FC2ブログ

忙中花あり。

相変わらず、忙しくて、ひどいときにはきょうが何曜日だったのか、どんな天気だったのかも、
よくわからないまま一日が終わったりします。その間知らないうちに、蕾が膨らんで、花が咲いてやがて萎れて、
ということも起こっているわけですが、なんとかタイミングのあった最近の花をいくつか。


IMG_9808S.jpg

IMG_9814S.jpg
               Sclerocactus parviflorus ssp.terrae-canyonae KY9707 Torrey,Utah


蕾のときにご紹介した、彩虹山・テラエキャニョナエです。
(Sclerocactus parviflorus ssp.terrae-canyonae KY9707 Torrey,Utah)
たくさんついた蕾のうち、最後のひとつだけ、間に合いました。この写真の咲いてる花のうしろに、咲き終わって
萎んだ花が隠れてる。思っていたより淡い色合いですが、親株は、もっと黄緑っぽい色だった気がします。
でも良い花だね。

ついでにふつうのパルビも咲いていたので、


IMG_9784S.jpg

IMG_9787S.jpg
               Sclerocactus parviflorus RP13 San Juan County,NewMexico


典型的な彩虹山(Sclerocactus parviflorus RP13 San Juan County,NewMexico)。
大柄に育つ丈夫なタイプのようで、これで実生から7-8年。径8cm、高さ15cmくらいあります。
ただ、煽って育てると丈が伸びて倒れてきたりする。実はこの株も下の方を竹串支柱で軽く支えています。
ふつうのカギ刺サボ、という感じで難物感は乏しいですが、花はなかなかゴージャスですね。

余談ですが、このRPというフィールドナンバーは、ニューメキシコ在住のたしか核関連に詳しいエンジニア、
Peters氏のもので、彼とはいぜん一緒に沙漠を回ったことがあります。
ちょうどこの花が咲いた頃、原発事故お見舞いのメールが数年ぶりに届いたりして、不思議な気がしました。

ついでなので、最後もスクレロで、


IMG_9371S.jpg

IMG_9360S.jpg
               Sclerocactus pubispinus SB1467 White Pine County,Nevada


おそらくもっとも知られていないスクレロカクタス、プビスピナです。
(Sclerocactus pubispinus SB1467 White Pine County,Nevada)
小さくて、見過ごしそうなサボテンですが、小さくてもスクレロ、それなりに栽培は難しい。
この株は、大阪の大名人が実生された株で、数年前我が家にやってきました。以来、特別待遇で大事に育てて、
去年から花が咲くようになっています。透明感のある、とても美しい花です。


IMG_9796S.jpg

IMG_9821S.jpg
               All Sclerocactus are seed grown plants by own root.
               

おまけでもう2枚。これは上のパルビ2種。
なんだか、咲いた花を並べるだけの工夫のない内容になってしまいました。
そうそう、エボリの花もさらに高く伸びて、私の身長くらいに到達しています。そろそろ咲き始めそうです。

実は、週末からしばらく家を空けることになるので、今週末は更新が出来ず、戴いたコメントへのお返事も
遅れしまうかと思いますが、なにとぞおゆるしを・・・。


それではまた。

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。
著書「珍奇植物 ビザールプランツと生きる(日本文芸社)」

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる