キリン接ぎの収穫。

キリンウチワに接いだサボテンを「収穫」しました。
げんこつサイズまで育って、それらしい顔になってきた穂木を、
台木を2~3cm残してジョキっとはさみで切り離し、1本ずつ植えます。



resize0505.jpg



実生1年くらいの苗を接いで、2年半ちょっと育てていますから、
これで種からは4年くらいということになります。なんだ、あまり大きくならないんだなぁ、と
言わないで下さい。名人がこのキリンウチワで接ぐと、1年くらいでこのサイズに到達します。
私の栽培環境とやり方では、この程度というだけ。キリンの本来の威力はこんなものではない。
方法は、プランターに並べて植えた台木の先っぽの方をカットして、5ミリくらいの接ぎ穂を乗せ、
棚下に放置するだけ。とくに湿度を保つ養生などもしなかったので、活着率5割くらいでした。



resize0522.jpg

resize0521.jpg



3年近く経ち、そろそろ台木が頭の重さを支えられなくなってきました。
神仙玉に太平丸、こいつらもそろそろ収穫しないといけない。
ごらんのように、台木のキリンには殆ど葉っぱが残っていません(葉が出ているのは脇芽)。
私の栽培場は冬場氷点下に冷え込むので、落葉してしまうのです。落葉すると生育ペースが
ガクッと落ちるので、威勢良く育ったのは実は最初の1年だけでした。
キリンは思いのほか寒さに強く、三角柱などは溶けてしまう環境なのですが、
茎は氷点下6度でも耐えてくれます。本当はビニール二重張りなどすれば、落葉も
防げるか知れません。

さて、台木をちょびっと残した穂木を1本ずつ植えてやると、なかなかどうして悪くない。
ちょっとした標本です。



resize0506.jpg

resize0507.jpg
               Echinomastus intertextus 'Minimus' VZD695,Santa Gertrudis, Chihuahua



刺が球体にしっかり沿う旧来タイプの桜丸。
(Echinomastus intertextus 'Minimus' VZD695,Santa Gertrudis, Chihuahua)
以前紹介しましたが、花もストライプが入る濃色で、テキサス型とは雰囲気が違います。
このサイズになっても刺が暴れてこない。籠を編んだようにミッシリと詰まった感じ。



resize0512.jpg
                 Eriosyce multicolorispina KVV1031 Agna del Toro,Mendosa



エリオシケ・ムルチコロリスピナ(Eriosyce multicolorispina KVV1031 Agna del Toro,Mendosa)。
旧ヒルホカクタス系のエリオシケは比較的ご機嫌がとりにくいですが、接ぎ木ならキリンの顔色だけ
うかがっていれば良いので気楽です。ちょっと瑞々し過ぎるかな?



resize0508.jpg

resize0509.jpg
               Coryphantha kracikii  KMR394 Ejido El Portento,Durango 'gold apine'



近年到来の強刺コリファンタ、クラシキー。
(Coryphantha kracikii KMR394 Ejido El Portento,Durango 'gold apine')
これは金刺タイプ、ということで蒔いたもの。焼きの入った金属みたいな渋いカラー。
同じロットのタネでもっと黒い刺も出ました。



resize0515.jpg
                Coryphantha tripugionacantha VCA098 El Chalihuey-Losmoros,Zacatecas



こちらも近年到来のコリファンタ。トリプギオナカンサ。
(Coryphantha tripugionacantha VCA098 El Chalihuey-Losmoros, Zacatecas)
コリファンタはキリンウチワ接ぎがあうようで、ムクムク膨らんで、肌艶も良いです。
下ろしたあと、萎まないとよいですが。

鉢土の中なので、見えませんが、短く残した台木からどんな感じで発根するのかは不明です。
切断面だけでなく、刺座からも根が出るそうですが、かなり短くカットしてあるので、どうか。



resize0510.jpg

resize0511.jpg
                  Pygmaeocereus bieblii   Rio Santa Valley,Ancash,Peru



目下最新の南米稀少種、ピグマエオケレウス・ビーブリ。
(Pygmaeocereus bieblii Rio Santa Valley,Ancash,Peru)
球体に密着する短いコルク質の刺。いかにも珍奇な佇まいのサボテンです。
ペディオカクタスの飛鳥や斑鳩をちょっと思い起こさせますが、ペルーの高地産。
正木では3cmくらいが最大なので、この株は既に巨大球。夜咲きの白花を続々咲かせています。
ただし、接ぎ木したので、本来備わるはずの塊根はありません。



resize0513.jpg
                 Eriosyce odieri ssp. monte-amargensis HJ 93 Chile



小型のエリオシケ、オディエリ・モンテアマルゲンシス。
(Eriosyce odieri ssp. monte-amargensis HJ 93 Chile)
本来成長が遅いタイプのサボテンは、キリンに接ぐとやたら子吹きする傾向があります。
この種も、単幹が基本なのですが、こんな感じの群生株に。ギリギリ不自然にならない範囲か。



resize0516.jpg
        Micranthocereus flaviflorus Koehres seed



こちらは、穂木が大きくなりすぎて倒伏してしまいました。
柱サボテンのミクラントケレウス・フラビフロルス。
(Micranthocereus flaviflorus Koehres seed)
もともと成長が早いものは、一層早く大きくなるようです。



resize0514.jpg
                 Echinocactus texensis VZD792 Palmillas, Zacatecas



接ぎ木する必要ないんじゃない?と言われそうですが、「剣峯」と呼ばれる型と期待している綾波。
(Echinocactus texensis VZD792 Palmillas, Zacatecas)
メキシコの南の方の猛烈な刺になるタイプとして蒔いてみたので、早く顔が見たかったのですが、
今のところ普通の綾波?こういう大型種は、下ろした後の成長がどうなのか気になるところ。
細い台木の茎から出ている根だけで、大きく育つ地上部とバランスがとれるのか、ということです。



resize0503.jpg

resize0519.jpg



こうしてずらっと並べてみると、なかなか壮観。ほかにもロビとコピアポアが写っています。
手先が不器用なので、正木一辺倒の栽培をしてきましたが、種から3~4年でここまで育つなら、
多少活着率が悪くても、やってみるもんです。
というわけで、今年もキリン接ぎ決行。成長旺盛な盛夏に台木を育成中。9月早々には、
今年蒔いた実生苗を乗っけてみるつもりです。




テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる