FC2ブログ

梅雨どきの思案。

長年サボテンとつきあってるせいか、梅雨は苦手です。じりじり地面を焦がす太陽が待ち遠しい。

さて、しばらくサボテンの話題から離れていたので、今回は綺麗な花でも載せようと思ったのですが、
毎日雨ばかり続いて、せっかくあがった蕾も咲ききらないまま萎れてしまい、よい写真が撮れません。
この時期には毎年、実生の話題を書くのだけど、休みがとれないのでひとつぶも蒔いていないし。
夜更けの内職みたいにして、ようやく名札の一部が完成したところです。



resize0304.jpg



もう10年以上、毎年色々なサボテンを蒔いているので、興味関心はどんどんマイナーな方向に行くか、
さもなければ原点に回帰していくか、ということになります。今年は、後者?ノトカクタスを色々と蒔く予定。
ラインアップはこんな感じです。

Notocactus graessneri HU_48 Jaquirana,
Notocactus haselbergii PR_273  雪晃 Rio Grande do Sul
Notocactus allosiphon FS_320 Santana do Livramento
Notocactus uebelmannianus WG_166 fleurs violettes Corredor Collares すみれ丸
Notocactus uebelmannianus v.pleiocephalus fa.gilviflorus FS_243 Torinhas
Notocactus turbinatus fa. schaeferianus H_66 Montevideo/Uruguay

サボテンをはじめたばかりの頃、「雪晃」の白い刺と朱色の花を飽かず眺めていました。
「すみれ丸」も、艶々した肌に映える濃ピンクの花に、サボテンってこんな豪華な花が咲くんだ、
と嘆息した記憶があります。どちらも近所の花屋さんで買ったもので、大切にしていたつもりなのに、
いつか消えていました。この2種などは、いま見ても大変鑑賞価値が高い植物だと思いますが、
どうも花屋さんで売られているサボテンはマニアや専門業者からは粗末に扱われがち。
今回は、これらの種の自生地データのついた種を手に入れることが出来たので、もういちど
丹精しようという訳です。それにしても、欧州には今もこういうサボテンの自生地を訪ねる人がいて、
細かく種を扱う業者さんもあるのです。審美基準がいつのまにか価格基準で上書きされがちな
日本の仙界にくらべると、園芸文化の多様性というか、奥行きの深さを感じますね。

さて、蒔いてもいない植物の話ばかりだと絵にならないので、去年、一昨年あたりに実生した
サボテンたちのその後をご紹介します。



resize0330.jpg
                    Toumeya papyracantha RP50 Navajo Co,AZ 1year
resize0320.jpg
                  Sclerocactus mesae-verdae SB1010 San Juan Co. New Mexico 1year
resize0323.jpg
                   S.parviflorus ssp.contortus RP29 San Juan County,Ut 1year
resize0312.jpg
                    S.polyancistrus M1238.3 S Tonapah, Nv 4years


スクレロカクタスはとにかく発芽率が低い。なので、こうして発芽して1年育てた苗は大変貴重に感じます。
月の童子(Toumeya papyracantha RP50 Navajo Co,AZ)。実生1年目はやや甘やかして
育てるのでヒョロヒョロ。径5mm、高さ3cmといったところ。でも、既にそれらしい姿になってきて、
次の冬に断水すれば丈はぐっと縮んで刺も詰まった感じになるはず。花も来年には咲くでしょう。
2枚目は月想曲(Sclerocactus mesae-verdae SB1010 San Juan Co. New Mexico)。
この先、種子の入手が難しくなりそうなので、大切に開花株まで育てたいもの。花が咲くまであと5-6年
かかりますが、こちらもヒョロヒョロ感の方は来年くらいには直ってきます。スクレロの実生は野生株も
最初は丈が伸びます。そもそも酷暑極寒期に草陰や石くれの下に縮みこんで隠れる仕組みなのです。
発芽成績良好なのは彩虹山コントルタス(S.parviflorus ssp.contortus RP29 San Juan Co.,UT)。
彩虹山や白紅山などの大型のスクレロは、実生数年は順調でも、最終的に姿のよい標本株にはなかなか
育ってくれない植物です。実生4-5年くらいはまでは具合良く行っても、その後は丈が伸びたり形崩れしたり。
一番下、白紅山(S.polyancistrus M1238.3 S Tonapah,Nv)の実生4年苗。比較的育てやすい
産地タイプで、このサイズまでは割と順調に育ってくれる。ですが、ここから先、開花標本株まで持っていくのは
至難、というのが私の経験です。



resize0327.jpg
               Echinomastus intertextus "dasyacanthus" KY0111 Manzano Mt.NM 1year
resize0307.jpg
                    E.intertextus "intertextus" VZD695 3years
resize0326.jpg
                   E.johnsonii ssp.lutescens Wickenburg, AZ 1year


同じ難物サボでも、エキノマスタスは種の発芽率がきわめてよい植物。新しい種ならほぼ100%発芽します。
ギッシリ過密状態の英丸(Echinomastus intertextus "dasyacanthus" KY0111 Manzano Mt.NM)は、
自分のうちで採取した種を翌年に蒔いたもので、取り蒔きの成果絶大。でも、いくらなんでも蒔きすぎですね。
コロニーは違いますが、2枚目の写真も桜丸(E.intertextus VZD695)。3年生でこのくらいのサイズに
育ちます。この頃までは育てるのは難しくない。ここから先、しだいに気難しくなってきます。
下の黄花英冠(E.johnsonii ssp.lutescens Wickenburg,AZ)は、20粒蒔いて、ほぼ全発芽。
数が足りないのは、枯らしてしまったぶん。余談ですが、このロカリティの英冠は、近縁の紅簾玉との中間的な
特徴を持っているところが面白い。典型的な英冠とは、幼苗の雰囲気も違っています。これらも、実生3-4年までは
そんなに難しくないのですが、大きくなればなるほどつきあいにくくなっていきます。



resize0310.jpg
              Echinocactus polycephalus ssp.polycephalus SNL91 Las Vegas,Nv 5years          resize0309.jpg
               Echinocactus polycephalus ssp.xeranthemoides Marble Canyon AZ 1.5year
resize0329.jpg
                    Echinocactus horizonthalonius Tula small form 1.5year


上の2鉢は同じ種のサボテンの実生1年半の苗と5年苗。経た歳月はかなりひらきがあるのに、あまり大きさの
違いがありません。
前者は大竜冠(Echinocactus polycephalus ssp.polycephalus SNL91 Las Vegas,Nv)。
後者は竜女冠(Echinocactus polycephalus ssp.xeranthemoides Marble Canyon AZ)です。
基本種の大竜冠は、カリフォルニアやネバダのきわめて乾燥した灼熱の沙漠に生えています。
一方の竜女冠は、アリゾナの比較的標高の高い場所に分布しています。冬場はそれなりに冷え込むところ。
自生地の大株を見ると、前者は豪壮な印象で、後者はその名の通りやや女性的な雰囲気がありますが、
そうは違いません。ただ、種からの育てやすさには歴然とした違いがあります。
大竜冠は、すべてのサボテンの中でも最も成長遅鈍で、かつ栽培も難しいのに対して、竜女冠の方は
生長期間も長く、比較的順調に育ってくれます。太平丸と同じくらいのペースと考えればよく、10年も待てば、
1本植えで鑑賞にたえる姿に育ってくれるでしょう。
ちなみに下の写真は実生1年生の太平丸(Echinocactus horizonthalonius Tula small form)。



resize0336.jpg
                    Astrophytum asterias 2.5years
resize0339.jpg
                    Gymnocalycium denudatum & paraguayense 2.5years
resize0338.jpg
                Ferocactus johnstonianus L1214 Isla Angel de la Guarda 4.5years


最後は、無節操に過去の実生産物をならべて見ました。そう。うちにも兜はあるんです。こんな艶肌のギムノも
実は大好き。フェロ・ジョンストンの実生開花は、究極の目標のひとつですね。

とはいえ、今年はいつ種まき作業に着手できるのか。
梅雨どきは、最高温度もあがらなくて発芽しにくいし、カビも生えやすいし、つまりはあまり良いことがない。
ならば、真夏に夕立ちまかせで露地蒔きするのがよいか、それとも秋を待つべきか・・・などと窓の雨を眺めつつの思案。

皆さんのところでは、すでに可愛い実生苗が小さな刺をのばしはじめている頃でしょうか。




テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる