オプ花 2014。


目下人気爆発!のウチワサボテン、今年の開花から。
兜やボタン、斑入りサボテンそっちのけで、愛好会の競りを席巻する日も近いでしょう。

まずはトゲも思い切り痛くて、愛らしさ抜群のこのしゃもじです。




resize0290.jpg
                    Opuntia polyacantha ssp.hystricina hybrid 'Halblech'



オプンチア・ハルブレヒ(Opuntia polyacantha ssp.hystricina hybrid 'Halblech')。
花が咲いていなければ枯草のかたまりにしか見えないようなオプンチアですが、こちらは園芸改良種。
名前はドイツ、バイエルンにある地名と思われ、このあたりの愛好家が作出したのでしょうか。
ドイツにはウチワ愛好家がかなりいるようで、こうした美花園芸種がたくさん作出されています。
原種のポリアカンサは大変広い範囲に分布するウチワで、なかでヒストリチナはアメリカ合衆国の
four corners(アリゾナ、ユタ、コロラド、ニューメキシコの4州が交わる点)周辺に生えているので、
ペディオ・スクレロとは仲良しのサボテンです。




resize0284.jpg

resize0287_2014092121494454e.jpg




原種もきれいな花を咲かせているのを何度か見ましたが、こちらは花色がより鮮やかということなんでしょうか。
カット苗を輸入して育成したものですが、茎節3-4枚で開花しましたので、花つきはたいへんよい。
しかし刺の扱いにくさは群を抜いていて、鉢に雑草がはびこっても株元までトゲびっしりで抜くことも出来ません。
耐寒性は底なしなので、ヨーロッパ内陸でロックガーデンなどに植えこむためのサボテンかとも思われます。
それにしても、こんなに痛くて、花はきれいだけどたった一日しか咲かないオプンチアの、
花改良に精を出すヨーロッパ人の園芸マインド、脱帽です。




resize0273.jpg

resize0277_20140921215230a32.jpg
                 Opuntia compressa(=humifusa) M1088.58 Chatham, Massachusetts



つづいては、こちらも日本では耐寒性の限度を試すことがおそらくできないサボテン。
這団扇(Opuntia compressa(=humifusa) M1088.58 Chatham, Massachusetts)。
自生地を地図で検索してみてください。東海岸、それもマサチューセッツ州ですよ。
こんなとこにサボテン生えてんか、みたいな。もっと北、モンタナ州あたりまで分布していますね。
但し書きには、in cold wet sand dunes ともあります。北海道のサロマ湖あたりの岸辺に植えても、越冬出来そう。




resize0279_20140921215310d48.jpg

resize0271.jpg




和名のとおり、地面に匍匐するように育ちます。もちろん通年屋外栽培ですが、冬場はくしゃくしゃに皺が寄って
色も悪くなるのですが、春、暖かくなると急激に皺が伸びで、ゴムかビニールみたいにピカピカになります。
花は単色ですが、他にちょっとない黄色です。海外のサイトで「蛍光色の花」と紹介されているのを見ましたが、
まさに蛍光ペン(アンダーライン引くやつ)の黄色です。写真ではうまく表現できていないのですが、
ぱっと目を引く不思議な花で、これだけでも見る価値があります。




resize0305.jpg
                    Opuntia retrospina DJF303 La Vina, Salta 'flame red flowers'




最後は極めて特異な花。
レトロスピナ(Opuntia retrospina DJF303 La Vina, Salta)の名前で、メサガーデンから入手した株です。
この種名は、よりマニアックな分類では、アイランポア属(Airampoa)に振り分けられることもありますが、
一般に知られているこの種の姿とは、茎節やトゲの感じがちょっと違う。それでDJF303で調べてみると
Opuntia sulphureaも出てきます。これもまた、違うか。DJF氏は同じ場所で見つけた違う種類のサボテンに
同じ番号をつけるので多少ややこしい。ギムノ新天地やパロジアにも同じ番号があるけどretrospinaは出てこない。
ちなみに写真の株は花を撮影しようと運んだときに茎節が折れてしまったので、植えなおしたもの。
本来は長細い茎節が7枚くらい縦につながった、高さ50cmくらいのヒョロヒョロの株でした。同定出来る方…。




resize0301_2014092121545903e.jpg

resize0310_20140921215515a64.jpg




いずれにしても、植物体は地味です。問題は花。カタログには‘flame red flowers’と書いてありましたが、
この血流ほとばしるような花のことをそう形容したのでしょうか。サボテンの花で、こうした筋の入ったものを
他に見たことがありません。なので、病的なものにも見えないことはない。
しかし、茎節はつやつや元気で、斑の気配もまったくなし。植物本体にはウイルスの痕跡は見られません。
おそらくは、DJF氏がアルゼンチンの山で茎節を切り取って持ち帰り、友達であるSB氏に渡したものが
オリジナルで、我が家の株はそのカキ仔と思われます。ゆえに、元々こういう花を咲かせていたと考えられます。
見れば見るほど強烈な花で、しかも果実がたくさんついていることでわかるように花つきとても良い。
ちょっと掘り出し物のオプンチアでした。





プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる