「5年間」 (5 years)


私くらいの歳になると、5年なんて月日はあっという間に過ぎてしまうのですが、
遠い昔を思い起こせば、小学校の6年間、中学高校の6年間の長かったこと。
サボテンたちにとっては歳月の重さとはいかほどのものなのか。
古い写真をあさって、いまの姿と引き比べてみました。



resize0677.jpg
                 This picture was taken five years before
resize0665.jpg
                 Discocactus & Melocactus at the age of five



上の写真は5年前の種まき、発芽状況。この年もいろいろ蒔いたのですが、
そのうちのメロカクタス(Melocactus)、ディスコカクタス(Discocactus)の最近の様子が下の写真です。
比較的成長の早いサボテンなので、ディスコなどは開花しはじめていますが、メロの花座はまだまだ。
これを蒔いたとき、保育園児だった娘がいまは小学校の3年生。ちょうど同じくらいの成長ペースでしょうか。



resize0675.jpg
                     Astrophytum coahuilense (2007)
resize0667.jpg
                               (2013)
resize0668.jpg
                     Gymnocalycium zegarrae 'saipinensis' (2007)
resize0666.jpg
                               (2013)



こちらは同じ個体がそのまま写っているので、比較対照が一目瞭然です。
白ランポー玉(Astrophytum coahuilense from old collected plants)は1年生→6年生に。
今年の冬に写した写真なので、この半年でさらにひとまわり大きくなっています。よく育つサボテン。
こまめに植え替えて水もたっぷりやれば、これよりずっと大きく育つものと思われます。
ギムノ・ゼガラエ(Gymnocalycium zegarrae 'saipinensis' KK736 Saipina,Bol)は
球径が1.5倍くらいになり、刺が増えて迫力が出てきました。おおらかで、美しいサボテンです。
しかしさらに5年後のサイズを考えると・・・スペース的にはしんどくなってきますね。



resize0676.jpg
                       various species of genus Copiapoa (2008)
resize0674.jpg
                                (2013)



このコピアポア(Copiapoa)の寄せ鉢は3年生→8年生です。思ったより成長が早い気がしませんか?
写っているのは右からコルムナアルバ(C.cinerea ssp.columna-alba JA79 Esmeralda)、
真ん中のフサフサ刺が稀翁玉(C.krainziana PV1955 Quebrada San Ramon)、
そして左の比較的小さいのが黒王丸(C.cinerea ssp.cinerea JA87 Quebrada San Ramon)です。
基本種の黒王丸は肌も最も白く刺も黒く、この属の一番人気ですが、成長も一番スローペースですね。
だいたい8年でこのくらいですから、見ごたえある開花標本株に育てるには、最低20年はかかる。
気が長くないと出来ない道楽です。

では、いわゆる難物サボテンはどうか?



resize0669.jpg
                    various species of genus Sclerocactus (2008)



9cmの角鉢にうえたスクレロカクタス(Sclerocactus)。どれも実生から正木で育てた個体で、
この時点で種から5-7年くらい経っています。いまどうなったかというと・・・



resize0669-2.jpg
                            (2013)



赤いバッテンのついたものは、昇天したサボテンです。
難物サボテンの場合、成長以前に、生かしておけるかどうかが最大の懸案だったりします。
これは偶然という側面もありますが、枯れた株で赤いバッテンは黒虹山(S.spinosior)、
黄色いバッテンはライティアエ(S.wrightiae)です。ほかに彩虹山(S.parviflorus)、
白虹(S.whipplei)、ブレビスピナ(S.brevispinus)が写っていますが、
それらはどうにか今も生きながらえている(生存証明の写真なくスミマセン)。
歴史が語りかけるのは、黒虹山とライティアエは難物中の難物である、ということか(大袈裟)。

もしちゃんと生き長らえたら、難物とはいえどのくらい育つものなのか?



resize0673.jpg
                       Echinomastus johnsonii ssp.lutescens (2008)resize0672.jpg
                              (2013)  



黄花英冠(Echinomastus johnsonii ssp.lutescens SB696 Clark County,Nv.)。
4年生→9年生。13cm角鉢植えで、元気に成長し続けています。
見てのとおり同じ鉢に植えっぱなしなので、少々キツくなってきた。
それでも、5年間も植え替えなしで平気なサボテンはそうありません。
ここらあたりで1本ずつ植えてやり、調子よく育てれば3年くらいで花が咲くかな、という感じ。
私の栽培は年に5-6回しか水をやらないという、石橋を匍匐前進で渡る式なので、
もっと勢いよく育てれば、倍くらいのペースで育つかもしれません。

最後はとても大事にしている植物。



resize0664.jpg
                         Pediocactus bradyi ssp.winkleri (2008)resize0671.jpg
                              (2013)



ペディオ・ウインクレリ(Pediocactus bradyi ssp.winkleri KY9811 Wayne co,Ut.)の5年間。
もともとは自生地で数粒得られた種からの実生育成苗です。5年前の時点で、既に実生から10年くらい
経っていた筈です。毎春、きちんと花を咲かせてくれて、種も何度か採りました。
ちなみに兄弟株は接ぎ木を経て実根にしたもので、こちらは倍のサイズに育ち薄桃色の花を咲かせています。
こちらは薄いクリーム色の花で、5年前は単頭でしたが、その後脇から子を出して、2頭立てに。
大きい方の球体で直径4cmくらいで、ほとんど大きくなってない。でもあなたはこのままでいい。

ほかの種類もそうですが、多くの小型サボテンはあるサイズに到達すると、そこから先は球径は大きくならず、
少しずつ古い表皮を下部にたくし込むようにして、光合成する部分を更新しながら生きていくようです。
何年も、変わらない姿。それを良しとして、急かさず向き合ってやるのが、長生きさせるこつなのかな。







テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる