FC2ブログ

げんこつサボの子どもたち。

オプンチアといえば、もっとも不人気の類であって、およそサボテン園芸の範疇から除外されており、
せいぜい接ぎ台か、屋外植裁用くらいのもの・・・長年そんなふうに理解し、だからこそ天の邪鬼な愛着も感じてきました。
でも、最近はそうでもないようで、変わったモノ、珍しいモノを求めて、海外から種をとりよせて蒔いている方も
結構おられるようです。世に変人、我独りにあらず。
私は数年前からウチワサボをあれこれ蒔いてきましたが、今年はブーム到来?に気をよくして南米種を中心に
数十種類を播種。やりすぎです。もっとも、芽が出たのは数えるほどでしたが・・・。


IMG_4304bS.jpg


この類は周知のとおり発芽率がとっても悪い。新しい種ならよく生えるかといえば必ずしもそうではなく、
数年経って突然一斉に芽を出したりするけど、その理由はわからない。
そんなわけで、ウチワ類の実生バッドは、いまの季節になっても屋外に置いたままです。

今回は去年蒔きの苗からいくつか、南米テフロなど、げんこつ系サボの小苗を紹介します。


IMG_5752S.jpg

IMG_5753S.jpg
               Tephrocactus alexanderi ssp.geometricus JN513 Loro Huasi,Catamarca,Arg.
IMG_5760S.jpg
               Tephrocactus alexanderi ssp.fiambalensis KP612 Fiambalá 1684m,Catamarca,Arg.


今年あたり、国内各地の栽培場で「コロニー」が形成されつつある、南米ウチワ・テフロカクタスの仲間、
ゲオメトリクス(Tephrocactus alexanderi ssp.geometricus JN513 Loro Huasi,Catamarca,Arg.)。
これは去年蒔きなので、発芽1年数ヶ月経っていて、すでに親株の雰囲気が出てきています。
同じロットの種ですが、刺の具合には個性があるようで、2枚目の写真の株はほぼ無刺。
大きくなってもこのままでいくのかどうか、興味が湧くところです。
ちなみにこの種については性懲りもなく今年もまた蒔いてしまいました。発芽も良いんですよ、なぜか。

ちなみにいちばん下の写真、刺ツンツンのは同じアレクサンデリ系の産地違い、フィアンバレンシス。
Tephrocactus alexanderi ssp.fiambalensis(KP612 Fiambalá 1684m,Catamarca,Arg.)。
刺ありのアレクサンデリも、なかなか鑑賞価値は高いのですよ。

つづいてもテフロ。


IMG_5742S.jpg

IMG_5744S.jpg
               Tephrocactus papyracanthus xinermis intermediade KP622 La Rioja 952m Arg.


こっちは十数粒蒔いたんだけど、出たのは一本きりでした。
Tephrocactus papyracanthus x inermis intermediate (KP622 La Rioja 952m Arg.)
って記載なので、昼のミサ×松笠団扇のインターメディアフォームってことになる。なるほど。
たしかに両者の中間的な姿をしてます。この極短の紙状刺がこの先どのくらい長くなるかで、印象がかなり変わるけど、
出来るなら松笠っぽい、刺ナシな感じが残るといいなぁと思ってます。
あと、これ1本しかないから、枯らさないようにしないとね。

次のは何か、わかりますか?


IMG_5731S.jpg
               Tephrocactus bonnieae=Puna bonnieaeIMG_5734S.jpg
                Maihueniopsis mandragora Piltz-5490 yellow flower                              
IMG_5725S.jpg
               Miquelopuntia miquelii (=Comulopuntia miquelii KP789 W Coquimbo,Chile)


この3株は別種です。それぞれ1本ずつしか発芽しなかった。
上の写真のやつは、なんとなく親株の雰囲気が出てきてるので、わかる人にはわかるでしょう。
テフロ(旧プナ)・ボンニアエ(Tephrocactus bonnieae=Puna bonnieae)です。
最近とっても人気があって、ゲオメトリクス同様、国内で急速に分布域を拡大中の南米ウチワサボ。
ボール状で刺が痛くないところはゲオメトとよく似てるけど、それってポピュラリティ獲得の条件なのかも。
こいつはまだ1歳なので、ひょろひょろしてますが、茎節に張りついた刺の感じは、親株と一緒です。

真ん中の写真はマイウエニオプシス・マンドラゴラ(Maihueniopsis mandragora Piltz-5490 yellow flower)。
なんだかおどろおどろしい名前ですが、こちらも大きな塊根を持ち、刺の痛くない丸っこい茎節がポコポコ群生する。
面白い姿なので人気が出て良さそうですが、似た種でヤマコケシと呼ばれるサボテンが流通しています。
いまのとこ、細長くてなんのサボテンか判らないけど、たぶんあってるんじゃないかと。

いちばん下は、おそらく最もマイナーな南米ウチワのでしょう。ミクエロプンチア・ミクエリィ。横文字で書くと、
Miquelopuntia miquelii(=Comulopuntia miquelii KP789 W Coquimbo,Chile)。和名たぶんなし。
姿は粗雑、トゲ凶悪、しかも丈が伸びてデカくなる。およそ栽培向きではありませんが、珍しいことは珍しい。
発芽しにくく、これまで何度か蒔きましたが、苗が得られたのは初めてです。
まだ小さいので恐怖を感じるまではいきませんが、密生した芒刺(glochid)が将来の凶暴さを予感させるね。


最後はちょっと綺麗めのやつ。


IMG_5727S.jpg

IMG_5736S.jpg
               Austrocylindropuntia floccosa Puno Peru


南米ウチワ最高の美種のひとつ、フロッコサ(Austrocylindropuntia floccosa Puno Peru)です。
去年、発芽したものですが、成育が比較的早く、大きいものは高さ5cmくらいに育ってます。
すにでフワフワの白い毛髪状刺が出てきて、雰囲気が出てきました。
この種は、南米アンデス山麓の標高3500-4000mの高地に分布し、寒さには強いけれど夏の高温多湿時期には
とっても徒長しやすい。丈低くがっしり、白毛豊かに仕上げるのはなかなか困難なサボテンなのだ。

また、発芽も困難で、これまで何度も蒔いては挫折。この株の種は3年前業者から購入したもので、
どうやっても出ないから諦めて外に放りっぱなしにして忘れていたら、11月の末になって突然ゾロゾロと
芽が出てきました。それから冬のあいだいっぱいぐんぐん育って、夏は休ませた。
経験では、大株を夏に動かすとデローっと間延びして見苦しくなります。
発芽時期からみても日本では初冬~春に育てるのが良いサボテンなのかも知れません。

実はこのフロッコサについては、貴重な産地採取の種をある方から戴いてこの春蒔いたのですが、発芽せず。
新鮮なら発芽するというものでもないことが分かります。これから寒くなる時期、外に放置して霜にあてれば
芽が出るのでは・・・と期待しているところです。




テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる