咲きました。


あいかわらず休日率の低い生活が続いていて、毎日ポコポコ咲いてるサボ花の大半を見逃してしまう日々です。
そいでもって、たまに半休くらいあっても、そんな日に限って雨だったり(泣)。
このまえ、開花が待ち遠しい蕾たち、として紹介したサボテンたちも、だいたいは主の留守の間に
陽光を燦々と浴びて開花し、帰ってきた私をヨボヨボに萎んだ花ガラで迎えてくれるのでした。

それでも、


IMG_6460S.jpg
          Pediocactus simpsonii ssp.nigrispinus fh13 Jefferson Co.Oregon(oveer 10years from seeds)


月華玉ニグリスピナ(Pediocactus simpsonii ssp.nigrispinus fh13 Jefferson Co.Oregon)。
期待に違わぬ濃厚な桃色花を見せてくれましたよ。


IMG_6524S.jpg

IMG_6513S.jpg


サボテンの花色としては、べつだん珍しくないけれど、月華玉の花はふだん見慣れたうす桃色やベージュ、
と感覚に刷り込まれている私には、とてもインパクトがあります。赤花兜が新鮮な感じなのと同じかな。
なにしろここまで15年あまり。直径7cmばかりの球体には年月が凝縮されています。


IMG_6540S.jpg
               Pediocactus sipmsonii Wayne Co.UT. (10years from seed)


ちなみに。こっちの白いのが、レギュラーの月華玉(Pediocactus sipmsonii Wayne Co.UT.)の花。
これはこれで綺麗ですけどね。
つづいて、


IMG_6613S_20110423102222.jpg

IMG_6615S.jpg
               Pediocactus peeblesianus fh053 Holbrook,AZ (purchased plant)


厳密には、蕾で紹介したのとは違う株(そのものは、留守中に開花)だけど、まあいいや。
ペディオカクタスの飛鳥(Pediocactus peeblesianus fh053 Holbrook,AZ)。ドイツから来てこれも10年以上。
飛鳥、斑鳩は、我が家では落ちの少ない優等生で、サイズに達した株は、花も毎年きちんと咲きます。
派手な花ではないけれど、球体の雰囲気にはよくあってます。
難物サボのなかでは、とてもつきあいやすい植物。成長のとっても遅いツルビニ、くらいに思って、ぜひ実生してみて下さい。

ちなみに、同じくペディオのブラディ(Pediocactus bradyi ssp.bradyi)の蕾は、咲かずに
落ちてしまいました。あのサイズまで膨らんでも落ちてしまうんだから、やっぱり咲きにくい。

せっかくなのでスクレロカクタスの花も見てやってください。


IMG_6088S.jpg
               Sclerocactus parviflorus 'heilii' 'Cloveriae'  Rio Arriba Co.NM (10years from seed)               


蕾で紹介した黄花のテラキャン(S.parviflorus ssp.terrae-canyonae Torrey,Utah)は、まだ咲かないので、
同じく花色がわりの彩虹山を紹介します。
通称ヘイリー、またの名をクロベリアエ、で本名はパルビフロラス、日本名は彩虹山・・・
(Sclerocactus parviflorus 'heilii' 'Cloveriae' Rio Arriba Co.NM)
ああややこしい。結局、現在の分類では通常パルビの一地域タイプとされていますが、
白虹(S.whipplei)の系列に属すると考える人もいます。ちょっとファジーな位置にあるサボテン。


IMG_6115S.jpg

IMG_6111S.jpg


で、花は、ギラつく濃紫。飛び散った花粉も、なにやら毒々しい。写真より、実物のほうがもっとえぐい色です。
こういう花色変わりに惹かれるのは、園芸家の本能みたいなものかも知れません。
ふつう、彩虹山の花は、もっと明るい華やかなピンクなのですが、このコロニーのものは、
みなこんな暗くて深みのある紫。暗い色、とはいっても、そのぶんメタリックな光沢がギラギラ強調されるので、決して地味な花ではありません。薔薇でいう「黒バラ」みたいな感じかな。刺はおとなしめなのですが、
この花を見るためだけでも栽培する価値があります。実物を、ぜひ見て欲しい。

最後にこちらの状況もご報告しときます。


IMG_6635S.jpg
               Agave uthaensis ssp.eborispina (old purchased plant)


アガヴェ・エボリスピナ(Agave uthaensis ssp.eborispina)の花。
これが一週間ちょっと前のようす。花梗はぐんぐん伸びてきます。
で、きのうになると・・・


IMG_9329S.jpg

IMG_9326S.jpg


こんな感じ。アスパラみたいなは花梗は凄いスピードで伸張し、すでに1メートル以上に達しています。
質感はこのまま茹でて食べられそうな、柔らかくみるい感じで、ちょっと力を入れたらポキっと折れそう、
本体のほうは、いまのところ大きな変化はみられないけれど、きもちやつれたような気がしないでもない。
でも、子吹きの兆候は見られず。別れの時が刻まれるようで、切ないです。


それにしても、この春はほんとうにめまぐるしい日々が続いてます。こちらの更新も、
今までほぼ週刊金曜日でやってきたのが、守れてません・・・。
多少ペースが落ちても、お見限りなきようお願いします・・・m(_ _)m。



テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる