地味なノトカクタスをあれこれ実生した結果・・・。

       
サボテンの種まきがいかに楽しいか、繰り返し書いてきましたが、今回は種まきから数年後の眺めをご覧
戴けたらと思います。
ここ数年、わりと力を入れて蒔いたのが旧ノトカクタス(Notocactus=今はパロジア parodia に統合)。
私が子どもの頃から、夜店の露天で売られるようなサボテンで、マニアの眼中にはなかった。
ですが、ヨーロッパにはわざわざこの類を目当てに自生地を旅する人たちもいて、最近は産地データのある
種が出回るようになりました。しかし一見しただけでは、地味すぎて何も伝わってこない渋い渋い植物。
以下の写真、どうかガマンして5秒くらい、じーっと見つめてやって下さい。



resize0573.jpg
                 
resize0571.jpg
          left;Wigginsia sessiliflora KFF1214  right;Notocactus submammulosus KFF1172

 

左側のサボテンは四刺玉(Wigginsia sessiliflora KFF1214 San Pedro del Norte,Cordoba,Arg.)。
こちらも今はウィギンシア属からノトカクタスへ、さらにパロジアへと移されました。
馴染みのある名前で表記しましたが、さらに大昔はマラコカルプス属(Malacocarpus)と呼ばれていた
時代もありました。花座のつかないディスコカクタスみたいな端正なサボテンですが、名前変われど
ただの一度も脚光を浴びたことはない。
右側は獅子王丸(Notocactus submammulosus KFF1172 San Isidro,San Luis,Arg.)。
昔っから超有名な花屋さん店頭に並ぶサボですが、産地採取の種は高かった。スクレロなみのお値段。
しかしこちらは“駄モノの王者”だけあって、成長も早くここまで3年。そろそろ開花が楽しみです。
この類の産地はブラジル東南部が中心ですが、アルゼンチンのパタゴニア方面まで分布しており、
適応の幅広さ=寒暑乾湿いずれにも強い栽培しやすさを裏打ちしています。



resize0580.jpg
                  Wigginsia sellowii KVV1062 Dom Pedrito (center of the picture)
resize0581.jpg
                  Wigginsia erinacea KVV1085 Cerro Pelado
resize0582.jpg
                  Notocactus scopa 'ruberrimus' Casa de pedra



さらにノトカクタス(ウィギンシア)。
左から地久丸(Wigginsia erinacea KVV1085 Cerro Pelado, Maldonado,Uruguay)。
世呂玉(Wigginsia sellowii KVV1062 Dom Pedrito Rio Grande do Sul)。
扁平な球体に鋭角でハッキリした稜。特徴らしい特徴がないところが特徴という特徴的なサボテン。
そして右端は小町の赤刺タイプ(Notocactus scopa 'Casa de pedra')。
こちらは古くからある紅小町(Notocactus scopa 'ruberrimus')と同じものかどうか。

まあ、こういうサボテンは何が良タイプという目安もないし、禅問答的境地で向き合うほかない。
5秒以上眺めてもダメだった方、健康です。でもこれだけだと、サボテンの実生は徒労に過ぎない、と
やめてしまうひとが増えそうなので、もう少し見栄えのするものも。



resize0575.jpg
                  Gymnocalycium paraguayense no locality data (left)
resize0576.jpg
                  Gymnocalycium denudatum GF332 Lavras,Rio Grande do Sul (right)



え?そうでもない?
上記ノトカクタス類と同じエリアに産する弱刺艶肌ギムノ。デヌダーツムとパラグアイエンセです。
これらは高温多湿な場所で草やコケに埋もれて生えるものが多く、刺が発達せず地肌が露出するようになったとも。
ともに海王丸の原種のひとつと言われますが、なるほどピカピカと光る肌の具合はよく似ている。
写真の左側がパラグアイエンセ(Gymnocalycium paraguayense no locality data)。
これは産地では農地開発などで絶滅寸前だそうです。やや稜が高いのが特徴か。
右側とアップの写真はデヌダツム(G.denudatum GF332 Lavras,Rio Grande do Sul)。
色々なタイプがありますが、撫でたくなるくらい肌がツルツルのタイプ。



resize0577.jpg
                  Haageocereus pseudomelanostele (from seed corrected in habitat)
resize0572.jpg
                  Echinocereus pectinatus ssp. rigidissimus MMR76.1 near Chihuahua City
resize0574.jpg
                  Strombocactus disciformis 3-4years from seed



とつぜん飛んで、なんの脈絡もなく黄金の刺が美しい南米柱サボ。
ハーゲオケレウス・金焔柱(Haageocereus pseudomelanostele)。
こちらは南米の原産地で採取した種を戴き、実生したもの。あまり大きくなりすぎず、刺色は
いつまでも黄金色に輝き、栽培下での開花も期待できます。まだ小さいですが、大きく育つと
温室の風景を一変させる存在感が出てきます。
群植すると美しさが際立つのは、エキノケレウス・太陽の赤刺タイプ。
(Echinocereus pectinatus ssp. rigidissimus MMR76.1 near Chihuahua City)。
ラウ氏採集の紫刺タイプ太陽が人気ですが、私はこのくらいの紅色が好みです。
最後は菊水(Strombocactus disciformis)。微細種子で実生が面倒くさいので有名ですが、
これで実生から3~4年経っていると思います。大きいもので1cm。ここまで来れば栽培容易。



resize0568.jpg

resize0584.jpg
                Melocactus glaucescens HU219 Morro de Chapeu,Bra (2011/2013)
resize0569.jpg

resize0579.jpg
                Echinomastus johnsonii fma Lau1543 Jagueyes, Chihuahua (2011/2013)              
     


サボテンの実生はどのくらいのペースで育つのか?
ということで、2011年蒔きのサボテンの、発芽直後と今の比較です。
上2枚はメロカクタスの最高貴品?厳雲(Melocactus glaucescens HU219 Morro de Chapeu,Bra)。
端正でそれらしい姿になってきました。肌色も仄かに青みがかってきて、どうやら本物ぽい。
ぞろっと発芽したものが落ちもなく育ち、育てやすい種類。でも、花座まではあと7-8年かな?
下2枚は英冠(Echinomastus johnsonii fma Lau1543 Jagueyes,Chihuahua,Mexico)。
メインの産地とは離れたメキシコ・チワワ産で珍しい黄刺タイプ。こちらもたくさん発芽したのですが、
写真のように落ちがどんどん出て、今は10本くらいしか残っておらず・・・。数があると管理が疎かになるので、
かえってダメにしちゃいますね。メキシコ産とはいえ英冠、やはり難物です。



resize0585.jpg



最後の写真は、畳2枚ぶんくらいの面積を閉めている実生苗の寄せ鉢。いずれも実生3-4年苗。
つまり、3-4年前は存在しなかったか、あるいは存在しても9cm角鉢×10ケとか、そんなもん。
あっという間にこれだけでの面積を占有してしまいます。しかも地味サボばかりなので、業者さんに
引き取ってもらったら二束三文で大事にはしてもらえない。実生して何がいちばん大変って、やっぱり
場所の問題ですよね。


地味~なエントリー、最後までお付き合いいただき多謝。。




テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる