FC2ブログ

2016年1月1日

    
明けましておめでとうございます。

植物の栽培をはじめて、今年で四十年になります。
というと、えらい年寄りみたいに思われそうだけど、まあ幼い子ども時代からなのでね。
けれど、よくも厭きもせず続けてきたなとは思います。

この数年は、私も過去に経験がないほどの珍奇植物の大流行。ハオルチアや塊根多肉など、
いわゆる爆買いする人々が相場を持ち上げていることもあって、去年は雑誌の特集号にまでとりあげられる
もて囃されぶりです。多肉の市を訪ねたら、凄い賑わいに圧倒されました。
立派な輸入のコーデックスや、栽培にクセがある冬型多肉など、入門したばかりの人も、結構買っているようです。
枯らさないかな、と心配にならないでもないけど、欲しいときこそが買い時だとも思うし、良い株が手に入る時には
背伸びしてでも手に入れて、あとは環境を作って、元気に美しく育てたいですね。




resize1710.jpg




私の栽培は、刺サボテンや有星類からはじまって、牡丹にツルビニ、マミにロフォフォラへと広がっていきました。
本格的な兜マニアや牡丹一辺倒になったことは一度もないですが、それらはいまも栽培場の一角を占めています。
ほかに菊水や精巧丸、花籠など、成長が遅く形崩れしないサボテンたちとも実に長くつきあいになります。
南米ものでは、ギムノにエリオシケ、ユーベルマニアにディスコ、メロ、パロジア、ブロスフェルディア。
なかでもコピアポアは特別な存在で、南米の業者から随分と輸入しました。同時並行の実生苗たちもそろそろ見頃に
なりつつあります。他にもロビビアやレブチアなど花の綺麗なサボテンも好きだし、柱サボテン団扇サボテンなど、
人が見向きもしないものも集めてしまう。一方で新種が見つかったといえば必ず欲しくなる。
そして何より、スクレロ、ペディオ、エキノマスタスなどの北米難物サボテンは常に栽培場の中心にいます。

サボテン以外の、いわゆる多肉植物もひととおり、育てています。
子どもの頃、最初に集めたのは花屋さんのエケベリアで、ベンケイソウ科は葉もの多肉の原点です。
アガベやユッカ、アロエのような大柄でワイルドな多肉も好きなので、種から大きくして、地植えしてみたり。
メセンはリトープス、コノフィツムから草っぽいもの、難物とされるムイリアなど、栽培苗の9割以上が実生から。
ハオルチアは産地データつきの個体をまとめてアフリカから輸入したものが中心で、これにガステリアも加わる。
ユーフォルビア、パキポディウム、アデニア、キフォステンマ、ドルステニア、コミフォラなどなど、塊茎塊根類は
就職してまもないころ、大人買いでいくつも輸入しました。家内に財布を握られた最近では実生に励んでいます。
人気のオペル・パキプスはひと時代前に輸入された株が元気に暮らしていますが、種をとって育てた実生株もある。
日本では不人気?の花かぐわしいガガイモ科の各種は、栽培上はなかなか曲者ですが、縁が切れない植物です。
毛色の変わった処ではハエマンサスやゲシリス、エリオスペルマムなど冬育つ球根類も好きで、メセンと同じ環境で、
オトンナやサルコカウロンなどと一緒に育てています。ほかにもブロメリアや食虫植物、シダ、色々の熱帯観葉植物も、
いつのまにか居座っています。あと力を入れたのは南アのオニソテツ。これは15年くらい前、面倒な書類作業を重ねて
十数種、何十本も輸入しました。ホリダスなどいまほど簡単に手に入りませんでした。輸入した半数は放出しましたが、
このソテツたちはデカくて実に場所をとります。

業者でも研究者でもないのに、これだけあれこれの植物を維持管理するのは作業的にも費用的にもかなり大変です。
相応の面積が必要になって、車で2時間もかかる山の中の耕作放棄地にハウスを建てたのが十年ちょっと前で、
そのためにハウス回りの草刈りという作業も新たに発生。いまは余地で野菜まで育てている始末です。
これまでに、おおまかにいって総収入の半分ちかく、総余暇時間の7割が植物に注がれている計算になります。
きっと今年もまた、人生を奪う植物たちとのハードな向き合いが続いてゆくのだろうな。

さて、このブログは難物サボテン中心に書いていますが、折に触れそれ以外の植物についても書きたいと思います。
面白い出会いはテリトリーの外側に転がっているものなので、時間の許すときは是非おつきあいください。
また、難物サボテンはもちろん、そのほかのサボテンや多肉植物についても、栽培法のアドバイスや大まかな同定等、
だいたい出来るんじゃないかと思います。エントリと関係なくてもかまわないので、コメント欄から気軽に訊いて下さい。




resize1712.jpg
                    Yucca brevifolia 'Joshua Tree' at Joshua tree natural area, Utah 



新春の扉に飾った写真は、ヨシュアツリー・ユッカ(Yucca brevifolia 'Joshua Tree')。
アメリカ西部の乾ききった沙漠に生える、独特の枝振りの植物ですが、ちょっとお正月気分、感じませんか。
ユッカも人気ですが、一番カッコイイこいつをなぜかあまり見かけない。野生株の採取が出来ないからかな。
ならば、四十年後、思い描いて種を蒔いて育ててみませんか。
意外と、すぐですよ。












テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる