FC2ブログ

龍が棲む山。



IMG_1448S.jpg
              Echinocactus polycephalus Habitat above Death Valley(alt.700m), California


せっかくお正月なので、縁起の良さそうなサボテンに登場してもらいましょう。

エキノカクタス・大竜冠(=大龍冠 Echinocactus polycephalus)。
すべてのサボテンのなかでも、その美しさ、野性味、存在感・・・まさに頂点に立つ植物です。
ただし、そこは龍。人馴れしない気高さを持ち、我々の栽培棚に易々と鎮座してくれることはありません。
大粒で頑丈な種は発芽率が極く低く、よしんば芽が出ても落ちが多い。さらにその後もずば抜けて成長遅鈍で、
3、4寸鉢サイズまで育つのに10年を要する。野生株の豪壮な巨躯を温室で実現するのはほぼ不可能です。
運良く見頃のサイズの輸入株を手に出来ても、刺色は褪せやすく・・・到着時の美しさを維持するのは至難。
難物もここに極まれりといった植物なのです。



IMG_1435S.jpg

IMG_1412S.jpg



その龍たちが無数に棲みついている自生地の岩山を、数年前に訪ねました。遠景まで点々と、
巨大な大竜冠の群生株が写っているのがわかると思います。まさに見渡す限り、といった感じでした。
この場所はアメリカ西部、世界で最も暑く過酷な沙漠、デスヴァレー。といっても地の底のような
海抜下の塩だらけの平原にはおよそ植物の姿はなく、そこから這い出るようにハイウェイを登っていくと、
風景は灼けた岩がゴロゴロと転がる山岳地帯にかわってゆきます。標高700mくらいに達したあたり一帯が、
大竜冠のコロニーです。ここには、小さな実生小苗から、メートル級の巨大群生株まで、健康な個体が
高密度に生えています。私は過去に十指に余るこの種の自生地を見てきましたが、なかでも最も美しい
個体が揃った、素晴らしい群落でした。折しも5月の最成長期とあって、新刺の色鮮やかなこと!



IMG_1409S.jpg

IMG_1443S.jpg

IMG_1419S.jpg



刺のタイプは丸刺、ヘラ状の刺、直刺からうねるタイプまで様々な型が同居していて興味深い。
大竜冠はとても自生範囲の広い植物で、アメリカ南西部各州~メキシコ北西部の広い範囲に分布しています。
アリゾナ北部に分布するタイプは、より刺が繊細で黄金色の美しいタイプも稀に含まれていて、亜種の
竜女冠(Ecc.polycephalus ssp.xeranthemoides)として扱われています。こちらの方がやや栽培し易い。
大竜冠は概ね岩がゴロゴロしている山や緩斜面などに生えており、一緒に生えているサボテンとしては、
鯱頭(Ferocactus cylindraceus)やオプンチアのバシラリス(Opuntia basilaris)が定番です。
場所により英冠(Echinomastus johnsonii)や白紅山(Sclerocactus polyancistrus )と
同居していることもあります。この山では他にバシラリスが生えていましたが、乾燥で茎節の傷みが酷かった。
なのに大竜冠はどれもふっくら吸水していて、この灼けるように暑い岩山でご機嫌に暮らしている様子でした。



IMG_1445S.jpg

IMG_1734S.jpg



上の写真はまだとても若い株。まるで鯱頭のような鮮紅色の刺です。栽培下の個体よりも勢いがある感じで、
刺の出具合からして自生地では我々の温室よりも早いペースで成長するようにも思えます。
種を蒔いて数年でこのくらいに育ってくれれば理想的ですが、そう上手くはいかない。
この時のこの場所、5月上旬のお午を回った時間帯。気温は摂氏で35度足らずでしたが、体感的にはもっと
厳しい暑さで、1時間も歩き回っていると頭がボーっとしてきます。黒っぽい岩肌は熱くなっていました。
一方で蒸し暑さはなく、標高もそこそこ高いので、夜は一気に冷え込んで寒いくらいになるのでしょう。
日本の温室でも5月頃に短い成長期を迎えますが、夜温を下げられれば真夏でも育つのではないかと思いました。



IMG_1436S.jpg

IMG_1428S.jpg



美しい若苗はもちろん、この山には巨大な多頭(polycephalus)の龍たちも群れをなしています。
最大のものは群生の径が1.5mくらい。他の植物が殆ど生えていない過酷な場所ですが、この山の個体は
巨大株でも傷み少なく健康そのもの。刺色は成長につれ薄くなるようで、巨大株は黄刺に近い個体も
目立ち、柱状に立ち上がった株も。このあたり同じ強刺サボテンの鯱頭にも同様の傾向がありますね。
見頃は1~2尺くらいの若い群生株で、燃えるように赤い刺をうねらせる姿は、絶句する見事さです。
栽培下では成長が遅く否応なく「超硬作り」になってしまうのですが、出来るだけ勢い良く健康に育てることが、
この難物の美しさを引き出すポイントのように思えます。そのための環境をどうしたら作れるか・・・ですが。



IMG_0711S.jpg
                    Echinocactus polycephalus 10years from seed


最後の一葉は、我が家の実生、大竜冠(写真がほぼ実物大)。
およそ龍の棲み処には相応しくない、都会のバス通りに面したガラス室で生まれ育って、かれこれ10年。
灼熱の岩山で猛る大龍たちには及ばずとも、騒がず動ぜず、じっくり新刺をのばしてくれれば良しとしましょう。



テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。
著書「珍奇植物 ビザールプランツと生きる(日本文芸社)」

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる