バンコク花市。


夏休みに、家族接待がてら、弾丸ツアーでタイまで出かけました。
仕事以外でサボテンの生えていない国に旅するのは久しぶりでしたが、なんのことはない、
やっぱり植物を見ている時間が長かったです。



IMG_7645SS_20120920103940.jpg
                   Chatuchak flower market


バンコクについた初日が水曜。有名なウィークエンドイマーケットが開かれるエリアで、花市がひらかれる日です。
ヂャトヂャックのウィークエンドマーケット(Chatuchak)は、その名の通り週末に開かれ、衣類生活雑貨
その他膨大な品物が商われる巨大縁日のようなものですが、平日の水・木には、メインのマーケットの空き地を使って
花市が開かれるのです。



IMG_7585SS.jpg

IMG_7578SS.jpg

IMG_7589SS.jpg

IMG_7640SS.jpg

IMG_7586S.jpg



狭い道路沿いにところ狭しと鉢が並べられ、その隙間をヒトと車がせわしく行き交うようすは、
まさにアジアのマーケットという風情。そこで売られている植物は実にさまざま。色とりどりの花鉢や
観葉植物がずらり。熱帯スイレンにソテツ類、ブロメリアなど、熱帯ならではの植物が目を惹きます。



IMG_7663S.jpg

IMG_7581SS.jpg

IMG_7679S.jpg



山採りのランやビカクシダなどがぞんざいに山積みされていたり、果実のサンプルを吊したバナナ苗の専門店も。
これほど多種多様な園芸植物が一カ所でみられる場所は日本には存在しないでしょう。2日でも3日でも
楽しめそうな場所ですが、今回は数時間でわーっと見て回り、気になったものをスナップしてきました。



IMG_7688SS.jpg

IMG_7588SS.jpg



このマーケットに限らず、どこでも目につくのがこちら、アデニウム(Adenium)です。キョウチクトウ科のコーデックスでは、
日本では塊茎の芸に幅があり、寒さにもやや強いパキポディウム(Pachypodium)が人気ですが、タイでは
塊茎部分を丸々と盆栽的に作ったアデニウム(これはすでに日本にも随分入ってきていますね)のほか、
花改良がとても盛んです。寒さに弱いかわりに、暑い季節にはとても元気な植物で、花も長く咲き続けうので、
常夏のタイにぴったりなのでしょう。色変わりに段咲き、葉変わりに斑入りと、続々新しい園芸種が生み出されています。



IMG_7682SS.jpg

IMG_7684SS.jpg

IMG_7685SS.jpg



もうひとつ、タイで特に人気があるのがサンスベリア(Sansevieria)です。アガベの仲間ですが、やや寒さに弱いので、
日本の無加温室での栽培には注意が必要ですが、様々の形をとって展開する重厚感のある濃緑の葉は、サボテン好き、
多肉好きにも強く訴えてくるものがあります。葉幅が広く、ダルマ型の詰まった感じのものはやっぱり人気のようで、
それに斑入りが加わるとビックリするようなお値段になります。真ん中の写真、Sansevieria mafinga の斑入り株、
35000バーツ、の値札が見えるでしょうか。その下のピングイクラ(S.pinguicula.)でしょうか?
この極上の斑まわりの株は、もっと高かったかと思います。飛びきりの個体には大枚をはたいて惜しまない、という
園芸熱の高さを感じました。
にしても、洋の東西を問わず、斑入り植物の世界は経済的に敷居が高いですね(汗)。



IMG_7664SS.jpg

IMG_7656SS.jpg



こちらは「お芋屋さん」。
家内は「これ食べられるの?」と真顔で聞いていましたが、実際に薬用植物として売られています。
ズラリと並んだショウガの仲間の塊茎など、実に魅力的でしょう?どんな葉っぱが出るんだろう?
どんな花が咲くんだろう?と好奇心が膨らむばかりです。
私には食欲のツボにではなく、サボ欲のツボに訴えてきましたね。



IMG_7673SS.jpg

IMG_7676SS.jpg



圧巻だったのがこれです。なんだか分かりますか?
タイなど東南アジア原産の塊茎インパチェンス、ミラビリス(Impatiens mirabilis)の斑入り。
実は、この植物の自生地を見たい、と言うのもタイを旅先に選んだ理由のひとつでした。
この個体はおそらく山採りの株でしょうから、まさに一点モノということになります。
私は斑入り植物に特段のこだわりを持つ方ではありませんが、緑色の岩石のような迫力ある
巨大コーデックスとの対比もあいまって、純白の斑色が目に焼きつきました。
アジア原産のこれら塊茎インパチェンス自体がまだまだ珍品で、日本での流通も少ないものですし、
そのまた斑入りとなると、大変な貴重品です。挿し木で増やすことは出来そうですが、この塊茎の迫力は
再現困難でしょう。こころみに値段を聞いてみましたが、売り物ではない、とのことでにべもない。
タイも日本同様、極上の観賞植物には凄い値段がつきます。この塊茎インパも、野球とサッカーが
同時に出来るくらいの人数の諭吉さんを揃えない限り落掌不可でしょうね(ため息)。



IMG_7651SS.jpg

IMG_7652SS.jpg



と、2時間ほども歩き回ると、猛暑の東京で慣らしてきたはずの身体もグッタリ。本場の暑さは違います。
マーケットにはところどころジューススタンドが出ていて、このザクロの生絞りジュースで、生き返った心地がしました。

次回は、この市場と、市内の専門園で会ったサボテンたちをご紹介しようと思います。



テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる