FC2ブログ

【速報】 春一番の水やり。


きょう、サボテンに今シーズン最初の水やりをしました。
例年だと、2月の下旬くらいには、寒さに強い種類から灌水を始めるのですが、
今年は、ご存じのとおりの寒波襲来で、2週くらい遅れています。
まだ早いかな、という感じもしたのですが、せっかく晴れたし、温室内はすっかり暖かかったので、
北米産の難物サボテンなどを中心に、春一番の土砂降り雨を降らせてやったのでした。
あわせて、春の陽射しいっぱいの温室内で、水やりをまちかねて動き始めたサボテンたちをスナップ!



IMG_1125S.jpg
                 Echinomastus johnsonii SB1890 Washington Co. UT.
IMG_1228S.jpg
                 they are watered just this moment


サボテンの栽培書などには、植え替えや灌水は桜の花が咲く頃から、と書いてありますが、
実際には、多くのサボテンが早春から新刺を伸ばし、開花します。冬じゅう動いている種類も少なくありません。
栽培室の最高温度が35度くらいまで上がり、夜温が氷点下まで冷え込まなくなれば、かなりのサボテンに
水やりが出来るのですが、今年はいつまた寒波が戻ってくるかと恐ろしく、2月中はなかなか灌水に踏み切れませんでした。
しかし、水をやらずとも、繰り返し襲う寒波に晒されていても、早咲きのエキノマスタス(Echinomastus)や、
スクレロカクタス(Sclerocactus)などは、もう蕾がかなり大きくなっていました。



IMG_1131S.jpg
                 Sclerocactus brevispinus with buds SB1743 Duchesne Co,Ut.
IMG_1133S.jpg
                 S.spinosior ssp. blainei SB1015 Lincoln Co. Nv.                  


もともと、北米難物サボテン(Sclerocactus,Pediocactus,Echinomastus)の大半の種は、
生長期間が3-5月くらいまでと短いので、早めのスタートダッシュが良い結果に繋がることが多いのですが、
いかんせん関東沿岸部では春が近づく頃から天気が不安定になり、晴れの日が続きません。
本来は、与えた水が数日で乾くのが望ましいので、先行きの天気読みが悩ましいところ。
ただ、多少乾きが悪くなった場合でも、晩春や秋の灌水に比べれば根腐れなどのリスクは低いと感じます。
また、もともとこの仲間は成育最盛期でも氷点下を記録する場所に成育しているものが多いので、
陽のある時間に栽培室が汗ばむほど暖かくなれば、夜温の低下はあまり気にしなくとも良いでしょう。



IMG_1166S.jpg
                 Pediocactus bradyi ssp.despainii SB1014 Emory Co. UT.
IMG_1193S.jpg
                 Echinomastus dasyacanthus SB357 El Paso Co. Tx.                  


いつ水やりをスタートさせるか、というのは、開花にも大きく影響してきます。
と言っても、灌水の開始タイミング次第で、どう開花が促進されるのか、という公式のようなものはありません。
早めに水やりを始めて植物体を充実させなければ出蕾しないものもあるし、逆に蕾が育つまえに水やりを始めると、
栄養生長に切り替わってしまって、花が咲かなくなるものもあります。
前者としては南米産のプテロカクタス(Pterocactus)や北米オプンチア(fragilisなど)が代表格。
反対に、狭義のテフロカクタス(Tephrocactus)などは後者の傾向が強い。

ペディオ、スクレロなどの多くは早めの水やりを好みますが、日照時間や温度など、その年その年の気象条件次第で、
逆の傾向が出ることもあり、花が咲いたり咲かなかったり、なかなか難しい。



IMG_1186S.jpg
                 E.mariposensis SB412 Brewster Co. TX.
IMG_1208S.jpg
                 E.sp.'hispidus' SB452 Coahuila, Mexico


そして今年についていえば、開花がやや前倒しになっているところが、ちょっと興味深い。
きょうスナップした写真を見ていただけばわかりますが、アロエなど多くの多肉植物を駄目にした厳しい寒さのなかで、
多くのスクレロが開花目前というところまで来ているし、Early Bloomer などと呼ばれるエキノマスタス類などは、
すでに花盛りを迎えてます。

エキノマスタス藤栄丸(E.mariposensis SB412)や、同じくヒスピダス(E.sp.'hispidus'SB452 )、
さらにかつてアンシストロカクタスと呼ばれていた仲間(Ancistrocactus sp."pallidus"M13.35)などは満開です。
これらは去年の10月以降水をやっていませんが、立派に咲くところをみると、開花前の水やりが必須の条件ではない、
ということですね。



IMG_1196S_20120303164355.jpg
                 Ancistrocactus sp."pallidus" M13.35 Terrel Co. TX.


とまあ、すっかり春になったような気分でこれを書いてますが、2週間前には寒波の被害を書いたばかりです。
きょうの晴れ間もそうながくは続かないようで、またもや寒さが戻ってくるという予報あり。
そう思うと、豪気にたっぷり灌水したことが、ちょっとだけ心配になったりもします。

皆さんのところでは、春の水やり、もうスタートさせましたか?




プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる