エスコバリア・ミニマ

        
小さいながら、気品と風格をともに備えている。
象牙色の端正な刺が球体を密に覆い、あざやかなマゼンダの花をよく咲かせる。
成長は遅いですが、とくべつ気難しいこともなく、実生から正木でちゃんと育つ。
とまあ、いいことずくめ。北米産の小型種のなかでも屈指の鑑賞価値を持つサボテンです。




resize0412.jpg
                       Escobaria minima=Coryphantha nellieae




エスコバリア・ミニマ(Escobaria minima=Coryphantha nellieae)。
この属の中では珍しい濃色の花を咲かせ、刺も太くて独特なので、ほかの種と混同されることは
なさそうですが、他の属、マミラリアの明日香姫(Mammillaria gracilis "Arizona Snowcap")と
ちょっと似ています。
比較的新しい種類と思われますが、30年以上前の本、原色サボテン写真集(平尾博著)にも
「コリファンタ・ネリー」の名前で写真が掲載されています。しかし、タイプ差がほとんどなく、
大群生にもなりにくく、斑入りが出ても刺で肌が見えない。そんな個性が“特別”を求めるマニアに
飽きられてしまったのか、次第に見かけなくなりました。
というかバブル時代、サボテン界では一部の投機的な品種に趣味家と業者の関心が集中し、
多くの小型種、稀少種が消滅しましたね。いま、国内にあるミニマは、今世紀以降、愛好家が
輸入種子から育てたものが大半かと思います。




resize0418.jpg

resize0415.jpg

resize0413.jpg




ミニマは1頭の球径は1cmそこそこしかありません。高さも数センチ。
大人の親指サイズもあれば立派な大球です。しかし、年を経ると自然に子吹きし、こじんまりと
群生するので、3~4寸鉢で楽しむことが出来ます。写真の株は実生から7年程度経っていますが、
うまく育てればもっと早く育つでしょう。接ぎ木すればさらに促成出来ますが、丈が伸び刺間も空くので
見栄えはいまひとつになります。花は初夏~秋にかけ断続的に何度も咲き、しかも株立ちで群開するので、
たいへん見ごたえがあります。




resize0405.jpg

resize0407.jpg
                  Escobaria minima in habitat, South of Marathon,TX, USA




ところで、ミニマは花もよく咲き、育てやすいサボテンですが、実はワシントン条約の付属書1に
早くから登録されています。花籠や菊水、牡丹類などと同様の稀少種なのです。
自生地は、アメリカ・テキサス州南部の町、マラソン(Marathon)近郊に限られています。
一帯は特異な地質地形のエリアで、ミニマの自生地は、ノバキュライト(novaculite)と呼ばれる
白色チャート(岩石)が堆積した丘です。マラソンの町からハイウェイ385号線を南下すると、
白っぽい石に覆われた低い丘が出現しますが、このような場所にだけ生えているのです。
ほかの地質のところには見られません。




resize0409_20141122230349055.jpg

resize0408.jpg




私は過去に2度、自生地を訪ねましたが、有刺鉄線で囲われた私有地なので入りにくかった。
アメリカ人の友人に案内してもらい、ハイウエイからごく近いエリアだけ探索しました。
ミニマは地面を覆う白色チャートの隙間に、頂部だけ僅かに覗かせるように生えていて、
ほとんどは単頭です。小さくて目立ちませんが、数は少なくない。花どきに訪れたら見事でしょう。
朝夕には霧が立ちこめることが多い場所とのことで、イワヒバ類も目立ちます。
同じ場所には、エスコバリア・バリカラー(Escobaria tuberculosa ssp.varicolor)、
ヘステリ(Escobaria hesteri)、黄刺大統領(Thelocactus bicolor ssp.flavidispinus)などが
生えていますが、これらはミニマと異なり、このチャートの丘以外の場所にも広く分布します。




resize0404.jpg
                       Escobaria tuberculosa ssp.varicolor
resize0406.jpg
                       Thelocactus bicolor ssp.flavidispinus
resize0410_201411222305190dc.jpg
                       Echinocereus viridiflorus ssp.davisii




ミニマと同じく、この特異な地形の丘だけに生えているのが、蝦サボテン中の最稀少種、
ダビシィ(Echinocereus viridiflorus ssp.davisii)です。これもごくごく小さくて、
チャートの隙間、イワヒバの陰に隠れるように生えていて、ミニマ以上に見つけにくい。
余談ですが、ダビシィは青花エビの亜種扱いなので、ワシントン条約の付属書1には
登録されていません。しかし、希少性はミニマと同様かそれ以上です。ダビシィと基本種の
違いは明白で、生殖的にも隔離されており、別種として保護してあげて欲しいところ。
もっとも、いずれも広く栽培されているので、自生地が荒らされる心配もなさそうです。
また、このチャートの丘はハイウェイから離れた場所にも複数点在していて、大半が私有地で
人の出入りがありません。そうした場所に相当数のコロニーがある可能性はあります。




resize0421_20141122230600ba7.jpg




小さいし、ほかの植物に紛れて栽培棚の迷子になりそうなサボテンですが、名品といえる
もののひとつだと思います。お持ちの方は、いまいちど手に取って、近くからじっくり
眺めてやってください。






テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる