ペタンコズ。

さむいさむい。

晴れの日はともかく、お陽さまがちょっとでも翳ると、温室の中にいても、さむいさむい。
これが猫なら炬燵で丸くなるところだけど、もともと丸いサボテンたちは鉢土のなかに潜り込む。
まるまった猫も可愛いけど、ペタンコになって身を縮めてるサボテンたちも、これまた可愛い。



IMG_7401S.jpg

IMG_7408S.jpg
                  Astrophytum asterias


まずはサボテンの王さま、兜(Astrophytum asterias)。
こんなんが私のところにあるのが意外かも知れませんが、じつは小学生の息子が、
古くからある腰の曲がったような大株を勝手に授粉して、種とって、蒔いたものです。
私も少年時代、兜が大好きで、清水の舞台から滑落して輸入株を買いました。
それらは既に絶えましたが、その子から種をとったということですね。
野生兜の孫たるこやつらは、白点も毛疣も完全無添加無改良の素朴もんです。

園芸カブトの世界でも、扁平な株は評価が高いようですが、ここまでペタンコだとどうなんだろう?
地面レベルより上に出てる株はありません。頂面は真っ平で、お煎餅を並べたみたいな感じですな。
もちろんこのサイズだから・・・ということもあるわけですが、直系10cm超えでもグラウンドレベル以下・・・
みたいなペタンコ兜が育てられたらカッコいいと思う。自生地ではそんな風に育ってるわけだから、
出来ないことはないと思うんだけど、見たことないんだよなぁ。
踏まれても平ちゃら、こそ兜の真骨頂か。

大メジャーサボテンの兜さまでも潜るのだから、マイナーな南米サボなんかは当然の如く、



IMG_7965S.jpg

IMG_7963S.jpg
                 Eriosyce occulta JA81 Las Breas,Antofagasta,ChileIMG_7956S.jpg
                 Eriosyce sp.FK62(Quebrada Alcodona,Chile)


まずはエリオシケ・オクルタ(Eriosyce occulta JA81 Las Breas,Antofagasta,Chile)。
隠されたもの、潜在的な、という種小名のとおり、このひとは夏冬に限らずほぼ一年じゅう地面に潜ってます。
水やり失敗すると肉まんみたいに盛り上がってしまい、肌色も甘くなり、この種の良さが損なわれる。
この属では、豹頭(E.napina)玉姫(E.'reichei')なども同じような地中サボテンですが、
より出たがりの傾向があるみたいで、地中に埋没させたまま大きくするのはなかなか難しい。

下はまだ名無しのEriosyce sp.FK62(Quebrada Alcodona,Chile)。上のオクルタに近い種でしょう。
実はこれでも秋の水やりで「浮上」した後の写真。夏場は完全に消滅してました。
エリオシケの自生写真なんか見ると、潜りすぎて地面に穴ボコがあいたみたいになってることもありますね。
でも、潜る性質のあるサボテンでは、潜ることが根の健康な証です。'contracting root'なんて言いますが、
ガッチリ張った細根を足がかりに、太い主根がぎゅうっと収縮して、球体を地面に引きずり込む仕組み。
根が傷んでいると踏ん張れないから、潜ることが出来ないという訳です。


最後は、こんなの。



IMG_7969S.jpg

IMG_7980S.jpg
                    ???


なんもない。土しかない。
このプランターに植わってた植物は枯れちまったのか・・・と早合点して捨てちゃいそうになりますが・・・



IMG_7972S.jpg
                Ariocarpus fissuratus ssp.lloydiiIMG_7981S.jpg
                 Ariocarpus kotschoubeyanus ssp.kotschoubeyanus


地上から消滅していたのは、北米地中サボテンの代表格、アリオカルプスの面々。これもよく潜ります。
土をはらってやると、ようやく姿が見えてきた。

上は連山(Ariocarpus fissuratus ssp.lloydii)です。基本種の亀甲牡丹(ssp.fissuratus)に比べると
塊根が小さいのですが、それでもしっかり潜る。
直系3cmくらいの苗ですが、これでも実生4、5年くらい経っている。成長が遅すぎるって?
うちではなんでもそうなんだけど、でも、こういう具合に潜らせておくことに面白さを感じるので、
水やりはどうしても少なくなる。年に10回はやらないでしょうね。

下は黒牡丹(Ariocarpus kotschoubeyanus ssp.kotschoubeyanus)。
上の連山よりさらに歳喰ってるかな。写真撮るために、土を払ってます。実際はアンダーグラウンドなので見えない。
水切ってると、地上マイナス2cm付近までいきます。見えないくらい潜ったまま花だけ咲くこともある。
自生地の写真では、粘土質のカピカピの地面などに、化石みたいに表面だけうっすら見える、みたいな状態で
生えている姿を見たことがある方も多いでしょう。それで花だけ咲いていると、ほとんど球根植物のようでもある。
そのうち、赤玉なんかじゃなくて、乾くとひび割れするような白い粘土みつけてきて、植えてみたいと思ってます。
それでもって、カチカチに固まってたら、踏んづけてみよう。



IMG_7403S.jpg



刺、花、姿・・・サボテンの魅力を語るための指標はいろいろあるけど、私にとっては、いかにペタンコに、
いかにハードに地面に潜ってくれるか、というのも、重要な審美基準で、栽培の目標だったりします。
でも、まだまだ道は遠い。地面より低いスルコ・ラウスキーやエピテ・小人の帽子の大群生、
なんて自生地ならあたりまえだけど、いざ作ってみようとすると、なかなかどうして実現は難しい。
ペタンコサボを極めるための道も、また険しく遠いのです。




テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる