春近し・・・?

とは言うものの、寒波の爪痕いまだ癒えず。
関東は、ほのかに暖かくなってきましたが、一昨日はまた雪が舞いましたね。

今年の冷え込みはほんとうに厳しいです。
私の、関東南部の山の中にある栽培場(無加温ハウス)では、手ひどい凍害が続出しました。
過去5年あまりの冬でも、こんなことはありませんでした。



IMG_4608S_20120217223726.jpg

IMG_4612S.jpg
                  a subzero morning in February


2月の上旬。これは2月4日の朝のこと。
あの、沖縄以外、北海道から鹿児島まで46都道府県で氷点下を記録した翌日です。
前の日ほどではないにせよ、この朝も寒かった。
栽培場のホースが凍り付いて、午後まで水が流れませんでした。
凍り付いた扉を開けて、恐る恐るハウスの中を覗いてみると・・・



IMG_0409S.jpg



最低最高温度計の表示は、氷点下マイナス4度。
おそらく、2月4日の最強寒波襲来の夜に記録されたものでしょう。
温度計は、ハウス内の、二重ビニールで保温してある場所で、しかも伏せた鉢のなかに置いてあったので、
実際にはもっと冷え込んだ場所が多いはず。で、どういうことが起きていたかというと・・・



IMG_0528S.jpg
                Aloe dichotoma IMG_0401S.jpg
                 A.brandraaiensis
IMG_0380S.jpg
                 A.imalotensis Above three all freezed & melted


斑入りディコトマ(Aloe dichotoma)、ではありません。葉っぱが黄色く、ゼリーみたいに柔らかくなってる。
ブランドラアアイエンシス(A.brandraaiensis)も同様。どっちもそれほど寒さに弱い種類ではないと
思っていたのに。このまま刻んでヨーグルトに入れても良さそうなくらい、萎れてました。
3枚目のイマロトエンシス(A.imalotensis)は、マダガスカル産で寒さには弱い種類。
大寒波がやってくる前の段階で、すでに溶けてしまっていたようです。大半が復活不能な状態。
屋外地植えのキダチアロエ(医者いらず・・・A.arborescens)は葉っぱが完全にとろけて
ガイ骨のようになっていて、写真を撮る気にもならず。
アロエは比較的、凍害を受けやすいですが、同じく弱いハオルチアには不織布をバサッと被せておいたので、
被害はまったく出ませんでした。

それ以外にも凍害を受けたものは多々あり、



IMG_0391S.jpg
                 frostbitten Encephalartos leaf                                 
IMG_0518S.jpg
                 Brunsvigia, leaf damagedIMG_0527S.jpg
                 Babiana patersonii


南ア産ソテツ類の葉っぱは完全に褐変して、生きているように見える場所も引っ張ればポロポロちぎれる状態。
これまでこんなことは一度もありませんでした。もっと寒さに弱い熱帯メキシコ産のディオーンなどは、
葉柄部分が茎節からズボッと抜けるありさまで、春に立ち直るかどうかも危うい状態です。
寒さには強い冬型球根のブルンスビギア(Brunsvigia)の葉っぱにも、凍害の痕が残っていました。
ハエマンサス(Haemanthus)などにも同様の被害が出ましたが、いずれもかすり傷程度で、
致命的ダメージはなし。バビアナ(Babiana)なんかはちゃんと開花していました。

このほか、あちこちの鉢で雑草化していた艶カタバミ(Oxalis carnosa)がほぼすべて死滅。
以前、枝先が痛んだことがあるオキザリス・ギガンテア(O.gigantea)は、ごく狭い電気加温のスペースに
押し込んであったので大丈夫でした。丈夫そうな南米産オキザリスですが、存外寒さには弱いのです。
このほか、亀甲竜(Dioscorea elephatipes・・・南ア産冬型)も、葉っぱの大半が霜焼けのようになっていました。
他には、ペペロミア(Peperomia)が大半溶けてしまいましたし、ガガイモ科のフーディア(Hoodia)もたぶん駄目です。
パキポディウム(Pachypodium)は駄目かと思ったけれど、見たところ大丈夫そう。寒さに強いとは思えないので、
あらかじめ不織布を2枚重ねで被せていた効果があったか?もっとも春になったら葉っぱで出てこない・・・
なんてことはあるかも知れません。アガベ(Agave)では雷神系が無惨に霜焼け。一方でユタエンシス系は、
露地に放り出してあったのに平気の平左でした。



IMG_0442S.jpg
                 Delosperma nubigenaIMG_0466S.jpg
                 Aloinopsis rubrolineata


丈夫なのはメセン類で、いちばん寒い環境(おそらく氷点下6-7度まで低下)に置かれているにも関わらず、
目立った凍害はありません。上写真のように、花を咲かせたり、瑞々しい多肉葉を美しく色づかせたり、
むしろ美しくなっているくらい。リトープスやコノフィツムなども凍害の気配は見あたりません。
ミトロフィルム(Mitrophyllum)でコーン状の新生長部がやられている株があっただけです。



IMG_0491S.jpg
                 Melocactus matanzanusIMG_0388S.jpg
                 Pereskiopsis 'velutina' IMG_0938S.jpg
                 Uebelmannia buiningii


サボテンもやはり強いようで、唯一カリブ海産のメロカクタスやディスコカクタスの実生に凍害らしき
痕跡が見つかっただけ。このくらいなら、春から元気に生長すればリカバリーできそうです。
あと、キリンウチワは葉っぱが凍ったらしく、ぶよぶよのゼリー状になっていました。
葉は落ちてしまうでしょうが、枯れることはないでしょう。
熱帯ブラジル産のユーベルマニア・ブイニンギー(Uebelmannia buiningii)は、
なんと開花していました。これなど、霜とは無縁の場所に生えている筈なのに、寒さには実に強いですね。
もちろん、花どきを迎えたエリオシケ、マミ、ツルビニなども、今を盛りと咲き誇っています。



IMG_9387S.jpg
                 Eriosyce sp.'residua' KK1431


この栽培場では例年、氷点下4度までは低下していましたが、これほどの凍害に見舞われたことはありません。
今年は、おそらく氷点下5度を下回る時間が数日以上、一定時間以上続いたために、大きな被害に至ったものと
思われます。氷点下5度近辺が、多肉植物の多くにとって生死をわける分水嶺なのだと実感した次第。
同時に、不織布をかける程度の保温でも、かなり違いがあることもわかりました。

それにしても、記録的な猛暑の夏が終われば、記録的寒波が列島を占拠する冬がやって来る。
ここ数年、どうにも極端に振れる気候が続いていますねー。いったいどうしたものなんだ。



テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる