いつから水やりを始めるか。

季節が春に近づいています。
温室に入ってみると、それがよくわかる。眩しいくらいの陽射しが降る午下がりには、すぐに汗ばむくらい
温度もあがっています。マミラリア(Mammillaria )やツルビニカルプス( Turbinicarpus)など、
早咲きのサボテンたちは既に年明けから花を咲かせてますが、ここに来てエキノマスタス(Echinomastus)や
アンシストロカクタス(Ancistrocactus)などが次々咲き始め、いよいよ本格的な春の到来を感じさせてくれます。


IMG_3413S.jpg
               Echinomastus sp.'hispidus' SB452 Cuatrocienegas, Coahuila,
長年、メサガーデンの"SB452"として流通してきた、白黒の刺に濃桃色ストライプ花が印象深いエキノマスタス。最近 hispidus という名がつきましたが、maripsensis(藤栄丸) とする見方もあります。いずれにしても、早春の栽培場を彩ってくれる素敵なマスタスです。


IMG_3390S.jpg
               Ancistrocactus sp. "pallidus" M13.35 Terrel Co.Texas
こちらもメサガーデンのsp.Terrel Co.として流通してきたアンシストロカクタス(今はスクレロカクタスに併合する分類が主流ですが)。くすみのない象牙色の刺とクリーム色の花は属中ピカイチの美種と言えます。早咲きのアンシストロのなかでも特に早咲きの種。



で、毎年いま時分に悩ましいのは、冬のあいだ断水していたサボテンたちに、いつから水やりをはじめるか、
ということです。私の場合、栽培場が無加温で氷点下にも下がる環境なので、エリオシケ(Eriosyce)、
コピアポア(Copiapoa)といった冬雨地帯産のサボテンをのぞけば、11月以降はほぼ完全断水。
すっかり縮んだサボテンたちは、今か今かと春のお湿りを待ちわびている様子です。

たとえば、毎度登場の月の童子(Toumeya papyracantha)はほとんど枯れ草そのものの状態で活動停止中。
水切れのペディオカクタス・デスパイニィ(Pediocactus despainii)も、ペタンコになって埋没中。


IMG_3322S.jpg
               Toumeya papyracantha over 10years from seed,own root.
IMG_3326S.jpg
               Pediocactus despainii SB989 Emory County,Utah USA

私の住む関東海岸部では、真冬は連日晴れが続くのですが、春が近づくと次第に天候が不安定になります。
このため、情にほだされてウッカリ水やり開始日を見誤ると、翌日から冷たい雨や雪が続いたりして、
植物にひどいダメージを与えることにもなりかねません。一方で、水やりのタイミングを逸すると、
成長の立ち上がりが遅れて花が咲かなかったりもします。だから、春の一発めの水やりタイミングは結構重要。。
じつは先週末、もう雪も降るまいと、いくつかの鉢には水をやりました。

こんなのや、


IMG_0768S.jpg
             group of Genus Pterocactus

こんなのに。


IMG_3302S.jpg
               Micropuntia pygmaea

プテロカクタス(Pterocactus)は、寒さには大変強いもので、春の早い時期から成長を開始します。
なので私は例年、2月の半ばには水やりをスタート。春、早めに起こしてやると花つきが良い、というのは
欧州の愛好家から教わったレシピで、試してみて効果を実感します。水やり後、零度近くまで冷え込んでも
平気みたい。涼しい(寒い)エリアが故郷のこの仲間にとっては、夏場の水やりのほうがもっとキケンです。
もうひとつ、ミクロプンチア(Micropuntia =Grusonia)も北米のやや高緯度に生えている塊根オプンチア。
こちらも早めに起こすと花つきが良い気がします。キレイなピンクの花で、咲くととっても嬉しい。
もっとも、早春の灌水は反応するまでには少し時間がかかるので、乾かぬうちに慌てて2回目をやらないよう、
気をつけています。

あと、小さいサボテンたちにも水をやりました。


IMG_3309S.jpg

IMG_3358S.jpg
               Sclerocactus nyensis RP137 Silver Peak,Nevada "just a year old seedling"

ペディオカクタスや、スクレロカクタスなど、北米の比較的寒いところに生えているサボテンの実生苗です。
しおしおになったのを見かねて水をかけました。数日後にこの写真を撮ったときはまだ萎びたまんまでしたが、
きょう様子をみたらはち切れそうに膨らんでいました。気温も随分あがったので根が動き出したんでしょう。

こちら、一見休眠中のペディオ・スクレロたちも、よくみれば春を迎える準備を整えている様子。
たとえばスクレロカクタス・グラウカス(Sclerocactus glaucus)はすでに大きな蕾をセットしています。


IMG_3342S.jpg
               Sclerocactus glaucus with flower buds.
IMG_3329S.jpg
               Pediocactus despainii SB989 Emory County,Utah USA

グラウカスは、自生地での開花期は4-5月なのに、私のところではもっと早くに咲きます。
自生地はコロラドの寒いところなので、ポカポカした温室にいると、すっかり春だと錯覚するのかも知れません。
さっきのペタンコ、デスパイニィ(Pediocactus despainii)も、よく見ると蕾がのぞいてました。
ほかにも黒虹山(Sclerocactus spinosior)や、月想曲(Sclerocactus mesae-verdae)などにも蕾が。
このあと第2弾の水やりは、これら北米難物サボテンになる予定。おそらく今週末~来週末にかけての
タイミングになるかと思っています。ただ、水やりの後、数日間晴れが続くタイミングを見極めるのが、
とっても難しい。雨天曇天で鉢内温度が上がらないと根が動き出さないので、水をやっても意味がないのです。
そして、大半のメキシコ産サボテンや、アンデス東側のギムノカリキウムなどは、3月半ばくらいになってから
水やりを開始します。


IMG_2603S.jpg
               Ancistrocactus scheeri DJF80.04 Cuatrocienagas

さあ、きょうの晴れ間はいつまで続くかな、とジョーロを抱えて右往左往。
ほら、もう曇ってきた・・・春一番が吹く頃、園芸家の悩みは深いのです。


テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる