FC2ブログ

誰が天狼を殺したか?(後篇)

(前回エントリーから続く)

ユタ州内には、いまのところ2か所しかない、と言われている天狼(Sclerocactus sileri)の自生地。
そのひとつを訪ねた私の目の前にひろがっていたのは、衝撃的な光景でした。密度の高いコロニーなのに、
見つかるのは枯死した天狼ばかりなのです。



IMG_1040S.jpg

IMG_1026S_20120702085539.jpg
                  Habitat of Pediocactus sileri in Utah


いったい何故こんなことが起きたのか?過酷な乾燥が原因か、それとも、致命的な寒波に見舞われたのか?
サボテンの自生地では、とくにスクレロの白紅山など、死んだ株がたくさん混じっているコロニーをしばしば見かけます。
しかし、それにしてもここは酷すぎる。なにしろ数十株の枯れた株があるのに、生きていそうな株は小さな若苗さえも
およそ見あたらないのです。ほぼ全滅。いったい天狼に何が起こったのか?誰が天狼を殺したのか・・・?

ひと株でいいから、元気な個体を写真に収めて帰りたい・・・諦めきれず、探索を続けること1時間あまり。
やっと見つけた6、7cmの若苗。荒々しい刺の隙間から、緑の地肌が覗いています。間違いない、この株は生きてる!



IMG_0984S.jpg



写真を撮ろうと、目線を下げて植物に向き合う。
・・・でも、なにか変なのです。植物体が浮き上がっているというか、なんかヅラっぽい感じで上体がハコハコして見える。
うむむ?いったい何が起きているんだ?そおっと刺をつまんで引っ張ったら、かぱっとサボテンの上半分が取れちゃった。

そのあと、私が見たのは、思わず叫びだしそうになる光景でした。
(以下の写真、多少グロテスクなのでご注意・・・)




IMG_10304S.jpg

IMG_10303S.jpg
                    "Beetle larve" in Pediocactus sileri


なんと、親指サイズほどのイモ虫が、天狼の胴ッ腹のまんなかでのたくっていたのです。
この仲間の研究者である、Fritz Hochstatter氏の自生地探訪記にしばしば出てくる"cactus-borer"でしょうか。
スクレロの天敵と言われる甲虫の幼虫に、はじめてお目にかかりました。子どもの頃育てていたカブトムシの幼虫は、
それなりに可愛らしくも思えてけれど、こいつにはそうした共感は抱きにくい。

寄生された天狼の内部は殆ど喰い荒らされていて、虫の糞が散らばっている他は、がらんどうのようになっています。
天狼の内部の組織は、ほとんどのがこの丸々と肥えた虫の身体に変わってしまった様子。
外から見たら、青々とした元気な個体に見えたのに・・・中身はまるで空っぽ、すでに死に体だったというわけ。
サボテンの球体に穴を穿つもの・・・cactus-borer と呼ばれるこの虫、正式な学名は不詳ですが、
色々調べてみたところ、おそらくカミキリムシ(Cerambycidae)の類ではないかと思われます。



IMG_1033S.jpg
                  You can see the sky through the plants body



虫をふるい落として、天狼の上半分を天にかざしてみると、こんな風に空が透けて見えました。表皮の部分だけを
残してあとは綺麗に片づけるという、見事な食べっぷりです。時期的にも、幼虫の大きさ的にも、成虫になる直前
だったのでしょう。これより前に見た、底部に大穴が明いた天狼も、おそらくこの虫のお食事のあとだったのかも知れません。

それにしても、甲虫一匹が育つために、天狼の親株が1本必要だというのは、なんとも贅沢(うーんニンゲンのリクツだ)。
だって、天狼が虫の餌になり得るサイズに育つまでには、十年とかそれ以上の歳月が必要だった筈ですから。
これまでも、もしかしたら虫にやられたのかな・・・というサボテンのコロニーは幾度か見てきましたが、まさにお食事中の
cactus-borerに出会ったのは初めてで、実物を見てしまった衝撃というのは大きなものでした。

・・・・・・。



IMG_1363S.jpg
             Almost all Sclerocactus polyancistrus have died off in this colony S of Nevada


実際、白紅山や黒虹山など、他のスクレロカクタスのコロニーでも、この虫で絶滅状態になることがあるようです。
自生地を歩いていると、刺だけが抜け殻のように残って、カゴ状になったスクレロ白紅山(S.polyancistrus )や、
黒虹山(S.spinosior)の死骸がゴロゴロしている場所にしばしば行き当たります。おそらくこの類の虫の仕業でしょう。

しかし、ひとたび植物が絶えると今度は虫の方も減少し、そのうちに食害されなかった実生小苗が成長し、また周辺に
こぼれていた種が芽を出して、十数年をかけて元どおりにコロニーが回復する、という話を、長年自生地を見てきた
メサ・ガーデンの園主から聞いたことがあります。
一方で、そもそもがギリギリのバランスで成り立っているので、ちょっとした環境変化で、どちらかが過剰に優位に立つと、
二度と元のコロニーが復活しない、ということもありそうです。少なくとも、この十数年、ペディオ・スクレロの自生地を
見て歩く限り、個体数が激減したり、おそらくは絶えてしまったと思われるコロニーを度々目にするのですが、
一方で、復活した、という話は具体的に聞いたことがありません。
いずれにせよ、天狼も、白紅山も、自生地ではギリギリの崖っぷちで生きている植物であることは間違いなさそうです。

最後に、ちょっとだけいい話(たぶん)。



IMG_1037S.jpg

IMG_1002S.jpg
               Only a couple of 'healthy' specimen of Ped.sileri at here, S of Utha


枯れ株、もしくは枯れる(喰い尽くされる)寸前の株しかなかった、ユタ第2産地の天狼ですが、
数時間の探索の結果、2本だけ、元気そうな大株を見つけました。
1本はブッシュ状の木陰に生えていた丈が柱状に伸びた大株。焦げたような黒刺が印象的でした。
そしてもう1本は、この一帯でもとくに高い丘のてっぺんに鎮座した、白刺の美しい株です。
このふた株は、少なくとも刺をつまんだくらいではビクともしなかったし、株元の部分もしっかりしていたので、
この時点では中まで空っぽにまで食べ尽くされていることはなさそうでした。しかし、この一見健やかに見える天狼の裡側に、
もしかしたら小さな cactus-borer が潜んでいるのか、いないのか、それはわかりませんが。



IMG_1006S.jpg



コロニーに2個体が存在するということは(不安なことにこの年の開花の痕跡はありませんでしたが・・・)、
これからの先の世代交代も起こり得る・・・と願いたい。ユタ州に二カ所しかない天狼のコロニーが絶えることのないよう、
祈りをこめてその姿を撮影しました。
つぎにここを訪ねるとしたら・・・そう、十年後かそのくらいですね。でもきっとまた行ってみたいと思います。
群れなす狼たちに、今度こそ会えることを願って。



テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる