早春のスケッチ。


山田太一のドラマではありません。
でも、いまの季節の、寒さがなんとなく緩んでくる感じ、好きなんだな。
というか、多分に思いこみかも知れないんだけど、春の気配を仄かに含んで、ツンと頬にささる冷気がいい。
なんだけど、年度末が近づいてバタバタ忙しく、あまり自分の時間がとれずに過ごしています。
なわけで、今回は栽培場で咲いていた花の簡単なスナップ。



IMG_1162S.jpg

IMG_1163S.jpg
                  Uebelmannia pectinifera ssp.flavispina HU361


ユーベルマニア・フラビスピナ
(Uebelmannia pectinifera ssp.flavispina HU361 W Diamantina 1280m)。
熱帯ブラジル産のサボテンですが、なぜか氷点下まで冷え込む栽培場でも元気です。
新刺を出して、花も咲かせています。やや標高の高い場所に生えているからかも知れませんが、
同じエリアのディスコカクタスや、ピロソケレウスは、かなり辛そうな顔をして寒さに耐えています。
この種類は、一度こじらせるとなかなか立ち直らず厄介ですが、弱酸性の用土で一年中湿り気を
切らさないように育てると割と順調です。
最近見つかった美しいバリアント、エリオカクトイデス('eriocactoides')は、
フラビスピナの刺が長いタイプかな、と思います。綺麗ですが、まだ種が売られているのをみかけませんね。



IMG_1177S.jpg

IMG_1174S.jpg
                  Eriosyce clavata ssp.clavata 'grandiflora' KK100


続いては冬の定番中の定番、ネオポルテリア。この仲間は年末から早春にかけて咲き続けています。
いまはエリオシケ属に編入されていますが、昔ふうのネオポル、という響きがなんだか馴染みますね。
蝋のような光沢のある独特の花は、サボテンの花としては比較的長持ちで、1週間くらいは萎れません。
写真はクラバータ・グランディフロラ
(Eriosyce clavata ssp.clavata 'grandiflora' KK100 Islon,Chile,300m=暗黒王)。
おっきい花、と名前がついていますが、この個体について言えば花がとくに大きいわけではない。
ペルーのカールナイツさんから小苗で来た株ですが、10年くらい経ったのにほとんど成長してません。
ただ、なんとなく「古い」感じの、風格みたいなものは備わってきましたね。



IMG_0501S.jpg

IMG_5031S.jpg
                  Mammillaria sanchez-mejoradae


最後は冬マミです(夏マミってのがあるかは不明)。
サンチェス・メホラダエ(Mammillaria sanchez-mejoradae San Rafael,NuevoLeón,México)。
小さくて、白くてふわっとしたお菓子のような可愛らしいサボテンです。刺もまったく痛くありません。
最近の発見種(といっても20年くらい前)で、自生地は狭い範囲に限られているため個体数は極く少ない。
この頃は種や苗も出回るようになりましたが、当初は種を手に入れるのも困難な稀少種でした。
刺の雰囲気から、白子法師(Mammillaria solisioides)に近いもののように言われますが、
実際の植物は姫玉(Mammillaria lasiacantha)に近い印象です。
ただ、刺の生え方、羽毛のような感じなどは独特。写真の株は種から十年くらい育てていますが、
まだ数センチくらいにしかなりません。でも、これはあまり大きくせず、数頭くらいの群生を小鉢に植えて楽しむのが粋かな。
手にとって、顔を近づけて、その精密な刺や、花の微妙な色具合を眺めれば、早春の気配が感じられます。



テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる