FC2ブログ

深まる秋に。

日脚もすっかり短くなり、大半のサボテンたちは少しずつ動きが鈍り、休眠モードに入ってきました。
そんなサボテンシーズンの締めくくりに花盛りを迎えるのは、牡丹類、アリオカルプス属(Ariocarpus)。
ふだんは目立たない地味な植物体から鮮やかな花が次々咲くと、今年の水やりもここまでかな、などと時を知る。
そういえば、去年も今頃同じようなことを書いたっけ。でも、満開の牡丹類、この風景は何度繰り返し見ても、
胸を打ちます。以下は、先週末、久しぶりに訪ねた栽培場で・・・。



IMG_6486S.jpg

IMG_6551S.jpg
               Ariocarpus scapharostrus SB829 Rayones,NuevoLeon,Mex. over10yrs from seed


竜角牡丹(Ariocarpus scapharostrus SB829 Rayones,NuevoLeon,Mex.)。
この日は、ドンピシャの満開日だったようで、大半が濃厚な紫紅花をつけてました。何度見ても強い色彩。
実生から育てて10年から15年くらいの苗で、花が咲くようになってずいぶん経ちますが株径は4-5cmといったところ。
同じコロニーの野生株同士をかけた種、ということですが、疣の細長いもの、太短いもの、それなりに個体差があります。
もっとも、我が家の栽培法では、自生地同様に大半が地中に没しているので、タイプ差はあまり目につきません。
自分の趣味としては、標準的でナチュラルな姿の植物が好み。



IMG_6467S.jpg

IMG_6466S.jpg
               Ariocarpus kotschoubeyanus ssp.kotschoubeyanus no locality data over10yrs from seed


つづいては黒牡丹(Ariocarpus kotschoubeyanus)。こちらは時期が微妙にズレたか、花は盛りを過ぎていました。
この株は古い輸入株から我が家で種をとり、実生育成したもの。やはり15年くらい経っています。
同じ産地と思われる株同士をかけたものですが、産地は不明。基本種のタイプ標本的な顔です。
こうして種から育てた苗も、時間をかければ野生株と比べてもまったく見劣りしません。接ぎ苗のようにてっぺんが
盛り上がったりすることもなくペッタンコ。休眠期は土面よりも下に埋まってくれます。
親株もまだ存命です。かつて牡丹類の輸入華やかなりし頃、高価な玉牡丹、花牡丹、連山などには手が出ませんでしたが、
背伸びして買った幾本かの黒牡丹や亀甲牡丹など、今も大事にしてます。



IMG_7452S.jpg

IMG_6473S.jpg
               Ariocarpus agavoides SB370 Tula,Tamaulipas,Mex. over10yrs from seed


最後はアガヴェ牡丹(Ariocarpus agavoides SB370 Tula,Tamaulipas,Mex.)。
輸入種子の実生で、やはり15年もの。といっても、ここ5年くらいは地上部の大きさはほとんど変わりません。
このプランターに植え込んで5年くらいは放置状態なので、ほぼ野生状態。地下の塊根は多少太っているのでしょうが、
地上部は旧葉(疣)が枯れた分、新しい葉が増えるといった具合。自生地でも多分そんな感じで何十年も生きるのでしょう。
今年、花に接してあれっ?と思ったのは、外側の花弁がクッキリ白く縁取られているのを見つけたこと。
亀甲牡丹(Ariocarpus fissuratus)ではこういう花をよく見るのですが、この種もこんな花が咲くんですね。
毎年見ているのに、初めて気づきました。よくみると同じロットの種からの株は、大なり小なり花弁に白い縁取り。
雑交はないと思うので、元々のコロニーの個性でしょうか。悪くない隠し味です。



IMG_7510S.jpg
               A.fissuratus & A.kotschoubeyanus ssp. macdowellii both 10yrs from seed


紹介した株は、どれも種を蒔いて育てた苗で、輸入球一辺倒の時代を思い起こせば隔世の感があります。
三十余年まえに読んだ本には「牡丹類を実生から育成するのは不可能なので輸入球を求めて下さい」と書いてありました。
その結果、数え切れないほどの野生株が採取、輸入され、後の厳格な規制にも繋がりました。ことに牡丹類や兜などでは、
"顔の良いタイプ"を選抜するために、必要以上の個体が自生地から持ち去られたんじゃないでしょうか。
私も趣味園芸家としては、野生株が自由に輸入されていた時代を、多少羨ましく思わないこともない。
でもまあ、自分で実生して野生株に遜色ない標本を育てることが出来れば、それがいちばん面白い、と今は実感しています。



テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる