FC2ブログ

空にいちばん近い場所(後篇)。

次回に続く、なんて思わせぶりな〆かたをしてしまった前回エントリーですが、
この物語、じつにあっけなく終わるのです。

階段部分が腐食して折れてしまった夢の天蓋フレーム、大工さんに現状をシビアに診断してもらったところ、
柱や梁も、風雨に晒されてかなり痛んでいるとのこと。
で、我が家の危機管理担当大臣=家内との協議の結果は、大地震の際に万々一のことがあってはならない
→耐震補強は予算オーバー→素直に撤去すべし。というものでした。トホホ・・・泣けてくる。
25年かけてやっと実現した理想の栽培環境を5年ちょっとで手放すのかい。でもまあ、家族の安心安全のため、
と言われてはグウの音も出ません。サヨナラ、天蓋フレーム。サヨナラ、極彩色のフェロカクタス!
せめて、記録に残しておきたいと思って写真を並べてみます。


IMG_2331S.jpg
               Ferocactus chrysacanthus

まずはまたまた金冠竜(Ferocactus chrysacanthus)。鮮烈なオレンジ刺がことさら立派なこの株は、
かの村主さんを宝塚まで訪ねた際、著書と一緒に戴いたもの。当時、チリ・アタカマ沙漠行を企んでいて、
氏に助言を乞いに行ったものの、直後の911テロ事件で計画は水泡に。色々教えて貰ったので申し訳ない限りですが、
おみやげ株は特別待遇で育ててきました。赤や黄色も素敵だけど、こんなオレンジ刺がいちばん好きかも知れないな。


29palmsnearjoshuatree96S.jpg
               Ferocactus cylindraceus at Twentynine Palms,CA
IMG_2318S.jpg
               seedling of above plants

続いて2枚の写真は、親子の肖像です。母親は、カリフォルニア州・ヨシュアツリー公園付近に暮らす
目にも鮮やかな赤刺鯱頭(F.cylindraceus Twentynine Palms,CA)。息子は(娘かも知れんけど)、
東京生まれ東京育ちで、ようやく12歳。
国内では「ネバダ産鯱頭」がブランド化していますが、あちらは所謂レコンテ玉(ssp.lecontei)タイプで、
刺は白粉をまとった藤紫色刺です。対して、カリフォルニア州には燃えるような真っ赤な刺のコロニーが多い。
この実生株は、刺色こそまだ薄いですが(今後赤くなるかは不明)、汚れがないし刺の強さもまずまず・・・
親(育ての親のほう)をガッカリさせない姿になってくれてます。


IMG_2324S.jpg
               Sclerocactus polyancistrus SB1967 Lida,NV               
IMG_2304S.jpg
               Echinomastus johnsonii 'Golden spine'

そして、写真があんまりよくありませんが、難物系もこのフレームに何本か置いています。
白紅山(Sclerocactus polyancistrus SB1967 Lida,NV)、刺はまずまずですが、この種は天蓋に置いても
まだ丈が上に伸びる傾向あり。野生下では、どれだけ厳しい環境に暮らしているんでしょうね。
黄刺英冠(Echinomastus johnsonii)も、このフレームでは、刺色が褪せにくい。それに、なぜか成長も
良いのです。英冠は夜間の低温さえ確保できれば、昼間40度を超える過酷な環境が好みなのだと知りました。


IMG_2332S.jpg
               Echinocactus parryi SB59 Cd Juarez,Chih
IMG_2293S.jpg
               Echinocactus grusoni 'short spine'

刺色は地味ですが、エキノカクタスの神竜玉(Echinocactus parryi SB59 Cd Juarez,Chih)も、この暑い環境が
好きみたいで、ぐんぐん育ち、花もよく咲きます。昔、難物視されていたのが不思議なくらい、調子が良い。
下は国内産種子実生の王金鯱(Echinocactus grusoni 'short spine')、交配種?と思うことあるサボテン。
なにしろノーマル金鯱の半分くらいの成長速度です。でもまあ、このフレームが不可欠な種類ではありませんね。

そして最後にご覧戴くのは・・・(涙)。


IMG_2452S.jpg
       Ferocactus chrysacanthus with molded spine because of excessive humidity in Japanese climate
IMG_2457S.jpg
               Ferocactus gracilis also with molded spine

地上ハウスで栽培されている金冠竜(とくに由緒正しい株ではない)に刈穂玉・・・。
説明無用の刺の汚れに、目を覆いたくなります。さっきのオレンジ金冠竜も、今後、新たに理想的な環境が
つくれなければ、あっという間にこんな姿に・・・いやだ、いやだ、いやだー。


IMG_2264S.jpg


正直、いまは妙案なしです。
地上の小さめのガラス温室を無遮光激暑で使うか(いぜんやった時は、殆どぜんぶの株を焼いちゃった)。
放置ハウスがあるいなかの土地(とうぜん屋上などはない)に、高床式の栽培棚をお金かけずに作るとか。
でもまあ、いずれ天蓋から追い出される刺もんたちの行き場所は考えなきゃなりません。
植物栽培はやっぱり環境。でも、環境を人為的につくるほど難しいことはない。ない知恵を雑巾みたいに絞る。
ともあれ、栽培35年目にして、刺モノ道はいちからやり直しという訳です。ちゃんちゃん。


プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる