FC2ブログ

難物サボテン、開花中。

               
北米難物サボテンの花が次々と咲いています。
以下、ご紹介するのは、過去に何度か登場した種類、株が多いのですが、
そもそもスクレロ、ペディオは種数も少ないので仕方がないところ。
去年咲いた株が、今年も元気に咲いてくれる、それだけでも嬉しいのです。
今回紹介するのは、難物サボテンに十数年つきあって来たなかで、私がもっとも
仲良くなれた植物たちです。何度も登場するのは、そういう理由もあります。

さて、今シーズンは、春先まで雪が降るなど寒さが続いていたので、初回の水やりが遅れました。
その影響か、ペディオカクタス、スクレロカクタスの開花傾向にも変化が。
全体的な傾向としては、早咲きの小型ペディオなどはよく咲いていますが、スクレロは
蕾をあげない個体も多く、いまひとつです。



resize1008.jpg

resize1009.jpg

resize1025.jpg
                    Pediocactus bradyi ssp. bradyi SB470 Coconino Co,AZ
                    


ペディオ・ブラディ(Pediocactus bradyi ssp. bradyi SB470 Coconino Co,AZ)。
去年も花を紹介しましたが、ことしは別の個体、多頭に群生した株が開花しました。
この株は毎年蕾がつくのですが、ほどなく新刺に養分を吸い取られるように蕾が萎んで
開花に至りませんでした。この春は、水やりの開始がが遅れたため栄養成長のトリガーが
引かれるのも遅れ、その間に蕾が十分に生育したものと思われます。同じ様な現象は、
テフロカクタスなどでも見られ、蕾がある程度育つまでは水をやらないことでうまく開花
させられることがあります。去年アップした単頭の個体も、同時に開花したので授粉しました。
ペディオカクタス属の中でも、最も数少ないサボテンなので、種で保全をはかれれば・・・。



resize1029.jpg

resize1019.jpg
                    Pediocactus bradyi ssp.despainii SB989 Emory Co, Ut



上のブラディに極めて近い種類がこのデスパイニー(P.bradyi ssp.despainii SB989)。
花はちょっと南米種を思わせるような、曖昧な濁った彩りです。
ブラディの自生地がアリゾナ・マーブルキャニオン付近のごく狭いエリアだけなのに対して、
こちらはユタの比較的広い範囲に分布しています。ただ、群落といった生え方はせず、
広い範囲で散らばるように生えるので、訪ねあてるのはとても大変です。私自身、自生地と
される場所を十回以上訪ねていますが、実際に探し当てたのは2回だけ。



resize1022.jpg

resize1023.jpg
                    Pediocactus bradyi ssp.despainii SB989 Emory Co, Ut



こちらはこのブログで幾度も紹介している兄弟苗の寄せ植え。
いちどは焼け死にかけましたが、1年半を経てすっかり復活しました。
前述のブラディは花いろの変化は乏しいのですが、デスパイニーは白ピンク~ベージュ~橙黄と、
花いろが個体によって異なります。同じコロニーでも花いろはグラデーションで変化します。
ウインクレリ(P.bradyi ssp.winkleri)も同じ傾向があります。
この兄弟苗、ここ数年はサイズがほとんど変わりません。もっとも、このサイズだからこそ、
この花が映えるのかな、と思っています。こちらも種が採れそうです。
ブラディ、デスパイニ、ウィンクレリ。難物サボテンのなかでは形良く育ち、花つきも良い。
どうにも地味ですが、なんとも滋味深い。



resize1013.jpg

resize1011.jpg

resize1014.jpg
                    Toumeya papyracantha RP119 Hudspeth Co,TX



月の童子(Toumeya papyracantha RP119 Hudspeth Co,TX)。
こちらも、このブログの最初のエントリーに登場以来、なんどもとりあげてきたサボテンです。
写真の株はテキサス産、として蒔いた苗。アリゾナからニューメキシコにかけて広く分布していますが、
もっとも東にあるコロニーと思われます。
月の童子は難物サボテンではあるけれど、小型種ということもあり、正木で育てて開花が望めます。
ただ、古くなると丈高く伸びてしまう傾向があり、そのあたりは短命なサボテンと割り切ることが
必要かも知れません。ちなみに、トウメヤ属のただ1種のサボテンともされますが、スクレロカクタスに
近い性質を持っていて、黒虹山などスクレロの複数の種との間で面白い交雑種を作ることが出来ます。
両方育てている方はチャンスがあったら是非試してみて下さい。



resize1015_20140412095355519.jpg

resize1017_201404120954100e3.jpg

resize1018.jpg
                Sclerocactus spinosior ssp. blainei=ssp.schleseri SB1015 Lincoln Co, Nv



最後はスクレロです。こちらも幾度となく登場している黒虹山シュレセリ=ブライネイ。
(Sclerocactus spinosior ssp. blainei=ssp.schleseri SB1015 Lincoln Co, Nv)
実生小苗から成株までの刺の変化も面白く、小さいうちからよく咲いて栽培者を楽しませてくれます。
何度もとりあげたので、新しく書くこともないのですが、長く絡む刺のなかに鮮やかに咲く
ピンクの花、何度見ても感動させてくれます。



resize1020.jpg
                    Pediocactus bradyi ssp.despainii SB989 Emory Co, Ut



今回とりあげたサボテンたちは、難物カテゴリーにありながら、ちょっとした工夫で誰でも
実生から開花株まで育てられるので、初心の方もおすすめ出来るするサボテンです。
長くおつきあい戴いている方には、またかと思わせてしまったかも知れませんが、花に免じてご容赦を。





テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる