やっと蒔いた。

えー、今週は更新お休みです。
というか、やっと種蒔きしました。梅雨の中休みだかなんだかと、私の休みがたまたま重なったので、
えいやで実生しちゃった。ので、そのことだけちょこっと書いておきます。



resize0385.jpg



おなじみ9cm角鉢を約90ヶ、12cm角鉢を14ヶ。名札をコツコツと書きためておいたので、
午後から4時間くらい、一気呵成にどわーっと処理。
いつもおまじない的にやっている熱湯かけもパス。あとで消毒すりゃ一緒だろ、てな感じで。
土もホムセンの野菜用「種まき名人」オンリーのつもりだったけど、これが安いだけあって
ピートにパーライトが少し混ぜてあるだけ。激しく目づまりして水はけ悪いんだよなぁ。
で、慌てて芝目土を足してみる。これで30分のロスだ!急げ、日が暮れる。



resize0381.jpg
                    Acanthosicyos horridusresize0382.jpg
                    Austrocylindropuntia floccosa
resize0383.jpg
                    Aloe pillansii                    


蒔いたのは、前のエントリーで書いたノトカクタス色々に、一緒に買ったコピアポアなど。
あとは自分ちで採取したもろもろの種。今回はパキポのブレビカウレとか、プセウドリトスとか、
気温が高い季節に元気がよくなるものを中心に。あと、実生がたのしい牡丹類も。
変わったところではカラタチウリ(Acanthosicyos horridus)。カボチャの種みたいです。
多年草?1年草?そもそも鉢植えで実がなるのか?そうしたことも含めて、結構楽しみ。
どなたか育てたことがある人、います?え、そんな面白いもんじゃないって?
頂き物の貴重なアウストロキリンドロプンチア・フロッコサ(Austrocylindropuntia floccosa)。
アンデス高地産ですが、花~成長期は5月下旬~秋。ドイツの某テフロ名人は、この種は7-8月に蒔け、
ということなので、あえてこの時期にあえてチャレンジしてみた。
そして、本当にホンモノだろうか?発芽するんだろうか?アロエ・ピランシー(Aloe pillansii)。



resize0384.jpg



蒔き終わったら、ホーマイ1000倍液をたっぷり灌水して(これはカビ&コケをよく防ぐけれど、
濃度と植物の種類によっては発芽苗がいじけたり薬害も出る。たとえばEscobaria viviparaなどは
とても弱い)、特大衣装ケースにならべて、温室内に安置。蓋は1/10くらいズラして、煮えないように。
最後に50%の遮光ネットかぶせて、完了。デロデロ、デーロデロ(呪文)。

この時期の実生は、なかなか難しい。雨が続くと案外温度があがらないし、黴びも出やすくなる。
今年蒔こうと思って用意した種、それ以前からの持ち越しの種が、まだ同じくらい残っていますが、
まあ半分でも6月のうちに蒔けたから良しとしましょう。ここ20年くらい、種蒔きしなかった年はなかったので、
ずっと落ち着かった。今はなんだか納税義務でも果たした気分。お粗末でした。。




テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる