるはず。
好天つづきの5月ももう終わり。このあとは梅雨本番です。はやく明けてくれ、と入梅前から祈っています。

温室の外に出したパキポ・ウインゾリーが咲き始めました。ことしも種が採れるといいんだけど。








テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる