FC2ブログ

スコールの効用。

いつのまにか8月です。
一日に一度はざーっとスコールみたいに雨が降る、雨期の熱帯みたいな天気が続いています。
ヘンだよな。むかしみたいな、かーっと晴れてひたすら暑い夏、というのとはなにかが違う。
やたら湿度が高いので温室まわりの作業は難行苦行ですが、きょうは蒔きっぱなしになっていた
実生苗たちの様子をじっくり見てきました。


IMG_4356S.jpg

IMG_4353S.jpg


わたしの実生は短時間に数をこなすためにかなりおおざっぱなものです。
角鉢に「草花種まきの土」をいれて、種をバラ蒔きにし、衣装ケースで腰水しておくだけ。
煮え立たないように、このうえから60%の銀色カンレイシャをかけています。
この鉢たちは5月末に蒔いたものなので、だいたい2月半くらい経ってる。
殺菌剤に「ホーマイ」という薬を使っているので、腰水のわりにコケはそれほどはびこっていません。
南米もの中心でPedio&Scleroは入っていませんが、少なくとも1本は発芽している鉢が8割くらい。


IMG_4330S.jpg
               Melocactus glaucescens HU219 Morro de Chapeu,Bra
IMG_4341S.jpg
               Echinomastus johnsonii fma Lau1543 Jagueyes,Chihuahua,Mexico
IMG_4345S.jpg
               Eriosyce aurata 'sandillon' Rio Elqui form               


上)やっとみつけたHUナンバーつきのメロ厳雲(Melocactus glaucescens HU219 Morro de Chapeu,Bra)。
ぞろりと発芽してくれましたが、ちゃんとホンモノだろうね??まあ自家授粉する種類だから○ーレスシードお得意の
謎の交配サボでないことを祈るのみ。
中)こちらも一斉発芽のエキノマスタス。ほぼ100%出揃いました。
メキシコ産の”黄刺英冠”(Echinomastus johnsonii fma Lau1543 Jagueyes,Chihuahua,Mexico)。
産地的には、いわゆる英冠のエリアではないメキシコ産。そのせいか育てやすそうな印象ですが、
いったいどんな植物に育つのか。初めて蒔くタイプなので楽しみ。
下)エリオシケの極光丸金刺タイプ(Eriosyce aurata 'sandillon' Rio Elqui form)。
旧来エリオシケも、タネが古いと出ないので、この全発芽にも驚きました。黄金刺が密生し、極光丸系ではいちばん美しい
サボテンだと思うのですが、五百津玉などに比べると栽培しにくく、このくらいあってもそうは残らないところがミソ。

以上はとくに発芽がよかったもの。つづいては多肉の珍しどころなどの結果状況・・・


IMG_4360S.jpg
               Agave albipilosa
IMG_4327S.jpg
               Pseudolithos caput-viperae               
IMG_4346S.jpg
               Echinocactus polycephalus LasVegas NV


上)ぼんぼん綿毛玉つき竜舌蘭、アガベ・アルビピロサ(Agave albipilosa)です。
某名人より、タネを3粒戴いて実生したもので、2本が発芽しています。これを枯らさないようにしないと・・・。
中)こちらはガガイモ科の珍品、プセウドリトス・カプトビペラエ(Pseudolithos caput-viperae)。
この仲間で一番面白い形で、なおかつ珍しいものですが、最近は実生苗をちらほら見かけます。
またまた○ーレスのタネなんだけど、ちゃんと「マムシの頭」に育ちますように・・・。
下)こちらは札幌カクタスの実生コンテストで戴いた大竜冠(Echinocactus polycephalus LasVegas NV)。
ほかの方のところではもっとたくさん発芽しているようですが、うちでは4本発芽、3本生き残っています。
これじゃあウデはいまいちというほかない・・・ですね^^;。


IMG_432d2S.jpg


そして、衣装ケース内では発芽ほぼゼロだった、テフロカクタスなど南米ウチワのタネ、屋外雨ざらしに転じて
ひと月くらい経ちました。この間、熱帯のスコールのような土砂降り雨と、その後晴れて一気に高温、という経験を
幾度もした筈・・・。豪雨で土が流れないよう張ってあるネットをはがしてみると・・・


IMG_4307S_20110806231709.jpg
               various Tephrocactus seedling
IMG_4314S.jpg
               Tephrocactus articulatus 'papyracantha'


おお!出てる出てる。
上)テフロを中心にそこそこ発芽がはじまっています。あちこちで「沢山出ました」と報告があるゲオメトリクスはじめ、
テフロのアレキサンデリ系(Tephrocactus alexanderi)がとりわけ発芽が良いようです。ほかにも、
下)昼の弥撒(Tephrocactus articulatus 'papyracantha')も結構でてました。これは紙状の刺が乱舞する
有名なテフロで、国内には何クローンかあると思いますが、実生からの苗が是非欲しかったもの。
タネの釣り書きには、刺の長さが17cm!と書いてあるので、期待しておこう。
ほかにもテフロ・モリネンシス(T.molinensis)マイウエニオプシス・マンドラゴラ(M.mandragora)なども
数は少しですが出ていました。
水浸しと高温が繰り返す夏場の雨ざらしが功を奏したようです。もう少し、このまま置いておこう。

でも、こうなるとスコールが毎日降る最近の陽気も悪くない気がしてきました。
ビバ、トーキョーの亜熱帯化!ちょっとお気楽すぎますか・・・^^;。


テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる