Garland

あれから、3週間。しばらくぶりに、家で過ごした休日。
その日の空は綺麗に晴れわたって、見上げるのが眩しいくらいでした。
デッキのうえに放り出した草メセンの鉢が、ながい冬を越えてちょうど満開を迎えていました。
この花は、いっぱいの陽射しを浴びたときだけ、大きく開きます。



IMG_4570bS.jpg



ドロテアンサス(Dorotheanthus)、という属名をきいてピンとこないひとでも、
リビングストン・デイジー(Livingstone Daisy)と聞けば、得心するかも知れません。
いわゆる花ものメセンで、同じ仲間のマツバギク(Lampranthus)と比べても、いっそう艶やかな花。
多肉植物園芸というよりも、草花ガーデニングの対象というべきものです。
この株は、bellidiformis の園芸改良種で、メサガーデンの"mix Mabel's special"(M.1484.86)を
蒔いたもの。秋に、テラコッタ鉢にぱらぱら直蒔きしたものが、あんばい良く育ってくれて、
ちょうどいま、とりどりの色を散らした花輪のように咲いています。



IMG_4566S.jpg

IMG_4867S.jpg



メセンとは言っても、一年草の草花なので、この花が終われば枯れてしまっておしまい。
平気で何十年と生き続けるサボテン類と向き合っている身からは、いくらか儚くも思えます。
じつは種を蒔いたのも気まぐれで、そのまま放置して忘れていたというのが正直なところ。
そんな扱いが申し訳なくなるくらい、見事に咲きました。



IMG_4763S.jpg

IMG_4759S.jpg

IMG_4762S.jpg



それにしても、なんと甘い色ばかりを選んで咲くことか。
原色なのに、どぎつくはない。花叢に顔を近づけて、ずっと見ていると、いつのまにか非現実の世界に
誘われるようです。いろいろなことを、ひととき忘れ、夢中で写真を撮りました。



IMG_4859S.jpg



知らなかったのですが、和名は紅玻璃草。ぐはりそう、と読むのでしょうか。
玻璃とは、透き通った水晶や硝子の謂。陽射しをうけて、キラキラと輝くこの花には似つかわしい。
やがて太陽が西に傾くと、花はひとつまたひとつと閉じて、色とりどりの花冠はいつのまにか消えていました。





テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる