FC2ブログ

キリンウチワ接ぎ入門

サボテン栽培は、実生からじっくり正木で育てるのが真骨頂。至言だし、私も深く共感するところです。
その植物が元来持っているさまざまな性質・・・寒暖乾湿への適応能力や、成長サイクルなど、
野生での姿をイメージするためには、発芽して開花するまでを正木で育て上げることが何よりです。
また、鑑賞上本来の特徴を存分に引き出すためにも実根栽培がベストとは言えるでしょう。
そもそも「難物サボ」なんていうカテゴリーも、正木栽培ならではの話ですから。


IMG_3510S.jpg
                    

一方で、もっと早く大きくしたい。綺麗な花を見たいし、どんなゴツいトゲが出るのか確かめたい・・・
種を蒔いてから5年10年なんて待てないよ、なんて思うことも多々あります。
また、数少ない稀少な種が発芽した時などは、なんとか保存したい、親木にして次の世代で増やしたいと切望します。
そんな時にはやっぱり接ぎ木でしょう。私もかつて伊藤芳夫さんの本で接ぎ木の効用を繰り返し言い聞かせられた
世代でもありますし、接ぎ木の素晴らしさを否定するつもりはまったくありません。
にもかかわらず、私の栽培場がほとんど正木株ばかりなのは何故か?ズバリ接ぎ木が下手だから。
生来の不器用さゆえ、手先が震えて台木や接ぎ穂を水平に切れないし、ようやく台木に穂木を乗っけても
糸かけはこんがらかるかほどけるかで、すぐさまポロリと落ちてトホホ。・・・そんな繰り返しでした。
唯一実行可能だったのが所謂実生接ぎ。発芽まもないマッチの頭くらいの苗を台木の上に乗せるだけ、というやつです。
今回はその実生接ぎのなかで、台木にキリンウチワ(Pereskiopsis velutina )を使った方法を紹介します。


IMG_3619S.jpg
                Pereskiopsis velutina for grafting stock        


実は長い栽培経験のなかで、このキリンウチワ接ぎを試したことはありませんでした。
台木としては入手しやすい三角柱を使っていたのです。
ところが昨年、サボテン愛好家でもある熱川バナナワニ園の清水さんから、ノウハウのご教授に加えて
キリンウチワそのものも戴いて、はじめてトライすることになりました。さらにやはりキリンウチワ接ぎの達人で、
拙ブログにしばしばコメントしてくださるnoriaさんからも色々アドバイスを戴き、なるほど、これなら私のような
超のつく不器用モノにもなんとか出来るかも・・・と思ったという次第です。
さて、その首尾やいかに・・・。


IMG_3751S.jpg

IMG_3755S.jpg


テクニックの基本は、台木の新成長部のまだ柔らかいあたりを切断し、そこに球体下部を水平に切断した接ぎ穂の
実生苗(発芽直後~1年程度)を載せるというもの。上の写真はちょうど台木キリンウチワの上部をカットしたところ。
最大の難点は刺の扱いで、鋭く強い刺だけでなくその生え際には芒刺(glochid)と呼ばれる細かいチクチクの刺も
潜んでいます。実は私、サボテンの刺にはいつしか耐性(というか、たぶん慣れただけ)が出来ているらしく、
芒刺が密生するオプンチアも平気で素手でつかんでしまいます。なので、このトゲ問題はあまり気にならない。
休日明けにふと我が手に目を落とすと、指先一面に黒いポツポツ。皮下にトゲが沢山刺さったままになってます。
うん、それ平気、という特異なヒトはあまりいないと思うので、ここでは作業前に刺を落としてみました(芒刺は多少残る)。
葉っぱはなるだけ残した方が後の成育が良いそうなので、上の方だけです。


IMG_3758S.jpg


で、あとはこのように、切断面に可愛らしい穂木を載せるだけ。
ちなみにこれはコピの黒王丸(Copiapoa cinerea)で、これで実生から1年くらい経っています。
ポイントは、台木穂木とも切断面を水平に切り落とし、隙間なく密着するように載せること。
不器用な私には、双方の断面が小さいこのキリンウチワ接ぎはやりやすい印象ですが、心がけているのはなるべく
切れ味の良い刃物を使うこと。因みに今回はOLFAカッターの「極薄中型刃0.25mm」というのを使ってみました。
でもまあ、この写真からしてあまり上手でないことは一目瞭然で、この黒王丸がうまく活着したかどうかも
いまのところ不明・・・^^;。

接いだ後は、私は半分に切った茶封筒(定型の長細いやつ)をキャップのように被せて遮光布代わりとし、
半棚下のような穏当な場所でしばらく養生します。その間も台木に水はたっぷり与えます。
接ぎ木に成功すれば、1週間くらいで膨らんできて、2週間もすれば動き出すので通常の管理に移行。

テクニックはこのように実にシンプル。糸かけ作業の必要がないことがどんなにラクか^^。
で、うまく活着した場合は、こんな具合になります。


IMG_3766S.jpg
               Coryphantha kracikii KMR394 Ejido El Portento,Durango 'gold apine'

IMG_3838S.jpg
                 Pygmaeocereus bieblii

IMG_3837S.jpg
               Echinocactus horizonthalonius VZD392 LaMejorada Zacatecaz                   


上の写真は、去年秋に初めてキリンウチワ接ぎを試みたおり、相性調べにあれこれ載せてみたものの現在の様子です。

1枚目はコリファンタ・クラシキー(C.kracikii KMR394 El Portento,Durango 'gold apine')。
最近記載のコリファンタですが、売り物の刺がそれらしく伸びてきて、ウシシ。
2枚目は、これもまだ珍しいピグマエオケレウス・ビーブリー(Pygmaeocereus bieblii)。
南米産の新種で、めちゃめちゃ魅力的な小型サボテンです。ググると、ペディオ飛鳥みたいな超カッコいい野生株の写真が
出てきますが、私が蒔いた種がまがいモノ(同属の品種違いとか)じゃなかったことが確認できて、こちらもウシシ。
最後は珍しいサカテカス州産の太平丸(E.horizonthalonius VZD392 La Mejorada Zacatecaz)。
肌色が深く北部メキシコやアメリカ産とは異なる魅力的な姿が表れてきてますね。

これらの株は、接いで半年余り経っているのにさほど大きくなってないと思うかも知れませんが、
そもそも秋に接いだので冬の間はあまり成長していません。春夏に接げば同じ期間でも格段に大きくなる筈です。
ちなみに、キリンウチワは寒さに弱いと言われますが、私のところの無加温栽培室(氷点下5度程度まで下がる)でも、
葉っぱがかなり落ちるもののへっちゃらです。同じところで三角柱が溶けたりしていますから寒さには強い部類。
ただ、葉が落ちるとその後の成育が鈍ると言われますから、氷点下にはならない方が理想的ではあります。

もうひとつ、この台木の優れたところは、成長が草花なみに早く、台木の確保に困らないということ。
高温多湿な環境が大好きで、春~秋まではどんどん成長しますし、カット苗も植え付けてジャブジャブ水やりを
していれば1週間で発根します。あまり成長旺盛なため、接いだ台木からも脇芽がどんどん出てきますが、
これはマメにカットしてやります。植えておけばすぐに使える台木になりますし。


IMG_3770S.jpg


とまあ、まだ人さまにキリンウチワ接ぎを指南できるノウハウなく結果もでておりませんが、稀代の接ぎ木下手の私でも、
1年足らずでこの程度の成果が出た、ということが嬉しく、ご報告してみた次第。
このあと、接いだままでさらに大きくできるのか?下ろしはどうすればうまくいくのか?などなど興味は尽きないですが、
それはまた後日に譲ることとします。


ひとまずはキリンウチワ接ぎ万歳~ということで^^。





テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる