春ほころぶ。

やっとこさ、関東でも春らしい日よりになりました。
ともかく、やたら手強くて粘り腰の冬将軍で、去ったと思ったらまた舞い戻り、の繰り返し。
いま温室の日溜まりで花ほころばせているサボテンたちも、ひときわ嬉しげに見えます。

去年は、春のこの時期に地震があり、花どころではありませんでした。
以下順不同、咲いた花から先着順で写真を並べてみます。待ちこがれた春の到来を噛みしめつつ・・・。



IMG_1323S.jpg

IMG_1334S.jpg
                 Echinomastus dasyacantus=Sclerocactus intertextus SB357 El Paso TX


春と言えば花。花といえば、桜。
こちらはサボテンの桜丸(Echinomastus dasyacantus=Sclerocactus intertextus SB357 El Paso TX)。
誰がつけた和名か、でもこのサボテンのほんのり桜色の花は、染井吉野よりはだいぶ早く咲きます。
例年3月上旬には開花するのですが、今年は10日ほど遅れての開花。桜前線のほうも北上が遅れ気味ですね。
濃い桃色の柱頭がアクセントですが、これは産地や個体によって違う。刺のあばれ具合にもバラエティがあり、
好みが別れるところです。ことしは同じ産地の個体が一緒に咲いたので、種もとれそうです。



IMG_1385S.jpg

IMG_1389S.jpg
                 Echinocereus davisii KY96132 Brewster TX


エキノケレウス・ダビシー(Echinocereus davisii KY96132 Brewster TX)。
やはり早咲きのサボテンで、美花揃いの蝦サボテンのなかでトップを飾ります。
広く分布する青花蝦の仲間ですが、この種はテキサスの極く狭いエリアの石英平原に限って分布しています。
自生地はエスコバリア・ミニマ(Escobaria minima)と同じ場所で、コケに埋もれるように生えている。
この株は実生から15年あまりを経て大群生になりましたが、それでも3寸鉢に収まるくらいです。
小さくて地味な植物ですが、ぐっと目を近づけてみると黒白ツートンのツンツンした刺には自己主張があって、
光沢のある黄緑色の花には強烈な芳香・・・アメリカのキャンディーみたいな、ちょっとケミカルで甘い匂いがします。



IMG_1473S.jpg

IMG_1497S.jpg

IMG_1503S.jpg
                 Mammillaria senilis SB497 Topia,Durango,Mexico


月宮殿(Mammillaria senilis SB497 Topia,Durango,Mexico)。
昔読んだ右田重雄さんのサボテン本には、サボテン界最高峰の貴品で栽培は極めて困難・・・と書いてありました。
その際立った特徴から、当時はマミロプシス(Mammillopsis)という別属に分類されていましたね。
純白のガラス刺に覆われた姿や、真紅のラッパのような花は、他のサボテンにはない高貴さを醸し出していて、
近づき難い憧憬の念を抱いたものです。しかし実際に種から育ててみると、蒸し暑さに弱く腐りやすい傾向があるものの、
それほど栽培の難しいサボテンではありません。であるならば、これを育て咲かせてみない手はないでしょう。
最近では、同じくハチドリを授粉者とする幡紫竜、竜珠など旧コケミエア(Cochemiea)属に近いものとされています。
もうひとつ、それが和名の由来なのかも知れませんが、この種はサボテンとしては珍しく夜も閉花しません。
月明かりの下、闇に浮かぶ白い刺と真紅の花の美しさ・・・私の写真術では表現出来そうもないですね。



IMG_1273S.jpg

IMG_1288S.jpg
                 Sclerocactus brevispinus SB1743 Duchesne Co,Ut


そして、我が「難物棚」で今年一番に開花したのはこれ。
スクレロ・ブレビスピナ(Sclerocactus brevispinus SB1743 Duchesne Co,Ut)。3月初頭に満開を迎えました。
グラウカス(S.glaucus)に近い種類ですが、ユタ北部のバッドランドと呼ばれる寒くて暑くて雨降らなくて何も育たない・・・
絶望的に荒涼とした地に生えています。野生株はもっとペタンコで踏みつぶされたような姿で地面に這いつくばっている。
生まれながらに挫折することを運命づけられているようなところが、たまらなくカッコいいサボテンです。
産地の風景、生えている様子など月想曲(S.mesase-verdae)にも通じます。スクレロ中もっとも稀少な種類。
例年だとこの類で最初に咲くのは白虹(S.whipplei)やウインクレリ(Pediocactus winkleri)などですが、
今年はなぜかこれが一番に咲いた。咲いていたのはまだ寒波のさなかだったけど、その程度どうってことないんでしょう。



IMG_1539S.jpg
                 Sclerocactus 'busekii' SB1086 Coconino Co,AZIMG_1297S.jpg
                 Pediocactus bradyi ssp.despainii SB1014 Emory Co. UT.
IMG_1527S_20120328085448.jpg
                 Pediocactus simspsonii KY0214 Sevier Co,UT


ほかにも、日に日に蕾を膨らませているサボテンたちが沢山あります。
うちの温室の主役たち、難物サボテンは、これから5月いっぱいが短い開花・成長期。
大半がいま、ぱんぱんに吸水して、鮮やかな新刺を伸ばし、開花の秒読み態勢に入っています。
春本番、もうすぐそこですね。



テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる