FC2ブログ

円錐丸

「円錐丸」というサボテンをご存じでしょうか。
柱モノでもウチワでもない、古くから知られているレッキとした北米産の球形サボテンです。
分類のうえではネオロイデア属に含まれ、学名はNeolloydia conoidea といいます。
種名同様、この属名もあまり馴染みがないものかも知れませんね。
でも、その姿には実に品格があり、花もなかなか美しい逸品なのです。


IMG_2159S.jpg


原産地はアメリカ南西部(テキサス州)からメキシコの中部まで広範囲に及び、「テキサス・コーンカクタス」という
愛称もあります。たしかにトウモコロコシっぽくもみえる。短円筒形のコンパクトな球体にらせん状に配置された疣を持ち、
黒白の直刺が突出します。肌色は深みのある緑色で、疣腋をゆたかな白毛が埋めています。頂部を覆った綿毛の中から、
濃ピンク色の比較的大きな花を咲かせます。

外形的にはコリファンタ属の各種などと似ていますが、これらからネオロイデア属を分離する決定的な特徴というのが
あるような、ないような・・・疣上面にあるミゾなどがあげられていますが、コリファンタにもあるし、決定的ではない。
このあたりのつかみ所のなさが、「判りやすさ」を求める園芸家には敬遠されてしまうのかも知れません。


IMG_2156S.jpg

IMG_2158S.jpg
               Neolloydia conoidea SB379 Terrell Co, TX, USA


そもそもネオロイデア属はマミラリア属(Mammillaria)から派生したものですが、その定義の曖昧さゆえか、
範囲が拡張され、アメリカの研究者Bensonなどは、英冠、桜丸などのエキノマスタス(Echinomastus)も
この属に包摂しました。また、最近ではAndersonが、この属とツルビニカルプス属(Turbinicarpus )を
統合させる案を示しましたが、多くに受け入れられるには至っていません。
現状、ワシントン条約などが準拠し標準的な分類とされている New cactus lexicon では、このネオロイデア属を
独立した属として扱い、この円錐丸ともう一種、魔笛(N.matehualensis)だけからなる小さなグループとしています。


ちょっとややこしくなったか・・・。
じゃ、気持ちの良い沙漠の眺めでも。


02Dagger-Flat-S-00S.jpg

02Dagger-Flat09S.jpg

02Dagger-Flat07bS.jpg
               Neolloydia conoidea in Big Bend National Park TX, USA


写真は、アメリカ・テキサス州ビッグベンド国立公園の自生地の風景。
といっても、円錐丸を目当てに訪ねたのではなくて、同じ場所に生えている亀甲牡丹(Ariocarpus fissuratus )を
見に行ったのでした。石灰岩の白い岩山に巨大なユッカが林立する、いかにもな場所です。
円錐丸は石灰岩の割れ目のような場所に根を下ろし、単頭~小群生まで、数多く見られました。
ちょうど花が咲いている株があったので、数葉、写真に収めた次第。
同じ場所には亀甲牡丹のほか、エスコバリア・ツベルクローサ(松毬丸=Escobaria tuberculosa)、
羅紗錦ライティー(Ancistrocactus uncinatus ssp.wrightii=Sclarocactus )などがあり、
サボテン以外では刺が痛くて嫌われ者、こいつがはびこっていると実に歩きにくい
アガヴェ・レチュギラ(Agave lechuguilla )が地面を覆い尽くしていました。
円錐丸は、オーソドックスはチワワ沙漠の風景を構成する脇役サボテンといったところです。


IMG_0293S.jpg
                  Neolloydia matehualensis

IMG_5305S.jpg
                  Neolloydia 'grandiflora'


先述のとおり New cactus lexicon はこの属のもう一種として魔笛(N.matehualensis=写真上)をあげます。
メキシコ、サンルイスポトシ州のマテワラ周辺にのみ局限分布する植物ですが、多くの識者が別種とするに足るだけの
違いがない、と主張しており、そのうち亜種レベルに格下げ、もしくはシノニム扱いになるかも知れません。
実物は、上の写真では判りにくいのですが、オルテゴカクタスのマクドゥガリィ(Ortegocactus macdougallii)に似た、
ミントグリーンの肌色が特異で、園芸的には興味深い特色を持っています。数年前まではかなり入手の難しいサボテンで、
それゆえか、基本種の円錐丸よりもこちらの方が有名かも知れません。
また、今では円錐丸に統合されましたが、大輪丸(N.conoidea 'grandiflora'=写真下)と呼ばれるタイプもあり、
こちらは球体に沿うような白刺が美しいタイプで、かつてたくさん輸入されました。
写真は、かつて我が家にあった古い輸入株(正確には、そこからの株分け苗)。
より女性的というか、たおやかな魅力のあるサボテンでした。


02Dagger-Flat010S.jpg


とまあ、兄弟種含めてもさほど知名度は高くないネオロイデア属のサボテンたちですが、
コリファンタとも、ツルビニとも、はたまたテロやエスコバリアとも、似ているようでちょいと違う珍品であることは間違いない。
その地味渋な味わいをぜひお手にとって確かめて戴ければ幸い。



テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる