FC2ブログ

花に囲まれる。


両手に花。どころか、四方八方、上も下も右も左も花に囲まれて過ごす至福。
加齢とともに、かつてのようにガッコウやカイシャでそのような時間を過ごす機会が激減し、
といって夜の巷に咲く花にはどうも気持ちが引きがちなので、いまや温室の花たちに囲まれて過ごすひとときだけが、
まさに男冥利、じゃなくて園芸家冥利につきる時間なのです。



IMG_1585bbS.jpg



ここ最近は夜の肌寒さこそ残っていますが、晴れた昼間には温室内も40度近くまで暑くなります。
メリハリのある陽気に、サボテンたちは皆幸せそう。こちらもぼやーっと花を眺めているうちに、
あっというまに休日が終わります。そんなわけで、今回も週末に撮った花たちの写真を。



IMG_1568S.jpg

IMG_1572S.jpg
                 Weingartia pygmaea=kargliana M48 Cieneguillas,Bolivia


径2cmにも満たない極く小さな球体から、レモンイエローの鮮やかな花を咲かせているのは、
ワインガルチア・ピグマエア(Weingartia pygmaea M48 Cieneguillas,Bolivia)。
カルグリアナ(W.kargliana)の異学名ということになっていますが、実際に両方育てても区別がつかない。
そもそもワインガルチア属そのものが、最近の分類ではレブチア属(Rebutia)に統合されています。
で、旧ワインガルチア属は、レブチアやスルコよりは大柄で、大半が艶々の肌をもち黄花を咲かせる育てやすいサボテン、
というグループですが、このピグマエア(カルグリアナ)は異端です。球体は小さくて硬く、くすんだ艶消しの肌は、
あまり友好的な印象ではない。アンデスの標高4000m近いガレ場が故郷で、想像どおり栽培上も気難しい。
花が咲いてないと怒ってるみたいにみえるサボテンですが、裏を返せば小さいながらも実に風格があるということ。
でもこいつの刺を外してちょっと艶肌にすると、シンチア・ナイツェイ(Cintia knizei)に見えてきませんか?
とたんにいい奴の顔になるでしょう?おそらく遠からぬ関係なんだと思います。かけあわせてタネが実るかどうか、
いつか試してみましょう。ともあれ、適度に栽培が難しいところも含め、憎めないサボテンです。



IMG_1616S.jpg

IMG_1603S_20120411090452.jpg
            Matucana haynei 'roseoalba'='myriacantha’ Lau 173 Rio Crisnejas,Cajamarca,Peru


こちらは去年の夏にも紹介した記憶がありますが(要は春から秋まで間歇的に咲く)、多彩な花いろには見るたび
心揺さぶられてしまう。マツカナ・ロゼオアルバ、ときにミリアカンサとも呼ばれるようですね。
Matucana haynei Lau 173 'roseoalba'='myriacantha’ Rio Crisnejas,Cajamarca,Peru)。
この仲間の中でも金色の刺と、甘い色合いが入り交じった花が、とくに美しいサボテンで、ハチドリならずとも
思わずふらふらと吸い寄せられそうになります。これでフレグランスがともなえばなお素晴らしいのですが、
残念ながら私には覚知できる香りではない。ハチドリにとってどうかは不明。
上のピグマエアに比べればずっと穏やかな(標高1000m前後)環境に生えているサボテンで、栽培も易しい。
ただ、あんまり甘やかすと早期に柱状になってしまうので、そこだけ注意が必要です。



IMG_1620ddS.jpg

IMG_1627S.jpg
                 Eriosyce senilis FK422 W of Coyton,Choapa,Chile 800m


そして、定番の旧ネオポルテリア(いまはエリオシケ)のこの種。もさもさ、毛髪サボテンの代表格です。
白翁丸(Eriosyce senilis FK422 W of Coyton,Choapa,Chile 800m)は、古典といっても良いサボテンで、
大昔も今も多くの人から愛されていますが、すでに一般の花屋さんにも出回る普及種で、栽培もかんたん。
つまり駄モノと呼ばれてしまう条件をすべて備えた種類なのですが、私は産地ごとに微妙に異なる白毛の表情に、
大変なこだわりがあります。しかし、国内で古くから栽培されているものは複数のコロニーが交雑されていてるため、
特色がハッキリしていません。私が好きなのは、濁りや混じりのない単色の白刺で、ふわふわカールしており、
触っても痛くない、やさしい印象の白翁玉。それがこれです。FK422。色々なフィールドナンバーの種を蒔きましたが、
エリオシケの大家カッターマン氏のこの番号が一番です。刺色は真っ白~淡い金髪まで幅があるけれど、
どれも暗色刺の混じりはなく、カールした柔らかい刺の植物が育ちます。金髪もわるくないです。
花は、まあ、この仲間みな似たり寄ったりですが、やや花弁に幅があるので、ちょっとゴージャス感があるような。
小型タイプのようで径が出ないところが玉に瑕?ですが、これぞ白翁玉、と思ってます。



IMG_1747S_20120411092533.jpg

IMG_1744bbS.jpg

IMG_1741S.jpg
        Ancistrocactus tobuschii MK153.448 Jose Maria Morelos,Coahuila-Texas border.=Sclerocactus


続いてはアンシストロ・トブスキー。いまはスクレロカクタス(Sclerocactus)と呼ぶ方が正しいのかも知れませんね。
Ancistrocactus tobuschii MK153.448 Jose Maria Morelos,Coahuila-Texas border)
この種は、長年メサガーデンのSB987(Bandera Co,Tx)しかソースが見当たらず、存外見頃が短いので、
代を継いで実生してきました。しかし写真の個体は、やっと見つけた別産地からの植物です。
数年前チェコの種子業者で見つけたもので、SB837よりも南、米墨国境付近で見つかったんだそうな。
種子業者のリストには、黒羅紗(A.scheeri)とのインターメディア、という但し書きがついていましたが、
見たところはちょっと刺の長いトブスキーといった感じ。春の訪れを、とっても控えめに告げる清楚な花で、
サボテン界の上品な人ランキングをやったら、間違いなくベスト10に入ってきそうな気がするんだな。
アメリカ産のサボテンは大半自生地を見ているのだけれど、この種は分布範囲が狭いうえに、
ほかの種からも離れているので、いまだ果たせずにいます。いつか誰もいない原っぱで会いたいね。

最後に、まえのエントリーでふくらむ蕾をご覧戴いた植物がその後どうなったか・・・。



IMG_1889S.jpg

IMG_1895S.jpg
                 Pediocactus bradyi ssp.despainii SB1014 Emory Co.UT                 
IMG_1957S.jpg
                  Pediocactus simspsonii KY0214 Sevier Co,UT


次に休みがとれた週末、温室に行ってみると、5つあった蕾みのうち、4つが既に終了していたのは
ペディオカクタス・デスパイニィ(Pediocactus bradyi ssp.despainii SB1014 Emory Co.UT)。
かろうじて一輪だけ、私を待つように微笑んでいてれました。デスパイニィーやウィンクレリの花は、
白黄色~桃色まで幅があって、色々な花色の個体が同じ場所に生えています。この個体の花はもっとも甘い桃色。
これ、球体はあまりに小さいし、刺姿にも特徴がなく、要は極端に目立たないサボテンなのに、栽培はしっかり難しい。
地味なくせして、育てる人間への要求だけはトップ女優なみという実に不条理なサボテンですが、きょうこの日ばかりは
その可憐さに何もかも許せてしまうのでした。ほんとにかわいらしいなぁ。小さいことはいいことだって思えてくる。
それから、その下の写真は、同じく蕾だった月華玉(Pediocactus simspsonii KY0214 Sevier Co,UT)。
こちらは一輪だけ、なんとか間に合いました。おまけ扱いで申し訳ないけど、花だけじゃなくて新刺も綺麗でしょ。

・・・などと、埒もなく花たちの写真を並べるだけで幸せになる春の一日でした。



テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる