FC2ブログ

牡丹の花に、目を近づけてみる。

        
アリオカルプスが咲き続けています。
新しいマクロレンズを買ったので(これまでのものが壊れたため)、
そのテストもかねて、手抜き更新ですが、花の写真をいくつか並べてみることに。




resize0401.jpg

resize0403_201411092331029f6.jpg
                         Ariocarpus scapharostrus



竜角牡丹(Ariocarpus scapharostrus)。
うちにきて30年くらい経っているふるい輸入株です。葉っぱはすでに国内で生じたものに
入れ替わっていますが、径はこれ以上増えないようです。相当老化も進んでいると思われますが、
例年律儀に咲いてくれる。種もずいぶん採って、この株の子孫もすでに開花株に育っています。
てっぺんが盛り上がったように膨らむと見苦しいので、水は辛め、なるべく地面に埋まるような
育成を心がけています。




resize0398_20141109233138217.jpg

resize0399.jpg

resize0400.jpg
                    Ariocarpus kotschuobeyanus ssp.mcdowellii 'albiflorus'



白花姫牡丹(Ariocarpus kotschuobeyanus ssp.mcdowellii 'albiflorus')。
メキシコ・タマウリパス州のTula周辺にのみ分布し、カピカピの粘土みたいな場所に生えてます。
有名な自生地ですが、町に近いため開発などで野生株の生存はかなり厳しい状態にあると聞きます。
これも古い輸入株で、成長点が馬蹄形に変形しています。綴化とも分頭とも違う、
妙な状態になっていますが、花はよく咲く。なので、同じときに購入したもう一株との間で
種をとって繁殖しています。自生地の写真など見ると、稀にピンク花も混じるようですが、
我が家の白×白からは、白花以外が出現したことはありません。




resize0396.jpg

resize0397.jpg
                         Ariocarpus agavoides



アガベ牡丹(Ariocarpus agavoides)。
これだけは実生苗です。といっても、蒔いてから十数年経っていて、おそらく山木の限界サイズより
大きいかも知れません。花はこんなふうに毒々しいくらいの紫ピンクですが、植物体はなんとも地味。
栽培下の株は葉っぱが青々としていますが、野生株はおそらく埃まみれ。それでもって、石ころの隙間に
挟まるみたいに生えてたりしたら、人も動物も媒介昆虫も、まず見つけられないでしょう。
だから、開花のときだけはこんなに激しく自己主張するのでしょうね。


牡丹の花が終わると、あとはマミやツルビニが冬のあいだポツポツと咲くだけで、サボテンハウスは
しずかな季節になります。ことしは強烈な寒波とか、こないといいなぁ。






プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる