多肉本とサボテン本。

                                      
ブックレビュー、2冊紹介します。
いずれも比較的最近刊行されていて、通販などで入手可能ではないかと思われる本。

1冊目は、Fred Dortort 著 「Succulent Plants of the World」 。



resize0842.jpg

resize0857.jpg



いま手に入る多肉植物本の決定版、ではないでしょうか。コストパフォーマンスも良い。
国内でも海外でも、サボテンと、それ以外の多肉植物全般、という括り方が有効のようですが、
この本は後者、サボテン以外の多肉植物を各科各属カラー写真で紹介しつつ、自生地の環境や
栽培についても詳しく解説したもの。写真豊富ですが、読み物としても情報量濃密です。
多肉本は国内でもしばしば刊行されていますが、だいたいは紹介されている種類が少なく、
栽培についてもざっくりで、むしろ植えつけレイアウトや飾り方に力点が置かれています。
なので、珍奇な姿の植物を追い求めたり、栽培の深みにはまりつつあるマニアには物足りない。
日本の本では、ISIJの「多肉植物写真集(1巻2巻)」が、網羅する範囲や写真の数など随一の
素晴らしい内容の本ですが、あくまで写真集なので、文章での解説はそれほど厚くない。
それに既に大変なプレミア価格になってしまいました。この本も早めに手に入れた方が良いかも。



resize0858.jpg

resize0849.jpg



本の構成は、イントロで多肉の自生環境や栽培技術、楽しみ方などを概論としてまとめています。
続いてすぐに各科・各属の解説に入りますが、基本は属ごとに一章を設けて、代表種を中心に、
鑑賞のポイントや育て方などが属ごと(場合によっては種ごと)に書かれています。
例えばエケベリアの項では、かつてしばしば混同されていたカンテ(Echeveria cante )と
サブリギダ(E.subrigida)について、「カンテの方が美しい種類だが、栽培はより難しい。
サブリギダには青葉、白葉、葉の中央の溝の深さなど色々なタイプ違いがあり、極上のタイプは
カンテをも凌ぐ・・・」等々とあります。私はベンケイソウ疎いのですが、なるほどと思いました。
著者はカリフォリニア大の植物園で教鞭をとっていて、30年以上の多肉歴があるそうです。
紹介されている写真は、栽培品より自生地で撮影されたものが多いのですが、鉢植えにすると
こんな感じでカッコイイでしょ、みたいな写真もあったりします。
学者というより園芸家の目線で書かれた本ですね。



resize0848.jpg

resize0853.jpg



先に述べたように、多肉ファンが栽培対象にする全ての仲間をカバーしようという意思が感じられ、
ベンケイソウ科、トウダイグサ科、メセン科などのメインどころから、ガガイモやブロメリア、
塊茎多肉まで細かく取り上げられています。



resize0852.jpg

resize0855.jpg



アデニア・バリー(Adenia ballyi)、塊茎はまるで見えずほとんど藪!なるほどこれが本来の姿か。
てな感じの、こんなインパクトある自生地の写真、多数あり。
嬉しかったのはヒガンバナ科などの球根類とか、いわゆる多肉趣味の端っこ?にある仲間も
ちゃんと紹介してくれている点。栽培方法など、疑問が浮かんだおりに読み返すと参考になります。
とりあげられている種類はおよそ2000。多肉図鑑、かつ栽培ガイドとしてとても便利な本です。



そして、もう一冊はサボテン本。



resize0862.jpg



Ken Preston-Mafham著 「500 Cacti Species & Varieties in Cultivation」。

その名のとおり、数多あるサボテンの中から500種に絞って、写真つきで解説した本。
絞って、と書きましたが、一般的なサボテン入門書でも、500種類以上とりあげているものは
多くないので、幅広く色々なサボテンが登場します。。
著者はサボテン図鑑の定番として有名な「Cacti The Illustrated Dictionary」を書いた人物で、
写真には多少かぶりがありますが、この本では解説にも重点が置かれています。
前の図鑑もそうだったのですが、栽培向きの種類を取り上げる、というのが基本姿勢なので、
難物はあまり扱われていない。例えば月華玉(Pediocactus simpsonii)は載っていますが、
英冠(Echinomastus johnsonii)や白紅山(Sclerocactus polyancistrus)は登場しません。



resize0867.jpg

resize0865.jpg



掲載はアルファベット順で、アカントカリキウム属(Acanthocalycium )からはじまるのは
「Illustrated Dictionary」と同じ。網羅する属、種の配分が日本のサボテン界の感覚とは
かなり異なるのが面白いところです。たとえば牡丹類の掲載は岩牡丹(Ariocarpus retusus)一種だけ。
アストロフィツムも瑞鳳玉(Astrophytum capricorne)とランポー玉(A.myriostigma)が代表として
登場しますが、兜(A.asterias)は載っていない。手厚いのはエキノケレウス(Echinocereus)、
マミラリア(Mammillaria)などで、後者は実に104種類!もとりあげられています。
かつて「シャボテン誌」が全種網羅的なマミラリア特集を掲載していて、当時は日本にも"種類を集める"
愛好家がそこそこいたと思うのですが、最近は趣味の世界でも横並び傾向が強まって、我が道をゆく人は
減ったようです。マミラリア・コレクターの方がおられたら、ぜひ実物を拝見したいと思うのですが・・・。
マミだけでなく、柱やウチワサボテンもしっかり網羅。日本の愛好家のハウスではなかなか見ることが
出来ない種類が沢山出てくるのがかえって新鮮です。その中で、面白いと思ったものをいくつか。



resize0869.jpg

resize0875.jpg



上の写真は、"赤花金鯱"ではありません。茜丸の金刺タイプ(denmoza rhodacantha 'diamantina')。
最近はこの型の輸入種子が出回っているので国内でも見かけますが、この姿はちょっと魅力的では。
スルコ・スタインバッキー(Sulcorebutia steinbachii)は、花色違いが仲良く並んだ自生地の様子を紹介。
レブチアやスルコは、スペースをとらないし花も綺麗なのでもっと人気が出ても良さそうです。
そして、南米塊根ウチワ、プテロカクタス・アラウカヌス(Pterocactus araucanus)の自生地写真。
日本では黒竜くらいしか普及していないマイナーサボですが、比較的最近になって、茎節がボール状になる
面白い種が普及しはじめています。この本は最新種という観点からか、プテロカクタスを6種類も掲載。



resize0870.jpg



以上、2冊については本の魅力の紹介という観点からスナップ写真を何枚か紹介させて戴きました。


最後にひとつ、以前ここでも紹介した「The New Cactus Lexicon」。
サボテン全科全属を網羅した本ですが、長らく品切れ状態でとんでもないプレミア価格がついたりしましたが、
やっと増刷されたようです。しかも今回はペーパーバック版で写真集のみ(もともとは写真集+記述書の2分冊)の
販売もされていて、価格的にも十分リーズナブルになっています。
入手の機会がなかった方はぜひ今回お求めになることをお勧めします。




テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる