FC2ブログ

パキポディウムを野育ちさせる。

やっぱり今年も猛暑でしたね。
というか、いまやこれがあたりまえの日本の夏になったのかも知れません。
人間のほうはうだる炎熱にはなかなか慣れませんでしたが、植物のほうは多少慣れてきたのか、おおむね元気。
そしてこの暑さのなか、とりわけ元気だったのがキョウチクトウ科の多肉植物、パキポディウム(Pachypodium)。
今夏は晴天日が多かったので、葉色も青々艶々と、熱帯の木らしい魅力を放っています。



IMG_6239S.jpg
                  Pachypodium baronii ssp.windsorii grown from seed



ところでこのパキポディウム、最近は原産地のマダガスカルから立派な株が次々輸入されています。
自生地では稀少植物として長年保護の対象になっていたため、入荷がない状態が長年続いていたのですが、
現地の政情の変化などもあり、目を見張るような巨大なグラキリス(P.rosulatum ssp.gracilius 象牙宮)や
恵比寿笑い(P.brevicaule)が続々と入ってくるようになりました。
これらはたしかに魅力的で、私にところにも、数年前、輸入が再開された当初に勇んで買い入れた
ブレビカウレがあります。しかし最近のように、マザープラントと呼ぶべき巨大株から、幼苗・若苗まで含めて、
あまりにも数多く入荷してくるのを見ると、いったい自生地はどんなことになってしまっているんだろう・・・と
いくらか心が暗くなるような・・・。自分もそれに多少与してしまったのですから、なおさらですね。


パキポの輸入株が人気なのは、
・実生からでは簡単に育たない、時間がかかり過ぎる
・細長くなってしまい、立派な壺型、扁平な塊茎に仕上がらない
という印象があるからだと思います。実際、私も十年くらい前までは、そう思っていました。
ところが、本当のところはそうでもない。種からの国内栽培でも、じゅうぶん立派な標本株が作れるのです。
以下、まだその途上ではありますが、パキポディウムを野育ちさせる試行をご紹介します。



IMG_7528S.jpg

IMG_7529S.jpg
                   fruit and seeds of Pachypodium densiflorum



パキポディウムの果実は、こんな感じ。サヤのなかには羽毛をまとった籾のような種が入っています。
上の写真はデンシフロラム(P.densiflorum)のものですが、ブレビカウレなどの種は、もっと小さい。
とても軽くてシイナのように見えますが、新しい種は発芽率の高いものです。業者で売られているものも、
よほど古いものでなければ、そこそこ発芽します。海外業者のリストには、だいたい毎年載っていますが、
我が家のパキポも大半が輸入種子から育てた株です。
実生の方法はサボテンと同じで、発芽にはある程度の高温が必要。幼苗は水を切らさぬように管理し、
秋に休眠入りする前に出来るだけ大きく育てます。パキポの実生では、最も気をつかうのは最初の冬越しで、
出来れば5-10度を保てる場所、屋内の窓辺などで管理して、シワシワになったら軽く水を与えてやれればベター。
氷点下になるような場所では、水やりは厳禁。しかし、乾かし過ぎると萎びて復活しないことがあります。
その後の栽培ではポイントはひとつだけ。成長期である夏場に屋外で栽培することです。



IMG_3613S.jpg

IMG_3602S.jpg
                 P.rosulatum ssp.gracilius, 7-8years from seed



このグラキリスは、実生から7-8年育てたもの。トックリ状の塊茎や茎の詰まり具合など、昨今入っている
輸入球と比べても、あまり遜色ないと思いませんか?毎年、4月下旬~9月いっぱい、屋外で陽晒し雨晒しで
育てるだけで、このフォルムが得られます。しかし、同じ苗をガラス室やハウスで育てると、茎が長く伸び、
塊茎も丸々とはしてきません。驚くほど違いがあります。国内実生苗が、業者のリストなどにも掲載されますが、
大半はハウス栽培株で、のっそりと間のびして野生株とは異なる姿をしています。輸入球が渇望されてきた所以です。
陽光なのか、風なのか、理由はハッキリわかりませんが、露天とハウス(ガラス室)での違いは明白で、
この傾向は、象牙宮だけでなく、大半のマダガスカル産パキポディウムにあてはまります。



IMG_6068S.jpg

IMG_7545S.jpg
                 P.brevicaule 2years seedling and mature plant



こちらも人気のあるブレビカウレ。上は実生から丸2年経った幼苗。つまり蒔いて3年目には開花します。
そして、このサイズまで育てばあとは難しいことはあまりない。夏場は屋外に放置して、鍛える。
下の写真、3株のブレビカウレのなかには我が塊根の・・・いや、悔恨の輸入株が混じっています。
大きさでわかるかも知れませんが、右上が輸入株で、すでに5年以上育てています。ほかの2本は、
実生7-8年の株。葉っぱが茂っているのでわかりにくいですが、植物体そのものは、大きさ以外殆んど
変わりなく、扁平な姿です。いずれも夏場は屋外で育てている株ですが、もしガラス室で育てると、茎が
立ち上がってきてショウガのような、芽点が尖った姿に育ちます。ぺったんこの輸入球も長年温室内栽培を
続けていれば、やがてだらしない姿になりがちです。屋外栽培には、むろんリスクもあります。
梅雨もそうですが、成長期終盤、秋の長雨が苦手です。この時期、まれに腐る株も出ます。とくにブレビカウレは
要注意で、ある程度のサイズの株は、秋早めに温室に取り込み、水を切って休眠させるのが安全。もっとも
温室内でも腐ることはありますから、屋外栽培のリスクが特に高いとは思いませんが。



IMG_6236S.jpg

IMG_6231S.jpg
                  P.baronii ssp.windsorii, 7-8years from seed



そして、いちばん栽培の難しいとされるバロニー・ウインゾリ(P.baronii ssp.windsorii)も、露天栽培で
トックリ状の良い姿に育っています。この種は夏場の屋外栽培のリスクは少なく、むしろ冬場の断水休眠中に
ダメになることがあります。寒さには特に弱いので、最低温度で摂氏10度くらいを保てればベターです。
ちなみに、パキポディウムは人工授粉、結実が難しい植物ですが、屋外に放置栽培すると、結実する確率が
かなり上がります。授粉者の昆虫が自由に飛来するから?と思われますが、ひと株でも結実して発芽可能な
種子が稔ります。



IMG_3621S_20120814230957.jpg
            P.rosulatum ssp.gracilius with fat and rounded caudex, 'field-grown' from seed



サボテン・多肉植物に限らず、園芸の世界では野生株の保護などを口にすると、嫌われるところがあります。
原産地から輸入された植物たちの輝くような魅力が、趣味にひろがりと深みをもたらしてきたことも確かですし、
種から育てる園芸植物であっても、そもそもはすべて野生由来なのですから、山採りを否定するつもりはありません。
一方で、植物を人一倍愛する人たちが、愛する植物たちの自生地を自ら損い、それに目を背けるのだとしたら、
とても残念なことでもあります。
マダガスカルの陽光降りそそぐ岩山に、銀色のパキポディウムの塊茎がいつまでも輝くように・・・せっかくの輸入株が
種をつけた時には、ぜひ実生からの次代育成を試みて欲しい、そう思ってこの稿を書きました。



テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる