FC2ブログ

さて、なんの花?

           
    
温室にはあまり花が見あたらないし、あたらしい自生地の旅にも出かけるあてもない。
ということで、面白いネタもないのですが、かわった花の映像を掘り起こしてみました。




resize0716.jpg




まずこちら。さて、なんの花でしょう?・・・ってわからない人はあまりいないか。





resize0718.jpg

resize0714_201501300222366e4.jpg
                    Arrojadoa rhodantha 'occibahiensis' HU208 Bahia,Brazil



アロハドア・オッキバイエンシス(Arrojadoa rhodantha 'occibahiensis' HU208 Bahia,Brazil)。
ユーベルマニアや、ディスコカクタスと同じブラジル東部に生えている柱サボテン。
花は他にないような人工的な色あいで、ろう細工のような不思議なテクスチャ。触った感じも想像どおりです。
ちなみに、これは蕾の状態で、このあと先端部分のみが開きます。見ごろでいうと、この蕾の段階が面白い。
植物本体は地味だけど、この花を見るためだけでも、育てる価値がある。
けれど、うちにはこの1種類しかありません。とにかく寒さに弱い。氷点下5度を下回ると厳しい。
なので、ビニールでぐるぐる巻きにして越冬させています。




resize0733.jpg

resize0735_201501300224167f3.jpg
                      Ferocactus glaucescens cv. 'himeokanryu'



こちらはフェロカクタスの姫王冠竜(Ferocactus glaucescens cv.)です。
いぜん、小学生だった息子とサボテン屋に行ったとき、どうしてもこれが欲しいというので購入。
本人はそんなことも覚えていないようですが、ハウスで健気に生きています。
矮化奇形のような印象で、なかなか大きくなりません。買った時とサイズがほとんど変わらない。
花は小さいのによく咲きますが、おそらく結実能力はないでしょう。
刺なし王冠竜というのもあって、なかなか魅力的ですが、そちらは種もとれて形質も遺伝する模様。
おととし蒔いたら、小さい刺なしにまじって、姫王冠ふうのも混じっています。どうなるか?




resize0711.jpg

resize0708_20150130022530872.jpg

resize0710_201501300225569ac.jpg
                       Thelocactus bicolor ssp. heterochromus 'benitaka'



これは別に珍しくもない、紅鷹(Thelocactus bicolor ssp. heterochromus)の国内繁殖苗。
一見、姿は異なる大統領の亜種にあたりますが、花をみれば納得できます。
この種は、ギラギラ真夏の陽射しに炙られると、こんなふうに花弁が反り返るように咲くことがある。
花というよりクラゲかなにかみたいな珍妙な姿ですね。色もド派手なのでとても目立つのですが、
美しい・・・というのとはちょっと違うような。めためたケバいおねいさんみたいな雰囲気で、
ちょっとしり込みしてしまうのです。




resize0729_20150130022630f3e.jpg

resize0727.jpg
                       Denmoza rhodacantha ssp. diamantina



さて、これも珍花。
茜丸(Denmoza rhodacantha)は、珍しいサボテンではありませんが、最近は育てる人は多くなさそう。
その名の通り茜色(~臙脂色)の刺もほかにない美しさですが、最近は黄金刺のタイプも導入され、
刺の魅力はおなじ南米産の極光丸(Eriosyce ceratistes=aurata=)に匹敵します。
で、テーマの花ですが、送粉者のハチドリの好みに合わせすぎた結果?花弁が極端に短くなってこの姿。
マイナーながら魅力的なハシラサボテン、クレイストカクタス(Cleistocactus)の各種も、
よく似た花を咲かせます。白閃なんて、むかしはよく売店で見かけたんだけど、どこいっちやったんだろう。
デンモザの栽培は、弱酸性の土に植えて、施肥多めにすると元気に育ちます。




resize0721_201501300227402b4.jpg

resize0725.jpg

resize0719.jpg
                    Oroya baumannii 'aureispina' KK388 Yauyos, Peru 3000m



最後はオロヤ・バウマニー(Oroya baumannii 'aureispina' KK388 Yauyos, Peru 3000m)。
うむ、かわったところもないし、尋常の花なのですが、もっとも透明感のある綺麗な花、ということで。
なんだか鳥の巣のなかに大事におさめられた卵たちみたいに見えませんか。
個人的に圧倒的に好きなのです、この感じが。旧ネオポルのような、てらてらした艶っぽさにくわえ、
なんともいえない瑞々しさもあります。ほんとうはシトロンイエロー花の暮雲閣(Oroya borchersii)の花を
紹介したいところですが、こちらは難開花で、こういう具合に群開してくれません。ちなみに写真の株は
古い南米輸入球なのですが、作落ち、型崩れさせずに育てるのは案外むずかしい。
この刺の感じもほかにはないし、オロヤ、もっと人気出てもよいのにな。







テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる