FC2ブログ

オプンチア・フラギリス


いわゆるシャモジ型のうちわサボテン、数多あるなかでどれか選んで育てるなら・・・と問われたら、
真っ先にあげたくなる種類がふたつあって、そのひとつがバシラリス(Opuntia basilaris )。
そしてもう一方が、このフラギリス(Opuntia fragilis)です。
前者は青肌短刺に濃ピンク花の素晴らしい植物ですが、栽培がやや難しいところがあります。
対して、このフラギリスは大変丈夫で花つきも抜群です。しかもコンパクトで場所をとらない。
なんといっても見て下さい、この豪華な花!これで、野生手つかずの原種ですよ。



resize0208.jpg

resize0203.jpg



フラギリスは純然たるオプンチアですが、その茎節は2-3cmくらいと小さく、シャモジやウチワというより
豆とかウズラの卵といった様子です。また茎節は簡単に脱落するので、学名もそこから来ています。
刺は長短いろいろありますが、用心深く扱わないと痛い思いをするのはこの仲間の他種と同様。
地面に平伏するように育ち、丈高くは育たない。大半のオプンチアがそこそこ大株にならないと咲かないのに
対して、この種は4-5寸鉢くらいで群開するので、圧倒的に扱いやすいです。植え替えなどもそれほど苦に
なりません。ちなみに、オプンチアの植え替えには革手袋(ホムセンで売ってる、300円くらいのでじゅうぶん)が
チクチクが刺さらず、具合良し。



resize0202.jpg

resize0209.jpg
                    Opuntia fragilis SB1423 Nebraska,USA



フラギリスはアメリカ中西部からカナダ・アルバータ州の北緯58度!までの極めて広い範囲に分布しています。
上の写真の個体は SB1423 というフィールドデータのついた植物で、米・ネブラスカ州(Nebraska)産。
ネブラスカとか言われても、スプリングスティーンの唄くらいしか思い浮かばない寒そうな処ですが、
サボテンも生えてるんですね。あときっと北極丸(Escobaria vivipara)も近くにあるでしょう。
とにかく寒さに強いのが特徴で、氷点下20度くらいへっちゃら。おそらく北海道でも露地で越冬するのでは
ないかな。厳寒期に露地に放置すると、寒さで縮こまり色つやも極端に悪くなりますが、それが本来の冬の姿。
とにかく北米の広い範囲に生えている、まあ雑草みたいなサボテンなのでタイプ差もさまざまで、近縁他種との
交雑も多く見られます。



resize0213.jpg


resize0219.jpg


resize0216.jpg

resize0195.jpg

resize0194.jpg
               Opuntia fragilis in habitat, N of Bicknell, Wayne County, Utah



上の写真は米ユタ州中部の高原地帯にあるコロニーです。同じ場所に月華玉(Pediocactus simpsonii)も。
ここでは、近縁のポリアカンサ(Opuntia polyacantha)と一緒に生えており、様々な顔つきの交雑種が
混生しています。殆ど刺のないコロコロした茎節の、ほぼフラギリスそのものと思われる個体から、
平べったい茎節に長い刺を密生させたポリアカンサっぽいものまで、ごちゃまぜです。さすがにこの種のタイプ違いを
コレクションする人はいないだろうけど、自生地で顔を見比べるのは面白いです。ここでは、茎節や刺姿は
実に様々なのに、どれも同じ様な黄色花を咲かせていました。



resize0196.jpg

resize0198_20130501022406.jpg

resize0200_20130501023035.jpg
                    Opuntia fragilis cv."Freiberg"



フラギリス、日本では推定栽培者数は下手するとヒト桁くらいしかいないかも知れませんが、欧米では
耐寒サボテン(Cold Hardy Cactus)として一定のファンがいます。寒さに強いので、屋外のロックガーデンなどで
育てる人も多いのですね。それで、美花作出を目的として、さまざまな園芸改良種も作られています。
上の写真はそのひとつ、赤花のフラギリス“cv.Freiberg”。なにかの血が混じっているかも知れませんが、
刺の短い丸々した茎節と、豪華な赤花は見ごたえがあります。日本ではなかなか手に入らないですが、
ウーリヒなどはいろいろ扱っていますね。



resize0207.jpg



最後に栽培について。とにかく丈夫で、枯れる心配、腐る心配はあまりしないのですが、花をよく咲かせる
ためには、冬に寒さにあてつつ、春先の成長初期にたっぷり水をやり元気良くスタートダッシュさせること。
私は冬場は雨のあたる屋外に放りっぱなしにしています。そのまま露地で春を迎えても花は咲きますが、
春先の急な温度上昇が出蕾のカギなので、2月下旬にハウスに取り込むというのが効果的です。
テフロカクタスなどと違って、早くに水をやると花芽が茎節に変わってしまう、ということはあまりなく、
勢いをつけてやることのほうが肝心なようです。耐寒性バツグンで、花サボとしてもなかなかゴージャスな
フラギリス。鉢植え庭植えに是非おひとつ、如何でしょう?




テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる