FC2ブログ

だけどパロジア好きさ。

パロジアがコレクションの中心!そんなサボテンマニアは、国内にはたぶんひとりもいないんじゃないでしょうか。
間違いなく天の邪鬼の部類である私のところにだって、そう沢山はありませんから。
でも、真夏の暑い盛りに、へこたれずに次々咲いてくれるとっても殊勝な植物です。



IMG_2123S_20110713221614.jpg



最近はこの属に、かつてのNotocactus(青王丸や、雪晃など)やWigginsia(地久丸など)といった属も
含める考え方が主流となり、近縁のフライレア(Frailea)やブロスフェルディア(Blossfeldia)などもあわせると
結構な大家族になるグループ。そういう意味では、どこの栽培場にも一本くらいはこの仲間が棲んでいそうです。
「統合派」の分類は、一般的に愛好家受け(さらに業者受け)が悪いですが、この統合についていえば、
実物を並べて見る限り頷ける部分が多いと感じます。

うちにはこの大家族のなかで、古くからのパロジア属とされてきた仲間が多いですが、
いずれもよく私が言うところの、花の綺麗な野草系サボテンという感じ。特徴が曖昧で、種と種の境界が不明確です。
よって名前(和名・学名とも)と実物の対照が混乱しています。
昔から花ものとして普及してきた種のほか、70年代頃には、トゲの強い魔神丸の仲間などは野生株がたくさん輸入され、
かつてはそれなりに人気を集めたようですが、存外栽培が難しい(美しく維持するのが困難)ことや、皆が納得して共有できる
タイプの善し悪しというのが見出し難いので、現在ではかなりマイナーな存在です。

まずは、美花サボテンとして古くから親しまれてきたこのサボテン。



IMG_2125S.jpg

IMG_2129S.jpg
               Parodia albo-fuscata B81 Sierra de Guasayan,Argentina


めらめらと燃える炎のような花。これだけ強烈な赤花のサボテンは、そうありません。
パロジア・アルボフスカタ(Parodia albo-fuscata B81 Sierra de Guasayan,Argentina)で入手した苗ですが、
古くから 緋繍玉(P.sanguiniflora=microsperma)と呼ばれてきたサボテン、そのものです。
まあ、ちょっとずつの違いで、色々な名前がついちゃってるわけですね。
緋繍玉は、昔のサボテン本ではだいたいカラー口絵のコーナーで紹介されていた種類。
ちょうどノトカクタスの青王丸あたりでサボ道に入門して、その次くらいに買うのがこのサボテンでしたね。
トゲは、ひよひよした白刺と、痛くない短めのカギ刺。目立つものではありません。
これだけ派手な花が咲いても、野草の風情を失わないのは、植物本体の自己主張が控えめだからかも知れません。



IMG_1657S.jpg

IMG_1654S.jpg
                Parodia roseoalba (plant from KK)


こちらは、十数年前に買った輸入株です。Parodia roseoalba (plant from KK)という名前がついていました。
しかしこの仲間、先にも書いたように特徴が曖昧で確かに同定することは難しい。
写真のように球体一部をトリミングするといい感じにも見えますが、実は高さ40cmくらいまで伸び上がってしまって、
ちょっとした柱サボテンのような風体です。あまり見栄えがしない。
豊かな綿毛、先端だけ赤く染まった白い刺、ディテイルは美しいのですが。
栽培が難しくないところが難しい、という例でして、輸入株もすぐ発根して水を吸ってどんどん育つ。
それで、あっというまに持ち味の引き締まった感じが損なわれてしまう。
このあたりロビビア(Lobivia)などの花サボテンの栽培でも言えることで、枯らすのが難しいくらい丈夫な一方で、
美しい姿に育てる(保つ)ことはなかなかどうして難しいものです。



IMG_5680S.jpg

IMG_5683S.jpg
               Parodia ayopayana L961 Santa Rosa,Inquisivi,Bolivia


赤だけでなく、黄色い花のパロジアもいろいろあります。
なかでも、このアヨパヤナ(Parodia ayopayana L961 Santa Rosa,Inquisivi,Bolivia)の花は、
ちょっと山吹色がかっていて、そこが美しい。でも、植物体はじつにとらえどころがない。
この姿を言葉で形容して、この種だと分かるように説明するのはほぼ不可能かと。
簡単に「こんな姿」と説明できそうなランポー玉や兜あたりとはまったく異なる、とらえどころのなさです。
やはりパロジアは雑草的。私はそこが好きなんだけど。



IMG_3448S.jpg

IMG_3451S.jpg
               Parodia carrerana KK1130 Las Carreras,Bolivia


最後は、パロジア・カレラナ(Parodia carrerana KK1130 Las Carreras,Bolivia)。
見慣れない名前がついていますが、有名な魔神丸(Parodia maassii)の一タイプのように見えます。
この仲間は、パロジアの一群のなかで、もっとも刺姿がかっこいいサボテンです。
アメ色のカギ刺の具合が、ちょっとスクレロカクタスみたいでしょ?
栽培も、この仲間のなかでは一番クセがあり、といって難物とかそんなことじゃないのですが、やっぱり丈が伸びる。
肌も瑞々しい分だけ汚れやすい。などなどの理由で、立派で美しい標本株を育て上げるのはこれもなかなか難しい。

この仲間、品評会のベンチではまるで見ることがないのは、不人気のせいばかりじゃなくて、彼らの気むずかしさ、
アンデスの雑草ならではの気高さゆえでもあるのかな。




テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる