菊水の群れ。


     
resize1029_20150426212650408.jpg
                Strombocactus disciformis ssp.disciformis 6years from seed




春。陽射しがいっぱいに降りそそぐ栽培場で、この鉢をみつけました。
ふだんはボタンでもならべたみたいな、地味な寄せ植えが、輝く花で飾られています。
菊水(Strombocactus disciformis ssp.disciformis)。
サボテンマニアのなかでは、古くから知られている種類で、むかしは輸入球がたくさん入ってきていた。
肉質は硬く、菱形のイボを螺旋形につみかさねる姿は渋さの極みで、いぶし銀の味わいで人気がありました。
しかし、種がホコリのように極く小さく、そこからの実生には時間がかかるため、いま、種から育てる人は
そう多くないと思います。




resize1032.jpg

resize1035.jpg




この鉢にずらっと並んだ菊水は、みな同じ年で、播種から6年ほど経っています。
親株は、数十年まえに、懐かしいシャボテン社に出向いて、平尾さんに選んでもらって購入した株。
こちらもまだ健在です。もう片親は頂き物の実生株です。菊水はワシントン条約の付属書Ⅰに含まれるため、
かつてのように手軽に山木を手に入れることはできません。
しかし、時間こそかかるけど、種からの育成でも野生株に見劣りしない、扁平で美しいサボテンが育ちます。
小さく地味ながら、こうしてぎっしり鉢にならんで花を咲かせると見事です。
これは、種まきをしなければ味わえない楽しみですね。




IMG_8098S_20150426215447278.jpg
                         same plants at 3years old in 2012
resize1028.jpg

resize1023_201504262132514bb.jpg

resize1026.jpg




菊水は、自生地の画像など検索してもらえればわかりますが、メキシコの泥っぽい崖地にへばりつくように
生えています。ほこりのように小さい種は、垂直に近い壁に付着して発芽するためとも思われます。
上の写真は、2012年に同じ鉢を撮影したもので、このときは実生から3年半で、1cmに満たない大きさでした。
いま、ブレザーのボタンくらいのサイズです。最初の3年、小さいうちは実に成長遅鈍ですが、そのあとの3年で
これだけ大きくなります。どうですか?蒔いてみる気になりませんか。




resize1022_20150426213406869.jpg

resize1020_201504262134210b0.jpg
                Blossfeldia liliptana living on muddy cliff similar to Strombocactus




南米で、同じような環境に生えているのが、松露玉(Blossfeldia liliptana)。
こちらも泥の崖面に埋まりこんで育ちます。写真の株は南米からの輸入球ですが、扁平な姿は菊水に
近いものがある。同じく種が微小で、実生育成はさらに難しいのですが、十年ほど前に蒔いた実生苗も
開花しはじめています。これについては、また後日。


さて、ことしもあれこれ、実生しないと。






テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる