FC2ブログ

土づくりの錬金術。

植物を育てるうえでは、土づくりはもっとも大事なスタート点です。これは論を待たない。
幾多のサボテン栽培指南書が、どんな配合の用土を使えばうまく育てられるか、ということに多くのページを
費やしてます。で、こんなブログをやっていると、用土の配合についてのお訊ねを戴くこともしばしば。


IMG_1522S.jpg


たしかに私も、サボテンを育てはじめて三十余年、ああでもない、こうでもない、と土づくりの創意工夫に
明け暮れました。難攻不落のスクレロカクタスであろうとも、完璧な用土の配合比率さえ発見すれば、
きっと栽培可能になるのではないか、などと。

その試行錯誤の過程は、拙HPにも縷々記してきました。抜粋すると、以下のような感じ。

A『一般サボテン用土』…pH6~7
小粒赤玉…3 小粒鹿沼…1 微粒軽石…1 Y園ペレット…0.5 
苦土石灰+微粒要素…僅か マグアンプK…僅か  

B『成長旺盛なサボテン・多肉用土』…pH6~6.5
小粒赤玉…3 小粒鹿沼…1 バーク堆肥(コンポスト)…1  
微粒要素とマグアンプ…僅か  

C『難物サボテン用土』…pH7.5前後 
小粒赤玉…2 小粒軽石…1 セラミック用土(イソライト)…1 微粒砕石…0.5
Y園ペレット…0.3 苦土石灰+微量要素肥料…僅か(標準用土よりアルカリ分強化)
マグアンプK…僅か

うーむ。こういう配合が間違っているとは思わないけど、今読み返すとちょっと気負いこみ過ぎに
思えなくもない。じっさい、最近はこんなに厳密にやっておりませんm(_ _)m。


IMG_1514S.jpg
             現在、いちばん使われている基本用土「赤玉土」。我が家ではホムセン特価290円のものを使用。

IMG_1515S.jpg
            最近、サブ素材として混入している「牛糞堆肥」。おがくずに牛糞を混ぜて熟成させたものらしい。1袋400円也。


様々にある土の種類と配合比率。その組み合わせは無限大で、創意工夫の余地はいくらでもありそうです。
それゆえ土づくりには、錬金術のようにあやかしの魅惑が満ちていますが、最近はそれも幻術に過ぎない、
と思うに至りました。
土づくりが栽培の基本にあることは確かですが(つまりうまく育たない土というのは、確実にある)、
同様に、いやそれ以上に光線や温度条件なども重要なファクターです。そして、どんな傑出した配合用土を
もってしても、陽があたらないとか、温度が上がらないといった環境要因のマイナスを覆すのは難しい。

ざっくばらんに言えば、環境さえ良ければ、ふつうの草花が育つ用土で、だいたいのサボテンは育ちます。
石灰岩の隙間に生えるメキシコ産サボテンから、ユーベルマニアのような強酸性土壌に生えるサボテンまで、
その気になれば同じ用土で育てることさえ出来ます。


IMG_7505S.jpg
            赤玉+鹿沼+牛糞堆肥、目分量配合でちゃんと育ってくれるアリオカルプス。花より用土に注目@@

IMG_8665S.jpg
            スクレロ・彩虹山も基本は上と同じ土。ただし堆肥はあまり入れていない。

むかしの栽培書には、当時の多くのサボテンが、メキシコ産だったことからか、用土には石灰分を補え、
と繰り返し書かれていました。なので私も、砕いた石灰岩を使ったり、粒状の苦土石灰を混ぜ込んだり、
いろいろ試みました。しかし、結論から言うと、高いpHの用土は栽培を難しくします。乾燥がちに管理する
サボテンの場合はとくに、微粒要素や肥料分の吸収を阻害して、成長に支障を来します。
むしろ私の経験では、用土はpH6~7のあいだの弱酸性が最も具合がいい。これはメキシコの石灰岩地で
育つ牡丹類(Ariocarpus)などでもそうです。
また、南米産のサボテンには、土がアルカリに傾くと成長を停止するものも多い。

なので、上に例示したようなあれこれ投入型の配合用土をつくる際に、石灰粒や微量要素肥料、マグアンプなど
強い素材を混入する場合は、くれぐれも過度にならないことに留意する必要があります。極端な高pHはむろん、
微量要素では欠乏障害同様に過剰障害も起こり得ますし、化成肥料が多過ぎると鉢内の溶液濃度が上がりすぎて、
根の吸収を阻害します。

もうひとつ言えるのは、砂よりは赤玉・鹿沼など土気の用土の方が、管理がしやすいということです。
土の物理的性質には、水分、肥料分などを吸収し、保持する働きがあり、土中温度の変化も砂より緩やかです。
水でも肥料でも、土のほうがバッファー能力が高く、やりすぎたときは吸収してくれるし、不足することも防いでくれる。
反対に砂は、用土の物理的・化学的性質が変化しやすく、ある意味水耕栽培に近いところがあり、神経を使います。


IMG_1527S.jpg
       赤玉2+鹿沼1+牛糞堆肥0.5+クンタン少々の「お手軽培養土」。これは軽石が少し入ってる。


そんなことから、最近は私の土づくりもかなりアバウトになっています。おおむねほとんどのサボテンに対して、
<赤玉2+鹿沼1+牛糞堆肥(ホムセンで一袋400円くらいの)0.5+クンタン少々、以上目分量で配合>、
そんな感じ。場合によって、ピートモスを足したり、軽石を混ぜてみたり。目分量で混ぜるかわりに、石灰や
化成肥料など、強い素材は使いません(ちなみに言うと、不足する肥料分などは後で液肥で補っています)。
また、北米難物系サボテンに限り、堆肥など有機質をあまり好まない(経験的に根が赤くなり痛む)性質が
あるように思われるので、これらだけは、すこしドライな仕様の土(堆肥などを抜いて礫や軽石を混ぜたり)を
使っています。といっても、それさえ杞憂かと思うことも・・・。


IMG_9322S.jpg
            花よりも鉢土に注目!ホムセンの「プランターの土」に植えた、ペディオ・ニグリスピナ実生正木苗。


上の写真、先だってもご紹介した月華玉ニグリスピナ(Pediocactus simpsonii ssp.nigrispinus)。
いわゆる難物サボテンです。この春、沢山の花を咲かせてくれました。今回は花じゃなくて植え土を見て下さい。
どんな土かというと、これ実はホムセンで売っている「プランター用土」です。一袋290円也。
腐葉土、ピートモス、黒土、赤玉などが混ざったやつですね。正直、得体が知れない土。
この用土を鉢底ガラも入ずにそのまま盛って植えただけ。もっとも、ニグリスピナは、北米難物のなかでは、
例外的に酸性の環境に自生するサボテンではありますが。

この結果を見ると、用土にこだわり過ぎるよりは、むしろ凝りすぎず無頓着のほうがうまくいくんじゃないか、
とさえ思えてきます。清浄で、ニュートラルな土でさえあれば、おおかたのサボテンは土を選ばない、と。
こんな話が趣味の興を削いでしまったら、申し訳ありませんが・・・。

もっとも、また別の最近の発見は、サボテンは存外肥料を好む、ということ。これについても近いうちに
書いてみようと思います。




テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。
著書「珍奇植物 ビザールプランツと生きる(日本文芸社)」

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる