FC2ブログ

宝の山!フランクリン・マウンテン(後編)


アメリカ・テキサス州エルパソ郊外にある、サボテン宝の山、フランクリンマウンテン。
実は、このテーマを書こうと思ったきっかけは、拙ブログにもよくコメントを戴くroka79さんが
アメリカ南西部を旅するにあたり、自生地をいくつかご案内したのですが、その折りに過去の資料を
掘りだしてあれこれ眺めていて、懐かしくなったから。
私が最後に訪ねたのは数年前なので、roka79さんの最新レポート("かくたす&さきゅれんつ")で、
直近の山の様子と見比べて戴くと、一層興味深く感じてもらえるかも知れません。



resize0808.jpg
                    view from halfway up the Franklin mountain
resize0775.jpg
                    Fouquieria splendens in bloom



ハイウエイ375号線の広い駐車場は峠のてっぺんにありますが、そこからかなり下って裾野側でも
魅力的な植物がたくさん見られます。パーキングロットが狭いので長い時間は停めにくいですが。
なだらかなスロープでよく目立つのがオコティーヨ(Ocotillo=Fouquieria splendens)です。
昔は「尾紅寵」なんて和名で、輸入株をカタログでも見かけましたが、今も栽培している人いるのかな?
真っ赤な花はハチドリ(humming bird)仕様なんでしょうね。色鮮やかなれどやや小振りの花。



resize0779.jpg
                       Dasylirion wheeleri
resize0836_20140131192518925.jpg
                       Agave lechuguilla



ダシリリオン・ウィーレリ(Dasylirion wheeleri)もそこかしこに生えています。
このあたりのサボテン山では定番ですが、サボ好きには案外スルーされがち。しかしダシリリオンは、
幹の立つユッカなどとともに、近ごろ立派な輸入株が入ってきていて、良い値段で取引きされているようです。
ちなみにアガベもあります。こちらはあまり人気がない?レチュギラ(Agave lechuguilla)。
実は白磁炉という立派な和名もあるし、コンパクトに作れば案外カッコいいかも知れない。
ただ、この山でサボテン探しする時には、間違って踏みつけたときの絶叫発生装置ですが。

そして緩斜面の主役はやっぱり、



resize0764.jpg
                       Echinocactus horizonthalonius



太平丸(Echinocactus horizonthalonius)です。    
ひところ、太平丸の刺の良い優型として「フランクリン太平」というクローンが結構出回りました。
なので最初この山を訪ねた時は、ものスンゴイ刺の太平がゴロゴロしているのかと期待しましたが・・・。
では、リアルなフランクリン太平はどんなものか、未選抜?画像を並べてみます。



resize0766.jpg

resize0803.jpg

resize0826.jpg

resize0786_201401311940220df.jpg

resize0796.jpg

resize0797.jpg
                       There is no accounting for tastes!



ガッカリしました?でも園芸的な優型・名品とは別の、野の草の魅力が自生地の株にはあります。
刺色に長さ、カーブの具合、肌の色や扁平具合・・・様々な顔の太平たちを見比べながら斜面を登ったり下りたり、
これは楽しいです。灼けつく岩の隙間ではガッシリ強いトゲ、反対に草陰ではモサモサしたトゲがよく似合う。
好みはあっても、これらに優劣つける気はしないし、印象深い個体が必ずしも"優型っぽいもの"でもない。
ハウスに並べたサボテンを見るときは、ついつい松、竹、梅と競りにかかる時の値段でソートしちゃたりして、
我が心根の退屈さにガッカリすることもありますが・・・。山では脳内に染みついた市場原理も停止するようです。
で、「フランクリン太平」ですが、実際のところ名品として出回ったのは、ここの特に刺の強い野生個体を
もとに栄養繁殖されたものなのではないかと(このあたり、事情にしい方がおられたら是非ご御教示を・・・)。
オリジナルがこの山かも知れないと思うのは、青みの強い肌と、赤褐色~黒の刺が球体から離れて
大きくカーブするところ。アリゾナ産のニコリーと並んでアメリカ産太平丸のひとつの典型ですね。
最後の写真は、日本のマニアより太平好きな誰かに囓られちゃった株。硬いし痛いし、他にもう少し
ましなモノがある気がするんだけど・・・。美味しいのかな?



resize0759.jpg

resize0760.jpg
                       Glandulicactus uncinatus ssp.wrightii
resize0762.jpg
                       Mammillaria heyderi ssp.meiacantha?



あと、見つけられたらラッキーなのがラシャ錦(Glandulicactus uncinatus ssp.wrightii)。
濃茶色の花が面白いサボテンで、長いカギ刺はときに十数センチにも及びます。この刺が枯れ草に
うまく擬態しているのでなかなか見つけられない。実はけっこうな数が生えているんだと思います。
最近はスクレロカクタス(Sclerocactus)に編入されていますが、白虹山だの彩虹山だののような
難物サボテンではありません。
そして金平糖マミの典型ともいうべき後幸丸(Mammillaria heyderi ssp.meiacantha?)。
この御幸丸の仲間、地味ながら色々なタイプがあって産地を歩きながら顔違いを見比べると
なかなか面白いです。うちには三十数年前、父親がテキサス出張の土産に空港で買ってきた山木が
いまも健在です。ただし直径は変わっていません(成長分は下部に折り畳まれる)。花よりも、
赤い実が可愛らしいサボテンです。



resize0788.jpg

resize0789.jpg
       Ferocactus wislizenii, They are too big to hide themselves from big chill, and frozen to death



私が最後にこの山に入ったのは、氷点下20度ともされる厳しい寒波のあとだったのですが、
衝撃だったのは山で最大のサボテン、フェロ・金赤龍(金赤龍=Ferocactus wislizenii)が、
ことごとく凍死していたことです。私の見た範囲で、生きている株がひとつもない。
太平丸はじめほかの中小型の種類は、見たところ被害皆無だったので、巨体ゆえの悲劇だったかと。
おそらくは生きのびたであろう小苗が、いまはいくらか成長して復活を遂げていることを願います。



resize0790.jpg
                       Opuntia phaeacantha in flower
resize0841.jpg
                  Three Hedgehog Brothers of Franklin mountain
resize0770_201401312015192b4.jpg



ところで、フランクリン・マウンテンだけでは物足りない、もっと沢山のサボテンが見たくなった方には、
ほど近くにアメリカで最も濃密にサボテンが繁茂するビッグベンド国立公園(Big Bend NP)があります。
エルパソから南西へ、メキシコ国境に沿ってハイウエイをたった5-6時間すっ飛ばせば、
さらなるサボテン王国に到着します。エルパソ発で3日もあればぐるっと回ってこられますよ。





テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる