Diablo mountain

              
かつて一度だけ訪ねたことがある、そしてきっと再び訪れることはないだろう、テキサスの山です。
ディアブロ山といえば、カリフォルニア・サンフランシスコの近くにあるものが有名ですが、
こちらは、テキサスの南部の、グーグル地図で検索しても出てこないような、マイナーな場所。
その名が示すような悪魔的な雰囲気はあまり感じませんでしたが、ちょっとドキドキする体験をしました。




resize1840.jpg
                       'Diablo mountain' area Hudspeth County Texas



このときはビッグベンド公園に行って亀甲牡丹の花を見るための旅で、エルパソからハイウェイ10号線を
南に下っている途中でした。ちょうどお昼どきだったので、どこかランチをするのにいい場所はないかと思って、
適当なEXITからダートに入ったのでした。当時のノートには、ヴァン・ホーン(Van horn)の10マイルほど
手前のEXIT129を降りて、S Garren Rd というダートロードに入ったと書いてあります。
この道は、ディアブロ山(Diablo mountain)につづく、ともあります。数マイル走り、平地を抜けて丘が
連なるあたり、山の斜面に輝くものを見つけて、車を停めました。
ディアブロ山、と呼ばれるのが重なり合う山々のどれなのかは、よくわかりませんが、このあたりは
その山塊ということなんでしょう。




resize1841.jpg

resize1842.jpg
                       Echinocereus stramineus 'gold spine'



走っている車からも目を惹いたのは、エキノケレウス・荒武者(Echinocereus stramineus)でした。
黄金色の刺が強い陽射しにキラキラ輝いて本当に美しい。しかし、こうしたサボテンの美しさは、
栽培場ではなかなか再現しにくいものです。刺の鮮やかさと輝きは、国内の多湿な環境では
なかなか維持できない。荒武者は紫ピンクの艶やかな大輪の花を咲かせるのですが、
これも気まぐれで年によって咲いたり咲かなかったり。なので、栽培する人は多くありません。
もしどこかのハウスで、このサボテンの立派な標本株を見かけたら、持ち主は既に道を究めた
愛好家に違いないでしょう。
さて、この山のコロニーは、個体によって刺の強さや色合いに違いがあるものの、どれも金色の
美しい刺で、素晴らしい個性を持っているようでした。季節柄、果実がみのっていなかったので、
種を得られなかったのが残念。背景にうつっているアガベはレチュギラ(Agave lechuguilla)か。
これも育てる人、いませんね。




resize1848.jpg

resize1846.jpg
                       Echinocactus horizonthalonius



もともと、ランチをするために入り込んだダートだったので、大きな期待をしていなかったのですが、
この山には実に美しい太平丸(Echinocactus horizonthalonius)のコロニーがありました。
アメリカ南西部~メキシコの広い範囲に分布する太平には、刺のタイプや肌色など実にさまざまな顔があり、
それがコレクションの対象にもなっています。
なかで、アメリカ合衆国産の太平丸は、一般に稜が高く、刺は荒れ気味で端整さに欠ける向きがあります。
人気がある、花王丸とか、尖紅丸、翆平丸、雷帝など、みなもっと南のメキシコ産の太平丸です。
アメリカに生える太平では、唯一、アリゾナに隔離分布するニコリー(ssp.nicholii)が有名ですが、
ほかは愛好家に広く知られる“名品”はありません。ですが、細かく見ていくと、実は魅力的なコロニーが
いくつかあるのです。
この「ディアブロ太平」もそのひとつでしょう。この山では4、5本しか見ることが出来ませんでしたが、
共通する個性は、球体は比較的小ぶりで扁平、全体に丸みがあります。刺は太いものは割り箸ほどもある
平刺で、ギムノの天平丸のように、曲線を描いて球体に沿っています。そして肌色は濁りのないブルー。
ひと目みて、恋に落ちました。よほどのぼせていたのか、写真が数枚しか残っていません。
見る事に集中して撮るのを忘れたんですかね。
アメリカの太平丸としては、ニューメキシコ州のガーフィールド(Garfield)という町の近くで、猛烈な刺の
コロニーに出会いましたが、こちらはもっと繊細な美しさで記憶に焼きついています。




resize1847.jpg

resize1843.jpg

resize1851_20160226223231b0d.jpg




さて、太平にみとれ、ぼーっとランチをしていると、山の向こうからガタゴトと砂塵をあげて、古いピックアップが
近づいてきました。車は、われわれがランチをしている目のまえで停車して、なかから太い腕に白い剛毛を
密生させたおっさんが姿を現しました。心なしか、目つきが険しい。
彼が言うには、ここは俺のランチであって(お昼のランチではなくて牧場)、おまえの車が勝手に入ってきていい
正当な理由がない。食事が終わったら、すぐに出ていけ。テキサス南部という土地柄からして、おそらくこの
ピックアップにはショットガンかライフルか、積んであったに違いありません。食事時間の猶予をくれたのも、
当時3歳の息子がまったく悪意のない笑顔で彼を見上げてたからでしょう。
確かにテキサスあたりのダートは大半が私道だったりします。入口にゲートがなかった(または開いてた)ので、
そのまま入ってしまいましたが、ここは彼の家の庭みたいなものなんでしょう。というわけで、この素晴らしい
太平丸にこの山で会うことは、もうないのかな。






テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる